iphone

iPhoneを充電しっぱなしだと、バッテリーがぶっ壊れる?

  • 「iPhoneを充電しっぱなしにしていると、まずいのでは?」
  • 「電力供給しすぎて、バッテリーがぶっ壊れるのでは?
  • いわゆる「過充電」が起こってしまうのでは?

という疑問を持っている人は、多いのではないでしょうか?

iPhoneを大事にしたい人にとっては、地味ですがたいへん重要な問題であり、かならず知っておかなければいけません。

今回は、「iPhoneを充電しっぱなしにするとマズいのか?」という点について解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 iPhoneは、基本的には充電しっぱなしでもかまわない

充電中のiPhone

結論から言うと、基本的にはiPhoneは充電しっぱなしにしていても、問題ありません。

充電しっぱなしにしていても、問題がないように、iPhoneは設計されているからです。

 

充電しっぱなしにして故障することはないし、ましてバッテリーがぶっ壊れることもありません。

 

要は「充電しすぎ」、ちゃんとした言葉で言うと過充電が心配なのでしょう。

過充電が起こると、

 

  • バッテリーが壊れる
  • 逆に電力消費が激しくなってしまう
  • 爆発する

 

といったことが考えられます。

どの国の何の機種が、とは言いませんが、過充電で爆発事故を起こしたスマートフォンも存在しているのです。

ただしiPhoneの場合、こんなことは「気温40度の中、1年間充電しっぱなしで、そもそもバッテリーが破損している」という条件が揃わないと起こり得ません。

 

Phoneは、いわゆる「過充電」が起こらないように設計されています。

iPhoneは、

  • 80%まで、急速に充電する
  • 100%までは、ゆっくり充電する
  • 100%になると、電力の要求を停止し充電されなくなる(過充電の拒否)

 

という機構を持っているのです。

 

つまり、基本的にはiPhoneは充電しっぱなしでも構わない、というわけですね。

今後は充電容量を気にせず、自由に充電しましょう。

夜間の「iPhoneを充電しっぱなし」だけは例外だが、気にしなくていい

夜間の充電

というように、基本的にはiPhoneを充電しっぱなしにしていても、バッテリーの不具合や事故などは考えられません。

ただし、「夜間にiPhoneを充電しっぱなしするのはよくない」という向きもあるのです。

ですが、これもあまり気にする必要はありません。

 

iPhoneを夜間に充電しっぱなしするのが悪いと言われるのは、「エンドレスでの充電」が起こるかもしれないから。

エンドレスでの充電とは、夜間に充電しているあいだ、

 

  • 充電が100%になる
  • 充電は中止された一方、電力消費され99%になる
  • 充電が再開され、100%になる
  • また充電が再開され...

 

というのを、朝が来るまで永遠に繰り返す現象です。

しかし、これもあり得ません。

 

なぜならiPhoneは、iPhoneを充電しっぱなしでも、「トリクル充電」を実施するからです。

トリクル充電とは、簡単に言えば「充電が100%の状態を保つため」に使われる充電方法。

 

iPhoneは、充電しっぱなしでも、同時にほんのわずかずつ電力を消費します。

このまま放っておくと、充電が99%になって、エンドレスでの充電へ突入するわけです。

しかしトリクル充電によって電力を供給され、わずかながら消費されている電力は穴埋めされます。

つまり、エンドレスでの充電への突入を防いでくれるわけです。

 

よって、iPhoneは充電しっぱなしでも、何の問題もありません。

ものすごく厳密なことを言えば「夜にiPhoneを充電しっぱなしにして、トリクル充電が発動すること自体がよくない」というウワサもあります。

しかしこの点については、世界的バッテリーメーカーであるAnkerの代表者が、「夜にiPhoneを充電しっぱなしだったとしても問題ないよ」と表明しています。

iPhoneは、充電切れしてからでないと充電してはいけない?

「iPhoneを充電しっぱなしでもかまわない」という点については、上記のとおりです。

似たような問題で「iPhoneは、一度充電切れしてからでないと、充電してはいけないのでは?」と思っている人もいます。

「充電がある状態で充電すると、バッテリーが劣化する」というのが、そのようなウワサの根拠となっている様子です。

 

しかし、結論から言えば、「いつでも、好きに充電してOK」です。

なぜなら充電切れしてから充電したとしても、なんの影響もないから。

つまり「充電しっぱなしでもよいし、いつ充電してもよいし、充電しなくてもよい」というわけです。

iPhoneの充電において、注意したいこと

iPhoneの充電をしっぱなしにすることよりも、注意したいことはもう少し別なところにあります。

正直、充電のタイミングややり方は気にするところではなく、むしろ以下のようなところを知っておきましょう。

リチウムイオンバッテリーには寿命がある

iPhoneには、「リチウムイオンバッテリー」というものが採用されています。

これは永遠に使えるわけではなく、やはり寿命があるのです。

 

リチウムイオンバッテリーは、充電と放電を繰り返すうえで、少しずつ劣化していきます。

すると、少しずつ満充電量が減っていって、いつしかほんの少ししか充電できなくなってしまうのです。

iPhoneの充電しっぱなし問題とは関係ないのですが、覚えておきましょう。

充電しっぱなしで操作するのはよくない

iPhoneを充電しっぱなししにつつ、iPhoneを操作するのはお勧めできません。

なぜなら、iPhoneを操作すると、リチウムイオンバッテリーに余計な熱が伝わるから。

熱が伝わると、リチウムイオンバッテリーの寿命が縮んでしまいいましょう。

つまり「充電しっぱなし」・「得られた充電でたっぷり使う」というサイクルがもっとも理想的です。

変な充電器は使わない

iPhoneを充電しっぱなしにするのは、通常大きな問題ではありません。

しかし、安くてうさんくさい変な充電器は使わないようにしましょう。

iPhoneが想定している、正しい充電がなされないかもしれません。

できることなら、純正品を利用しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneは充電しっぱなしでOK。いつ充電してもOK。

iPhoneいろいろ

(引用:Apple

iPhoneを充電しっぱなしにしていると、何か問題があると誤解している人は多いはず。

iPhoneを大事にする物持ちのよい人ほど、こういった点は気になるでしょう。

そして、充電するタイミングについても不安を覚えている人もいるはずです。

 

しかし、iPhoneは充電しっぱなしでよいし、いつ充電してOK。

夜間も充電しっぱなしでよいし、充電切れを待って充電する必要もありません。

 

もしiPhoneの充電で問題が起こるとしたら、

  • 炎天下40度の中で
  • 一年以上充電しっぱなし

とか、そういった訳のわからないケースのみです。

 

細かいことは気にせず、iPhoneは自由に充電しましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士