iphone

iphoneのチャイルドロックとは?正しいやり方についても解説

  • iPhoneを子供に使わせるのが、少し怖い
  • チャイルドロックはできないの?

上記のように考えている人は多いでしょう。

最近では子供がiPhoneでYouTubeを見たり、育児ゲームをさせたりするのが当たり前になりました。

しかし不適切なコンテンツが表示されたり、設定を勝手に変えられたりするのは困ります。

そんなときはiPhoneのチャイルドロックを利用しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneでチャイルドロックとは?設定する方法

iPhone 男の子

iPhoneのチャイルドロックは、以下のような制限を実施するものです。

  • アプリの切り替えができないようにする
  • 画面操作ができないようにする
  • iPhoneの機能を一部制限する

これを利用することで、不適切なコンテンツを表示させない、あるいは設定を勝手に変えさせない、ということが可能です。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

アプリの切り替えができないようにする

iPhoneでは「アプリの切り替えができないようにする」というチャイルドロック機能があります。

これを設定すれば、アプリが固定され、他のアプリを開けません。

YouTubeを開いているならYouTube以外の画面には切り替えられない、というわけです。

 

このチャイルドロックをかける方法は以下のとおり。

  1. 「設定」を開く
  2. 「アクセシビリティ」を開く
  3. iPhoneで「アクセスガイド」をオンにする
  4. ロックしたいアプリを開く
  5. iPhoneも右側にある「サイドボタン」を3回連続でタップする

 

子供にiPhoneを持たせると、まず間違いなく画面をタッチして、あらぬページへジャンプしたりします。

それが顧客とのLINEなどであればたいへんです。

画面を固定するチャイルドロックはかならずかけておきましょう。

画面操作ができないようにする

iPhoneの場合、「画面操作がいっさいできなくなる」というチャイルドロックのかけ方もあります。

この機能を使いたい場合は、以下の手順を踏みましょう。

  1. アクセスガイドをONにする
  2. 固定したいAppを選択する
  3. iPhoneの再度ボタンを3回続けて押す
  4. パスコードを入力する

この設定を用いれば、iPhoneはいっさいの操作を受け付けなくなります。

画面をタップしても反応しないし、ホームへ戻ることもできません。

 

ただしこの場合パスコードを利用します。

つまり、解除するにはパスコードが必要です。

もし忘れてしまうとやっかいなので、メモするなり、確実に覚えておくなりしましょう。

また子供にパスコードを記憶されないようにすることも大切です。

iPhoneの機能を一部制限する

iPhoneの機能を一部制限することで、実質的にチャイルドロックをかけることも可能です。

この場合はiPhoneのスクリーンタイムを利用します。

スクリーンタイムを利用すれば、特定Appの使用時間を制限したり、指定したページが開けないようにカスタマイズすることが可能です。

以下の手順で一部制限を実施しましょう。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「スクリーンタイム」をタップする
  3. 「スクリーンタイムをオンにする」を選択する
  4. 「続ける」をタップする
  5. 「これは子供用のiPhoneです」を選択する

ここまでくると、以下のような操作ができるようになります。

  • iPhoneを使えなくする時間帯を入力する「休止時間」
  • 特定アプリに使用時間数の制限を設ける「App使用時間の制限」
  • 特定のホームページを閲覧できなくする「コンテンツとプライバシー」

 

よく使うのは「コンテンツやプライバシー」による閲覧できるページの設定です。

これを利用すれば、センシティブあるいは子供には見せたくないWEBサイトにアクセスできなくなります。

 

また子供がYouTubeばっかりをみていたり、ゲームを長時間やったり、親からしてみれば望ましくないこともあるでしょう。

その場合はApp使用時間の制限を用いて、一日に視聴・プレイできる時間を限定してしまうのがおすすめです。

 

なおスクリーンタイムでの各種操作にはかならずパスコードの入力が求められます。

解除する際にもパスコードは必要なので、忘れないようにしましょう。

iPhoneでチャイルドロックを使うときのポイントと注意点

iPhone 見る

iPhoneでチャイルドロックを使うときのポイントと注意点として、以下が挙げられます。

  • 少し知恵があればチャイルドロックは解除できる
  • WEBサイトの閲覧制限は完璧ではないことを理解する

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

少し知恵があればチャイルドロックは解除できる

iPhoneのチャイルドロックについては、「少し知恵があれば解除できる」という点に注意してください。

要するにパスコードとチャイルドロックの解除手段さえわかれば、たとえ子供でも利用することが可能です。

つまり、パスコードを子供に知られてはいけません。

WEBサイトの閲覧制限は完璧ではないことを理解する

WEBサイトの閲覧制限をかけたとしても、完璧ではない点に注意しましょう。

露骨にセンシティブな内容であればほとんどブロックされます。

しかし、それでも閲覧制限をくぐり抜けて、余計な内容が表示されてしまうことも少なくありません。

たとえばTwitterで悪意あるユーザーが、センシティブなコンテンツを掲載することも考えられます。

WEBサイトの閲覧制限をかけたところで、完璧な対策になるわけではない点に注意しましょう。

さらに安全性を高めるなら、たとえばGoogleなら「セーフサーチ」を利用するなどして、iPhoneとサービス2重でチャイルドロックするなどの工夫が必要です。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのチャイルドロックはフル活用しよう

iPhone 男の子2

子供にiPhoneを使わせるとなると、やはりいろいろと不安なことはあるものです。

そんなときはチャイルドロックをフル活用しましょう。

画面が変えられない、あるいは画面操作がいっさいできないなど、あらゆる形で機能を制限できます。

うまく使いこなして、子供を危険なコンテンツやiPhoneへの依存から守ってあげましょう。

ただしチャイルドロックやパスコードを忘れたりすると面倒なことになるので、注意してください。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士