iphone

iphone13が熱くなるなら要注意!冷却する方法は?

  • iPhone13を使っていると、すぐ熱くなる
  • 充電しながら使っていると「高音注意」と表示されて使えなくなった

というような悩みを持っている人は多いでしょう。

最新機種のiPhone13なのに、まだこういった問題が起きるのは少々不満が残るところです。

本記事ではiPhone13が熱くなる理由と、対処法について解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone13が熱くなるのはなんで?昔からの問題がなぜまだ解決されていないのか

iPhoneを持つ

iPhone13が熱くなる理由として、以下が挙げられます。

  • iPhone13うえで多くのAppを同時に動かしている
  • iPhone13を充電しながら使っている
  • ストレージ容量が不足している
  • iOSアップデートによる不良

今までのナンバリングと同じように、上記のことがあるとやはりiPhone13が熱くなることもあります。

正直なところを言えば、熱くなったところで、その問題はすぐ解決することが可能です。

 

ただ、「iPhoneが熱くなる」という問題は昔からあるのに、いまだに根本的には改善されていません。

この点について不満を持っている人も多いでしょうが、これはもう「機械だからしょうがない」部分が大きいのです。

 

今までのiPhoneも、パソコンも、機械である以上は機械熱を発生させます。

いかにiPhone13が最新だとはいえ、こればかりはどうしようもありません。

冷却機能がさらに進化すれば、熱による問題も解決できそうなのですが、そのような端末が出てくるまでは、あといくつかナンバリングを重ねる必要がありそうです。

iPhone13が熱くなるときの対処法

iPhone 持つ

iPhone13が熱くなるときの対処法として、以下が挙げられれます。

  • ひとまず再起動する
  • 充電中に負担の大きい操作をしない
  • ストレージを増やす
  • 複数のAppを開いているなら閉じる
  • 冷却シートで冷やしながら利用する
  • 5G回線をオフにする
  • 自然放熱する
  • ケースを外す

iPhone13が熱くなるというのは、さほど大きな問題ではありません。

一つひとつ確認して試していけば、解決できる問題です。

ひとまず再起動する

iPhone13が熱くなるなら、とりあえず再起動しましょう。

そうすれば機械として停止するので、あとは冷却されるだけです。

そして再度電源を入れて、問題がなければOKです。

もし再度すぐに発熱するなら、iPhone13自体の不具合が考えられます。

ストレージを増やす

iPhone13が熱くなるなら、ストレージを増やしてみましょう。

具体的にはいらないデータを削除して、容量を空けるということです。

おそらく、大量の動画や音楽、そしてアプリがインストールされているはずです。

もう使っていない、見ていないものがあれば、思い切って削除してみましょう。

そうすることでストレージが確保され、iPhone13にかかる負担が軽減されます。

容量に空きができれば、iPhone13が熱くなる問題も解消されるはずです。

複数のアプリを開いているなら閉じる

iPhone13で複数のアプリを開いているなら、いくつか閉じてみましょう。

処理能力には定評のあるiPhone13ではありますが、大量のアプリを同時に起動すれば、当然ながら大きな負担が生じます。

必要のないアプリは閉じて、できるだけ負担をかけないようにしましょう。

また、動画や音楽のバックグラウンド再生についても、ある程度注意したいところです。

充電中に負担の大きい操作をしない

iPhone13が熱くなる、という悩みを語る人の多くは、「充電中に負担の大きい操作をしている」というケースが多々あります。

iPhone13に限らずiPhoneというものは、充電しながら操作するといろいろと不具合を起こすものです。

特に負担の大きい操作をしていると一気に加熱されて、「高温注意」という表示が現れます。

 

iPhone13を使うときは、充電中には操作しないようにしましょう。

少しインターネットする程度であれば問題ありませんが、ゲームや動画視聴などは、充電中にやるのはNGです。

冷却シートで冷やしながら利用する

iPhone13が熱くなるなら、冷却シートで冷やしながら利用する方法もあります。

どうしてもiPhone13を使い続ける必要がある場合もあるでしょう。

その場合は専用の冷却シートを取り付けることで、問題なく使用できるはずです。

5G回線をオフにする

iPhone13が熱くなるなら、5G回線をオフにしてみましょう。

5G回線は端末に対して大きな負担を与える部分があります。

異常に熱く感じられるなら、5G回線をオフにすれば、たいていは解決するはずです。

自然放熱する

すぐにiPhoneを使う必要がないなら、自然放熱させるだけでも構いません。

ありとあらゆるアプリを落として、画面をロックしておけば、そのうち冷却されます。

ただしこの作業が何度も必要なくらい頻繁に熱くなるなら、何らかの故障が考えられます。

ケースを外す

もっとシンプルな解決方法として、ケースを外すという方法があります。

iPhone13にケースをつけている人は多いでしょう。

もちろん耐久性を確保するうえでは大切なことなのですが、ケースをつけると放熱しづらくなるという側面はあります。

ケースの材質やデザイン、密着性次第では、うまく熱が逃がせず、iPhone13が熱くなってしまうことも。

しかしケースを外せばすみやかに放熱され、iPhone13の温度も通常に戻るはずです。

もしケースが原因でiPhone13が熱くなるなら、ケース自体を買い替えたほうがよいでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ:iPhone13が熱くなる場合の対処法は簡単

iPhone13

「iPhoneが熱くなる」という問題は、昔から割と多く言及されていました。

そろそろナンバリングも進んできたので、解決されているかと思ったのですが、iPhone13でもこの問題は続いているようです。

ただし対処法自体は簡単なので、本記事を参考にアクションしましょう。

ちなみにiPhone13に不満があるなら、iPhone12やAndroidに乗り換えるという手段もあります。

 

そのうえでは格安SIM業者への切り替えが非常に役立ちます。

ぜひ一度格安SIM業者で、安く乗り換えられないか検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士