スマホ戦士達が、スマホに関する情報を集めるサイトです。

スマホ戦士

このエントリーをはてなブックマークに追加

iphone

「iPhone10S」と「iPhone 10S マックス」の予約開始。ドコモ、au、ソフトバンク早めに在庫を確保する方法

投稿日:


みなさんついに発表されましたね、新型のiPhoneが3機種が。
日本時間で9月12日の発表でしたがみなさん生で見ていましたか?
大方の予想通りだったとは思いますが、名前予想通りでしたか?
スペックは予想通りでしたか?
色々スッペクがー、機種がーなど思うところがあるとは思いますが、発表があったらあとは発売を待つだけです。
しかし、人気のiPhone、そう簡単に新機種が手に入るとは思えません。
そこで今回は、iPhone10S、iPhone 10S マックスの2種類をピックアップして確実にゲットできるように予約の方法と簡単な各機種のスペックについてお話していこうと思います。
では、早速いってみましょう。

予約方法

では、まずスペックどうのこうのより、ドコモ、au、ソフトバンクの予約方法について見ていきましょう
まず予約開始ですが、「iPhone10S」、「iPhone10S マックス」は9月14日予約開始です。
キャリアでオンライン予約する場合は、大体の流れですが、利用中の携帯電話番号などの最低限の情報を登録する「仮予約」があり、その後、在庫が確保されたら本申し込みの手続きをするという流れになります。
はやく予約ができれば、その分発売日にゲットできる確率が上がります。

予約に必要なもの

各キャリアで予約時に必要なものを下記の表のようになります。
準備してから予約の日を待ちましょう。

ドコモ au ソフトバンク
新規・MNP ・dアカウント(旧docomo ID)
・クレジットカード もしくは 特定の金融機関口座
・本人確認書類
・MNPの場合はMNP予約番号
・本人確認書類
・クレジットカード
・MNPの場合はMNP予約番号
・クレジットカード もしくは 特定の金融機関口座
・本人確認書類
・MNPの場合はMNP予約番号
機種変更 ・dアカウント(旧docomo ID)
・クレジットカード もしくは 特定の金融機関口座
・auIDとパスワード
・au契約時の暗証番号
・クレジットカード
・機種変更する機種の携帯電話番号・暗証番号
その他 申し込みの際には、現在ドコモと契約していない場合でも、
dアカウント(旧docomo ID)が必須になります。
機種変更の際は、一括での支払いの場合のみクレジットカード
が必須となります。割賦契約の場合は不要です。
新規・MNPの場合はクレジットカード情報が必須になります。

①仮予約

まず、各キャリアの公式オンラインショップに行き、仮予約をしましょう。
この手続は早く終わるので、契約したい電話番号や個人情報の情報を用意しましょう。
また各キャリアの店舗でも予約は可能ですが、時間の有効活用や、家から出来るというメリットも含めて、オンラインで予約することをおすすめします。

ドコモの予約開始は、9月14日(金曜)午後4時1分から、iPhoneを取り扱うドコモ販売店およびドコモホームページにて行われます。

ドコモはこちらから

ドコモ

auの予約開始は、年9月14日16時01分より、auのiPhone取扱店およびauオンラインショップで開始します。

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクの予約開始は、9月14日午後4時1分から、ソフトバンク”のiPhone取扱店およびソフトバンクオンラインショップで開始されます。

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

②在庫の確保

次に、仮予約などをもとに各キャリアが在庫確保のために動き出します。
そして、無事あなたの在庫が確保されるとメールで連絡してくれます。
パソコンからのメールを受信可能にしておくことを忘れないでくださいね。

③本申込

在庫確保のメールがきたらあとは契約だけです。

プランなどを選択して、本申込を済ませてください。

④配送

本申込まで済ますとあとは発売日を待つだけです。

配送方法は自宅や店舗を選択できますので、好きな方を選んでください。

特別なことがなければ自宅でいいとは思います。
発売日まで心待ちにしましょう。

スペック

次にiPhone10S、iPhone 10S マックスの簡単なスペックと特徴を見ていきましょう。
ざっくりとしたスペックは以下の表のようになります。

iPhone 10S iPhone 10S マックス
本体カラー シルバー
スペースゴールド
ゴールド
シルバー
スペースゴールド
ゴールド
ディスプレイ 5.8インチ
有機EL(OLED)
Super Retina HD
6.5インチ
有機EL(OLED)
Super Retina HD
画面解像度 458ppi 458ppi
重さ 177g 208g
厚み 7.7mm 7.7mm
70.9mm 77.4mm
高さ 143.6mm 157.5mm
プロセッサ A12 Bionic A12 Bionic
ストレージ 64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
防水・耐塵性能 IP68 IP68
コネクタ ライトニングコネクタ
変換アダプタ同梱なし
ライトニングコネクタ
変換アダプタ同梱なし
3D Touch 対応 対応
Apple Pay 対応 対応
簡易アクセス 対応 対応
指紋認証 非対応 非対応
顔認証 対応 対応
ワイヤレス充電 対応 対応
高速充電 18W USB-Cアダプタ 18W USB-Cアダプタ
カメラ デュアルカメラ デュアルカメラ
デュアルSIM 対応(nano-SIMとeSIM) 対応(nano-SIMとeSIM)

