iphone

2019年Appleスペシャルイベントの新型iPhone 11最新公式情報まとめ!発売日・スペック・価格は!?

投稿日:2019年9月11日 更新日:

2019年9月11日(水)のAppleスペシャルイベントで、ついに新型iPhone 11の全貌が明かされました!

今年もイベント前から色々な噂が飛び交っていましたが、果たして実際の新型iPhoneはどのようなスペック・新機能を備えていたのでしょうか。

新型iPhone 11のスペック・価格・発売日など気になる公式情報を、イベントの画像と共にまとめました!

2019年の新型iPhoneは3モデル同時発売!

2019年新型iPhoneは、事前のリーク情報や噂通り、3モデル同時発売となります!

3つのモデルの名称は、

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

となっています。

iPhoneシリーズで初めて「Pro」が付くモデルが登場しました。

新型iPhone 11のデザインとスペック

新型iPhone 11の3つのモデルの基本スペックをまとめました。

iPhone 11はカラーが6色、ProとPro Maxは4色

iPhone 11のカラーバリエーションは「パープル・イエロー・グリーン・ブラック・ホワイト・PRODUCT RED」の6色。

昨年のiPhone XRも6色展開でしたが、ブルーとコーラルがなくなり、代わりにグリーンとイエローが新たにラインナップに加わった形になります。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは「ミッドナイトグリーン・シルバー・スペースグレイ・ゴールド」の4色ずつとなります。

背面素材は、iPhone 11はアルミニウムを採用、一方、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの背面はマット加工を施したステンレススチールとなっています。

また、iPhone 11の発売に合わせて、純正ケースも発売開始となっています。

2019年新型iPhone カラー 素材
iPhone 11 パープル・イエロー・グリーン
ブラック・ホワイト・PRODUCT RED
ガラス、アルミニウム
iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン・シルバー
スペースグレイ・ゴールド
ガラス、ステンレススチール(マット仕上げ)
iPhone 11 Pro Max

SoCはA13チップ!他社スマホとの比較で処理性能の高さをアピール

iPhoneの処理性能を決める大事な部品であるSoCは、最新のA13チップを搭載。

前シリーズのA12よりも、CPUとGPUの処理性能が上げつつ、省電力化と熱処理効率もアップしました。

イベントでは、Galaxy S10+やHUAWEI P30 Proを例に、他社製品よりもCPUやGPUの性能が上回っている点が強調されていました。

進化したカメラ-ProとPro Maxはトリプルレンズ採用-

2019年の新型iPhoneでは、iPhoneシリーズで初めてトリプルレンズ搭載モデルが登場しました。

ProおよびPro Maxのメインカメラでは、従来の望遠・広角レンズと共に「 視野角120度の超広角レンズ」を搭載。

どのレンズも画素数は12MPとなっています。

同じ景色でも、撮影レンズを変えるだけで全く雰囲気の違う写真を撮ることが可能になりました。

レンズの変更は画面をスライドまたはタップで簡単にできるみたいですね。

更に、超広角撮影モードは狭い室内で大人数の集合写真を撮る時にも便利です。

カメラアプリによっては、3つのカメラで同時に撮影したり、あるカメラで撮影しながら他のカメラの映像を編集したりもできるそうです。

画像は、Filmic Proというカメラアプリを使って3カメラ同時撮影をしているところです。

iPhone 11のみデュアルレンズですが、視野角120度の超広角カメラを搭載している点はProと同じです。

カメラ機能強化!ビデオは全て4K撮影、ナイトモードで暗所での撮影にも強く

新型iPhone 11、Pro、Pro Maxではメインカメラ・インカメラともに4K動画(60fps)が撮影可能です。

また、ビデオの編集機能も備えているので、動画の撮影から編集までをiPhoneだけで完結できます。

更に、写真撮影時にナイトモードという暗所用の撮影モードも新たに追加されました。

ナイトモードは暗い場所では自動的に適用されるため、iPhone 11なら光が少ない場所でもシャッターを押すだけで綺麗に撮影できます。

ポートレートモードも強化されており、より進化したボケ効果と深度コントロールが使えるようになりました。

バッテリー持続時間アップ-最大でiPhone XS Maxの5時間以上-

2019年の新型iPhoneは、従来のiPhoneよりもバッテリー持続時間がアップしています。

iPhone 11は、iPhone XRより最大+1時間バッテリー持続時間アップ。

iPhone 11 ProはiPhone XSより最大+4時間、iPhone 11 Pro Maxに至ってはiPhone XS Maxより最大+5時間もバッテリー持続時間がアップしています。

