iphone

iPhoneの画面に縦線が入った!2つの原因ごとに対処法を解説

  • iPhoneの画面に謎の縦線が入ってしまった
  • どうしたら直るんだろうか?
  • 自力で修理できるだろうか?

 

上記のような問題と悩みを持っている人は多いでしょう。

iPhoneの液晶に縦線が入った場合、原因を特定することで復旧することが可能です。

逆にそれがわかっていないと、無駄な修理を払うことになるので注意しなければいけません。

 

本記事は以下について解説します。

  • iPhoneの液晶に縦線が入るふたつの原因
  • それぞれの原因におけるできる限りの対処法

iPhoneの画面に縦線が入って困っている人は、ぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの液晶に縦線入る原因はふたつある

iPhoneの絵企業に縦線が入る原因は、大きく分けて2つです。

  • 技術的な問題
  • 物理的な衝撃

これを取り違えると、無駄な修理費を払うことにもなりかねません。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

技術的な問題で縦線が入る

iPhoneの画面に縦線が入ったなら、以下のような技術的な問題が考えられます。

 

  • iOSアップデートがうまくいかず、画面表示が狂っている
  • 何らかのシステムやプログラムにおいてバグが発生し、その不具合が画面縦線として現れている
  • ストレージ容量が限界ギリギリで、動作に支障が出ている

 

上記のようなパターンが考えられるでしょう。

そして上記の問題は、多くの場合すぐに修理する必要はなく、自宅で操作をすればなんとか復旧させることが可能です。

ここで「壊れた」と決めつけてすぐに修理に出すと、お金が無駄になってしまいます。

物理的な衝撃で縦線が入る

対処が面倒なのが、物理的な衝撃でiPhoneの画面に縦線が入った場合です。

ほとんどの場合はこちらが原因になるのではないでしょうか?

 

もっとも画面に縦線が入りやすいのは、やはり高いところから落下した場合。

そのほか、水没などでも同様の現象が予想されます。

iPhoneの技術的な問題で縦線が入った場合の対処法

iPhoneとスパナ

iPhoneの技術的な問題で縦線が入ったとき、できることとしては3つ挙げられます。

  • iOSアップデートを実施する
  • 再起動を実施する
  • iPhoneのリカバリーを実施する

いくつかを試してみれば、たいてい改善するはずです。

iOSアップデートを実施する

iPhoneの画面に縦線が入ったなら、iOSアップデートを試してみましょう。

細かいメカニズムはさておき、アップデートを怠っていると、iPhoneにはさまざまな問題が起こります。

逆に言うと、これさえきちんとやっておけば、画面に縦線が入るなどの不具合はすぐに改善するでしょう。

 

iOSアップデートの実施方法は以下のとおりです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 画面下部の「ダウンロードしてインストール」を選択する

再起動を実施する

iPhoneの画面に縦線が入ったとき、再起動も試してみましょう。

一度画面を真っ黒にして、電源を入れ直せば、たいてい不具合は解消されるはずです。

 

手順は以下のとおり。

  1. iPhone7以前→ロックボタンとホームボタンを同時に押し続ける
  2. iPhone X以降→音量ボタンとスリープボタンを同時に押し続ける

iPhoneのリカバリーを実施する

ここまでやっても改善しないなら、iPhoneのリカバリーを実施しましょう。

つまり、一度データをすべて削除する作業です。

もちろん、バックアップを取得して、後ほどデータを復旧できるようにしておきましょう。

この場合の手順は以下のとおりです。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「転送またはiPhoneをリセット」をタップする

 

上記でいったんはiPhoneをリカバリーできます。

これはiPhoneの不具合を改善するうえで、ほぼ最後の手段です。

リカバリーを試してもどうにもならないなら、さすがに修理や買い替えを検討する必要があります。

物理的な衝撃で、iPhoneの画面に縦線が入った場合の対処法は「買い替え」

iPhone 円

iPhoneに物理的な衝撃で画面に縦線が入ったなら、かなり厄介です。

この状態を受け入れて使っていくか、それとも新しいiPhoneを購入するか、どちら一方となります。

 

ただし縦線が入っている、つまりひびが生じているiPhoneを使うのは、もちろん危険なことです。

指を切ったりするかもしれないし、欠片が基盤に入り込んで二次故障へ発展するかもしれません。

 

そうなると修理が必要になりますが、ここでネックになるのが費用です。

トータルで50,000円ほどかかることもあり、それなら新しいiPhoneを買ったほうがよい、ということもしばしば。

基本的には買い替えで対応するのがおすすめです。

自力で修理することはまず不可能

結論から言うと、iPhoneの画面に縦線が入った場合、自力で修理するのはまず不可能です。

縦線が入ったというのはつまり、液晶が破損しているということ。

液晶の修理交換はかなりむずかしく、相当な技術を持っている人でないとどうにもなりません。

むしろ修理過程において他の部分を傷つけて、より深刻な故障を引き起こすのが心配です。

 

ちなみにiPhoneを自力で修理する場合は、二度と正規の修理サービスを受けられない点に注意してください。

Appleは正規修理店以外がiPhoneを修理することを認めていません。

自力、もしくは非正規店で修理すると、修理対象から外されます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの画面に縦線が入ったら買い換えるのがおすすめ

iPhone12

iPhoneの画面に縦線が入る原因は、技術的、物理的問題ふたつが考えられます。

うち技術的な問題であれば、さほど困ることはありません。

iOSアップデートと再起動が大体なんとかなるし、最悪リカバリーすればたいていは回復するはずです。

 

問題は物理的な破損で縦線が入った場合で、これはもう修理するほかありません。

しかしネックになるのは、iPhone特有の高額すぎる修理代。

場合によっては50,000円〜60,000円と、新しい端末が購入できるレベルの金額になることもあります。

 

だとしたら、買い替えを検討したほうがコスパは優秀でしょう。

オンラインショップを利用すれば、端末料金が数十%単位で安くなるなどのキャンペーンもあります。

ぜひ一度オンラインショップをチェックして、買い替えできないか考えてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士