格安SIM

ワイモバイルの電波が悪いのはナゼ!?だめな時、解約する方法は

一般的に、電波・通信速度がすぐれていると評価されるワイモバイル。

しかし、ワイモバイルの電波が悪いと感じている人も、一部いるでしょう。

もしかしたら、解約を考えている人もいるかもしれません。

 

今回は、ワイモバイルの電波が悪いと感じ、解約したい人へ向けて、その方法を解説します。

また、解約ではなくワイモバイルの電波が悪いときのトラブルシューティングにも触れているので、参考としてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

ワイモバイルの電波は悪い!? 解約する手順は?

解約手続き

ワイモバイルの電波が悪いことに、どうしても納得できない人もいるでしょう。

ちょっと残念な話ではありますが、ワイモバイルを解約する手順について解説します。

 

ワイモバイルを解約する方法は、

  1. 店舗に出向く
  2. 郵送で解約

するという、ふたとうりの方法があります。

店舗へ行く場合

店舗へ行って解約する場合、以下の書類が必要となります。

 

  • 身分証明書
  • 契約時の印鑑
  • 契約している端末

 

これらを持っていて店舗で手続きすれば、解約可能です。

ただし多少の引き留めに合うことはあるかもしれません。

電話で解約する

店舗へ行くのが面倒なら、電話で解約する方法もあります。

ワイモバイルの電話番号「151」から、解約可能です。

ワイモバイルの電波は悪い?

結論から言えば、ワイモバイルの電波はさほど悪くはありません。

ワイモバイルの電波が安定している、という趣旨のクチコミは、多数存在します。

 

一方で、ワイモバイルの電波が悪いというクチコミは、ほとんど存在しないのです。

後述しますが、筆者も「ワイモバイルの電波が悪い」とは感じたことがありません。

ただしあくまでも電波は電波なので、「悪い」と感じさせられる瞬間もあるでしょう。

ワイモバイルの電波が悪いときの原因とトラブルシューティング

ワイモバイイルの電波が悪いなら、何かしら原因があるはずです。

今回は、そのトラブルシューティングについて、いくつか解説します。

機種を見直す

ワイモバイルの電波が悪いのは、機種に問題があるかもしれません。

つまり、機種の故障です。

この場合、かならずしも解約する必要はないでしょう。

 

仮に、「明らかに電波が入る場所へ移動しても電波が入らない」場合、機種の故障である可能性が高いです。

機種変更した場合にも、これは起こりやすいようすです。

この場合、ワイモバイルの電波が悪いというトラブルは、修理すれば直ります。

したがって、解約する必要はありません。

 

また、

  • 留守番電話で「呼び出しなし」が選択されている
  • 着信拒否設定がかかっている
  • その他、着信を認めない何かが設定されている

 

といった可能性もあります。

この場合、当然ながらワイモバイルを解約する必要はありません。

Wi-Fiに見直す

Wi-Fiについても考えてみましょう。

Wi-Fiには、実は「2.4GHz帯域」と「5GHz帯域」の2種類があります。

そしてワイモバイルの電波が悪い場合、

 

  • 2.4GHz→他の機器による電波が干渉している
  • 5GHz→障害物で妨害されていいる

という可能性が考えられるでしょう。

 

2.4GHzの場合は、他の機器を遠ざけてみてください。

5GHzの場合は、窓と機器における間の障害物を取り除いてみましょう。

エリアに対応していない

ワイモバイルの電波が悪いのは、エリアに対応していないのかもしれません。

ただしワイモバイルのサービス提供エリアは非常に広く、「エリア外である」というのは非常にまれなことです。

現実的に考えられるのは、

 

  • 地下
  • 入り組んだ建物の中
  • 山間部・森林部
  • トンネル内
  • その他、電波が届きづらい場所
  • 近所に大きな建物が新しく立った

 

といったところ。

ただし、他の格安SIMなら、上記のような場所でも電波が入りやすかったりします。

あまりにも安定しないなら、ワイモバイルの解約を検討したほうがよいかもしれません。

電波障害が発生している

ワイモバイルの電波が悪いのは、「電波障害」に原因を求められるかもしれません。

やはり電波なので、いつでも障害が発生することはあります。

https://twitter.com/nangokuichiba/status/1070613411380117504

個人でできることはないので、復旧を待ちましょう。

一時的な障害はすぐに復旧するので、解約を検討する必要はほぼありません。

【その他】実際にワイモバイルを使っていて、思った感想は? 電波は悪い? 解約すべき?

電波塔

ワイモバイルの電波が悪いという理由で、解約するか否か悩んでいる人も多いでしょう。

筆者は3年来のワイモバイルユーザーです。

本当に解約するほど劣ったサービスなのか、いくつか感想ベースで解説します。

電波と速度は安定している

実際にワイモバイルを使っている中で、電波や速度が悪いと感じたことはありません。

筆者の場合だと、解約なんていっさい検討したことがありませんでした。

さすがにトンネルなどでは電波と速度は不安定ですが、それ以外は何の問題もありません。

また、入り組んだ建物の中などでは当たり前に通信できるし、むしろ感心するほどです。

電話さえしなければ料金は安い

ワイモバイルは、基本的に料金が安いのがメリットだと言えます。

最安値であれば、月額990円から利用することが可能です。

それは極端かもしれませんが、電話の頻度さえ気をつければ、月額5,000円くらいには余裕でコントロールできます。

ワイモバイル 利用料金

上記は、筆者のワイモバイルにおける利用料金。

できるだけLINE電話でしのぐことを意識すると、5,000円もかかりません。

ちなみに上記には、radikoなどの利用料金も含まれているので、ワイモバイル単体ではもっとお金はかかっていないわけです。

iPhone12がある

2021年、ワイモバイルではiPhone12がラインナップされました。

やや高額なiPhone12ですが、ワイモバイルの料金水準と組み合わせれば、余裕で利用できます。

また、第二世代SEも用意されており、これならよりリーズナブルな料金で利用可能です。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

まとめ:ワイモバイルの電波は決して悪くないし、それだけで解約しなくてOK

SIMを抜く

ワイモバイルの電波については、「悪い」とか「入らない」とか、いろいろと言われます。

しかし筆者の場合、そのようには感じなかったし、解約なんて検討したこともありません。

よほど限られた状況下では問題があるかもしれませんが、たいていは不便なく使えるはずです。

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士