iphone

iPhoneを下取り・売却したい修理歴で価格は安くなる?バレるの?

  • iPhoneを下取りしてもらいたいんだけど、修理歴があるとダメなの?
  • 買取価格が安くなったりするんだろうか?
  • 非正規修理の履歴があると、バレるだろうか?

 

上記のような疑問を持っている人は多いでしょう。

結論から言うと、正規修理の履歴であれば、さほど心配する必要はありません。

しかし非正規修理した経緯があれば、下取りの価格や可否で不利を被る可能性もあるでしょう。

本記事では以下の点について解説します。

 

  • iPhone下取りと修理歴の関係について
  • iPhoneの下取りをおすすめする理由

上記について疑問を感じている人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの下取りは修理歴があるとどうなる?

iPhone SIM 修理

まずは、iPhoneの下取りについて、修理歴がどのように関係するか確認しておきましょう。

大事なポイントを最初に解説すると、

  • 多少買取価格が安くなるかもしれない
  • 非正規修理の経緯があると厳しい
  • リサイクルショップなどはもっと厳しい

といったところです。

買取価格が安くなる可能性はある

まず、iPhoneの下取りにおいて修理歴があると買取価格が安くなる可能性はあります。

たとえば一度バッテリー交換しているなどの背景があれば、周辺部品の劣化を鑑みて、安い価格になるかもしれません。

 

ただし修理歴といっても、実際の修理対応は、「新しい端末とそっくりそのまま交換しただけ」といったケースも多々あります。

すると、今使っているiPhoneは実際には何のダメージも受けていない、というわけです。

その点を考えれば、買取価格にはなんら影響しないケースも多々あるでしょう。

非正規修理はバレると考えたほうがよい

iPhoneを非正規修理したことがあるなら、Appleやキャリアでの下取りサービス利用時にはバレると考えましょう。

彼らは、どの部分にどういった純正パーツが利用されているか、すべて理解しています。

つまり非正規の部品を使っているといったことがあれば、「一瞬で非正規修理店で修理している」と見抜いてくるのです。

中には、純正パーツを使って修理する、用意周到な業者も存在しますが、それでもバレる可能性は否定できません。

「なぜ、この部品だけ新品さながらにキレイなのか」などと疑われるところから発覚することもあります。

ただし買い取ってもらえるケースは多い

とはいえ、非正規修理がバレることが、すなわち買い取ってもらえないわけではありません。

状況次第では問題なく下取りしてもらうことが可能です。

やたらと厳しいAppleのほうは微妙ですが、キャリアの下取りサービスではまだ可能性があると言えるでしょう。

 

なぜならキャリアから見ても、「非正規修理の経緯があるから」といって買い取らないのは損だからです。

下取りが望まれているというのはつまり、「新しいiPhoneを購入してもらうチャンス」でもあります。

だから素直に下取りしたほうが、キャリアにとっても得なので、非正規修理がバレていても問題ないケースもあると考えられるでしょう。

リサイクルショップなどで売却する場合はもっとバレやすい

ただしリサイクルショップなどでは、非正規修理の経緯はかなり高い確率でバレると考えましょう。

彼らはキャリアなどと違い、とにかく「状態がよい純正品だけを仕入れする」という目的で動いています。

そして何台ものiPhoneを査定しているので、たいていの非正規修理は一瞬で見抜くことが可能です。

もしバレたら、基本的には買取してもらえないと考えましょう。

自力修理をしている場合は?

iPhoneを自力で修理している場合も、非正規修理している場合と違いはありません。

とにかく正規の方法以外での修理歴があるとみなされ、場合によっては下取りや買取を拒否されるケースもあります。

iPhoneの下取りは修理歴があっても利用するメリットがある

iPhoneとスパナ

と言うようにiPhoneの修理歴は、下取りに対して色々と影響があります。

しかしそれでも、iPhoneの下取りはかなり役立つサービスだと言えるでしょう。

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

  • 機種変更が実質割引になる
  • 買取価格が安定している

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

機種変更が実質割引になる

iPhoneを下取りする最大のメリットは、機種変更が実質割引できるという点にあります。

たとえばiPhone12を購入する場合、Appleの場合は86,800円(税込)です。

しかし、たとえばAppleでiPhoneXを下取りしたとしましょう。

下取り価格は、通常20,000円、つまりiPhone12を実質66,800円(税込)で購入することが可能です。

このように本来高額なiPhoneの新品を安く購入できるのが、下取りのメリットだと言えるでしょう。

買取価格が安定している

また、下取りはリサイクルショップでの売却などと比較して、買取価格が安定しています。

よほど変な修理歴や故障がない限り、Appleもしくはキャリアで公開されている価格通りで売却することが可能です。

たとえばAppleの下取りサービスは、公式サイトで全てオープンにされていますが、買取価格は基本的にこれに準じます。

 

一方リサイクルショップなどは、下取りサービスほど安定感がありません。

店舗や会社によって買取価格がブレるし、またリサイクルショップは下取りサービスほどフェアに査定しない部分もあります。

よほどのことがない限り、下取りサービスを優先するのがよいでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの下取りは修理歴があってもだいたい問題ない

iPhoneとMac

iPhoneを下取りする場合、やはり修理歴があると不安になるでしょう。

たしかにバッテリー交換などの大それた修理があれば、買取価格に影響が出ることもあります。

しかしiPhoneの正規修理は、「端末をまるっきり新しいものに交換する」ということも多々あるもの。

その点を踏まえれば、修理歴がないのも同然なので、下取り価格に影響は出づらいでしょう。

 

ぜひ下取りサービスで、iPhoneを買い取ってもらうのがおすすめです。

それはそのまま、新しい端末の購入費用に充当できます。

またオンラインショップで購入すれば、さらに端末代金などを割引することが可能です。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士