iPhone 11 ProとPro MaxはPower Delivery(高速充電)対応の充電器が付属してくるので、充電時間も短くて済みそうですね。

残念ながら、発表前のリーク情報などにあった双方向ワイヤレス充電機能は付いていないようです。

耐水性能アップ-最大水深4mで最大30分間OK

iPhone XSの時点でIP68と最上級レベルの防塵・耐水性能を備えていたiPhoneですが、iPhone 11 Proでは更にパワーアップしています。

具体的には、iPhone 11 ProとPro Maxが最大水深4mで最大30分間浸水してもOKになっています。

Proほどではありませんが、iPhone 11の方もiPhone XRより耐水性能がアップし、よりアウトドアや水回りで使いやすくなりました。

Face IDの精度が向上&3D Toutch廃止

UI周りでの変化の1つとして、Face IDの精度が向上し、従来よりも顔認証の時間が短縮されました。

また、iPhone XSとiPhone XS Maxにはあった3D Toutch機能は、iPhone 11、Pro、Pro Maxでは廃止されています。

新型iPhoneスペックまとめ

ここまで紹介してきた、2019年新型iPhone 11・Pro・Pro Maxの基本スペックをまとめました。

基本スペック iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
SoC A13 Bionicチップ
ROM 64GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB / 512GB
バッテリー(ビデオ再生) 最大17時間 最大18時間 最大20時間
サイズ(H x W x D) 150.9 x 75.7 x 8.3 mm 144 x 71.4 x 8.1 mm 158 x 77.8 x 8.1 mm
重さ 194 g 188 g 226 g
ディスプレイ 6.1インチ
Liquid Retina HD(液晶)
5.8インチ
Super Retina XDR(OLED)
6.5インチ
Super Retina XDR(OLED)
メインカメラ (超広角)12MP / F2.4
(広角)12MP / F1.8
(超広角)12MP / F2.4
(広角)12MP / F1.8
(望遠)12MP / F2.0
インカメラ 12MP / F2.2
防塵耐水 IP68(最大水深2メートルで最大30分間) IP68(最大水深4メートルで最大30分間)

新型iPhone 11の価格は?

新型iPhone 11のデザインやスペックを確認したところで、次は価格も見てみましょう。

2019年新型iPhone 価格(税抜)
iPhone 11 74,800円~90,800円
iPhone 11 Pro 106,800円~144,800円
iPhone 11 Pro Max 119,800円~157,800円

iPhone 11は74,800円~、iPhone 11 Proは106,800円~、iPhone 11 Pro Maxは、119,800円~となっています。

更に、Apple公式の下取りプログラム「アップルトレーディングプログラム」により、Apple直営店でiPhone購入時に使用中のiPhoneを下取りに出すと、5,030円~62,060円割引されます。

※下取り価格は機種およびiPhoneの状態によって変わります。

ドコモオンラインショップはこちら↓


auオンラインショップはこちら↓


ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

新型iPhone 11は9月13日(金)21時予約開始!発売日は9月20日(金)!

いよいよ、2019年新型iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの発売日と予約開始日を確認しましょう!

新型iPhone 11の発売日は9月20日(金)です!

昨年とは違い、2019年は3モデル同時発売となっています。

予約開始は9月13日(金)の21時からなので、いち早くゲットしたい方はお忘れなく!

旧型iPhoneのラインナップと価格

iPhone 11発表直後から、Apple公式サイトの旧型iPhoneのラインナップも変化しました。

2019年9月11日(水)時点で発売中の旧型iPhoneのラインナップと価格は次の通りです。

旧型iPhone 価格(税抜)
iPhone 8(64GB / 128GB) 52,800円 / 57,800円
iPhone 8 plus(64GB / 128GB) 62,800円 / 67,800円
iPhone XR(64GB / 128GB) 64,800円 / 69,800円

旧型iPhoneは、iPhone 8およびiPhone 8 Plus、そしてiPhone XRが引き続き販売されています。

新型iPhone発表後は旧型iPhoneが値下げされるのは毎年恒例なのですが、今年はなんと、昨年発売のiPhone XRが、20,000円以上もの大幅値下げされました。

増税前ということで「最新でなくてもいいから、新しいiPhoneに買い替えたい」という方はチャンスですね。

また、昨年発売のiPhone XSおよびiPhone XS Maxは、iPhone 11発売直後にApple公式サイトのラインナップから姿を消しました。

発売から1年で公式ラインナップから消えてしまった点は、一昨年のiPhone Xを思い出させます。

iPhone Xの時は、Apple公式サイトから消えた後もしばらくキャリアで販売されていましたが、それも在庫がなくなり次第、続々と市場から消えていってしまいました。

iPhone XSとiPhone XS Maxも同じく在庫限りの販売になる可能性があるので、新品購入したい方は早めに購入した方が良さそうです。

なお、これらの旧型iPhone購入の際も、使用していたiPhoneを下取りに出して更に値下げしてもらえますよ。

2019年新型iPhone 11のApple公式最新情報まとめ

2019年の新型iPhone 11は、とにかくカメラに力を入れている印象を受けました。

iPhone 11 ProとPro Maxはシリーズ初のトリプルレンズ仕様。

iPhone 11もデュアルレンズながら、超広角レンズによるワイド撮影に対応し、ナイトモードによる暗所撮影、4K動画撮影など写真・動画撮影機能が充実しています。

そんなiPhone 11の発売日は2019年9月20日(金)、予約開始は9月13日(金)21時~なので購入予定の方はお見逃しなく!

また、iPhone XRなどの旧型iPhoneも軒並み値下げされているので、iPhone買い替えを検討中の方も増税前に要チェックです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-, , , , , ,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.