では、次に各スペックを見ていきましょう。

デザイン


デザインは、昨年の2017年に発売されたiPhoneXと一緒で、フルスクリーンディスプレイになりました。それに伴いホームボタンも廃止されています。
このことから今後昔のようなホームボタンのあるデザインはなくなると思います。
また、本体カラーは、新色のゴールドが加わりました。
このことにより、いつものシルバー、スペースグレイと新色ゴールドの3色展開になりました。

ディスプレイ


今回発売のiPhone10Sの5.8インチとiPhone10S マックスの6.5インチは、iPhoneXと同様に、Super Retina HDディスプレイの搭載になりました。
しかし、従来のSuper Retina HDディスプレイとは違い、進化はしています。解像度はあがり、より鮮明な色の表現や高画質の画像が楽しめるようになっています。

プロセッサ


今回新型iPhoneに搭載されるプロセッサは、A11から確実に進化したA12になります。
プレゼンテーションでの話では50%の性能向上と消費電力を抑えれることを発表していました。
チップの性能が大幅に上がったことにより、ARの描写表現の性能が上がったり、今回始めて導入された大容量の512GBのストレージが実現しました。

カメラ


さて、やはりiPhoneといったらカメラ機能ですね。
iPhone7 Plusで初めてデュアルカメラが搭載されてから、iPhone8や8 Plus、iPhone Xでもデュアルカメラが採用されてきました。
今回のiPhone10SとiPhone 10S マックスでも、もちろんデュアルカメラが搭載されています。
メインカメラの性能は、iPhone7や7 Plusからかわっていません。iPhone8や8 Plus、iPhone Xと同じで画素数は1,200万画素です。
これは残念に思う人もたくさんいた部分かと思います。
また、iPhone XとiPhone7や7 Plusでの違いはF値になります。iPhone7 Plusの望遠側のF値は2.8ですが、iPhone Xの望遠側のF値は2.4になっています。
iPhone8 PlusとiPhone Xには、背景をボケさせることができる撮影モードである「ポートレートライティング」があります。
iPhone10SもiPhone 10S マックスも同様のスペックでカメラ性能の進化は次回に持ち越しという形になりました。
しかし、A12チップ搭載により、ボケの量をスライダーで調節できる撮影ができたり、より高速に動作するようになったそうです。

認証機能

今回の認証機能は、iPhoneX同様、顔認証のFace IDが搭載されてます。
これは大方予想通りですが、やはりホームボタンがなくなったことでiPhoneX同様、指紋認証のTouch IDは廃止されてしまいまいした。
指紋認証が背面についてほしいというユーザーも多いかと思いますが、それは実現しませんでした。
しかしながら、顔認証の精度はもちろん上がっているそうで、暗所でのロック解除も可能と話しています。

デュアルSIM対応

この部分はかなり嬉しいと思ったユーザーも多いかと思います。
ついにiPhoneもデュアルSIMに対応してきました。
対応SIMはeSIMとnano-SIMのみの対応なんですが、2018年度内には対応キャリアを増やしていくという計画を発表しています。
しかし、肝心の日本国内ので取扱については、まだドコモもauもソフトバンクも各MVNOからも未発表です。

ここからは新型iPhoneをどうすれば素早く予約をして

お安く購入できるかをご紹介していきましょう。

発売日当日、もしくは発売日近くに入手したい人は必見です!

それは各社のオンラインショップを利用します。

ドコモはこちら

ドコモオンラインショップ

auはこちら

au Online Shop

ソフトバンクはこちら

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップを知らない人はもちろん、名前だけ聞いた事なる!

なんとなく知っているという人もいるでしょう。

せっかくなんで、ここで各社のオンラインショップの素晴らしさをご紹介させてください。

知ってて使わないのと、知らないで使わないのでは

その意味が大きく違います。

新型iPhoneを購入する際はもちろん、それ以外のスマホを購入、機種変更するのにとてもお得で便利なんです。

その理由は大きく分けて2つあります。

それは利便性と金銭面です。

オンラインショップとは、読んで字のごとくオンラインを利用したショップです。

スマホケースなどのアクセサリーをオンラインショップで購入した事ある人は多々いるでしょうが

意外とスマホ本体を購入したことがある人はまだ少ないかもしれません。

非常におとくなんで順番にご紹介していきましょう。

読むだけで得するかもしれないクーポンの紹介もありますので最後まで読んで言ってくださいね!

オンラインショップを使う利便性

新型のiPhoneが発売されるときってお祭り騒ぎになりますよね!

こんな感じです。

ただ年々この大行列に並ぶ人が少なくなっているって知ってますか?

その理由が実は今回ご紹介するオンラインショップの影響なんです。

iPhoneの予約システムなんですが、とにかく早く予約を完了した人から優先的に振り分けられていきます。

それは店舗でもオンラインショップでも違いはないです。

iPhoneはアップルの指示の元、平等に予約は全部が同時開始です。

ですので、店頭もオンラインショップも同時に予約開始なんです。

iPhone予約は発売当初は2,3分遅くなれば、2,3週間手元に届くのが遅くなると言われてます。

店舗で店員さんを通して予約するよりもオンラインショップで自分で入力した方が

早く予約を完了できるので、店頭予約よりも早く手に入る可能性が高いです。

オンラインショップでも発売日に自宅に届きますので

予約を手早く完了すれば店舗同様に発売日に入手するのも夢じゃないんです。
*一部の離島を除きます。

暑い中、何にも前からショップに並ばなくても

もしかしたら発売日にiPhoneが入手できる可能性があるって

素敵じゃないですか?

今までは1部の自由人しか大人気の新型iPhoneを発売日に入手するなんてできなかったのですが

オンラインショップを利用すれば日本全国どこからでもお祭りに参加できるんです。

これはiPhoneファンにはたまらないですね。

また普通に機種変更する際も24時間、日本全国どこからでも使えるので

非常に便利ですよ。

また店舗だと大体2,3時間の待ち時間もあるでしょうが

オンラインショップでは、煩わしい待ち時間もありません。

ネットにさえ繋がっていれば24時間、日本全国どこからでも利用できるのも

使い勝手がいいですよね。

ただ、オンラインショップの良さってそれだけじゃないんです。

他の商品で考えてみて下さい。

オンラインショップって便利なだけじゃなくて

商品が安いってメリットもありますよね?

スマホもオンラインショップで買うと安いんです。

オンラインショップで買うと安い?

新型iPhone、スマホってどこで買っても同じ金額と思ってませんか?

実はそんな事ないんです。

その理由は「頭金」にあります。

頭金って高額商品を買う時に払う1部代金と思ってませんか?

実はそんな事ないんです。まずは下の2枚の写真を見て下さい。

1枚目の頭金が7,800円

2枚目が9,720円となっております。

実はこのように頭金って店舗によって異なり「0~10,000」円程度で設定されている事がほとんどです。

そんなの在処よ、、、って思うかもしれませんが

お店によって、スーパーと八百屋で野菜の値段が違うように値段が違うのは当たり前です。

ただ「頭金」という名前だから誤解されるので正確には「販売手数料」といったところでしょうね。

詳しくはこちら

準備中

この頭金は地域差により差が大きいです。

「じゃあ、東京などの都心部で競争が多い所が安いんだ!自分の住んでいる所は安いお店ないんだ(涙)」

なんて思う人もいるでしょう。

ご安心ください。

今回ご紹介している、オンラインショップはドコモ、au、ソフトバンク全て

頭金が「0」円。つまり無料です╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

ですので、店舗で買うよりも頭金分のお安く購入する事ができます。

もちろん、送料はかかりません。

操作方法も難しくなく、15分もあれば手続き終了にします。

では、ここで一度各社のオンラインショップのメリットをご紹介しましょう。

大人気の新型iPhoneを簡単に予約できて、早くうまく行けば発売に入手でき

日本全国どこからでも24時間使えて、

頭金が0円なんで金額も安く

簡単に使える。

新型iPhoneの購入はもちろん、各種スマホを機種変更するなら

オンラインショップがおすすめです。

ドコモはこちら

*ドコモの場合はさらにおとく!

通常2,000円かかる事務手数料まで無料です。

使わないと勿体ない!

ドコモオンラインショップについてさらに詳しくはこちら

ドコモオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット。使い方や流れも紹介!

auはこちら

auオンラインショップについてさらに詳しくはこちら

au Online Shop(auオンラインショップ)は安い。メリットとデメリットなに?時間とお金が節約できる!

ソフトバンクはこちら

ソフトバンクオンラインショップについてさらに詳しくはこちら

準備中

まとめ

どうだったでしょうか。
発表を聞いて歓喜の声をあげましたか?落胆の声をあげましたか?
どちらにせよ、やはり新製品の発表というのは心踊りますし、わくわくしますよね。
機種変更や新規契約を考えている人は、各キャリアのホームページで明日から予約が開始されます。
混雑が予想されるのでじっくり机に座りそのときを待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

役に立ったと思ったらクリックして応援してね。それがやる気となって更新頻度が上がります。
霊夢
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
応援してね


こっちもね!

-iphone
-, , ,

Copyright© スマホ戦士 , 2018 All Rights Reserved.