iphone

iPhoneの充電が80パーセントで止まるときに読む記事

最近iPhoneユーザーは、

 

  • なぜ充電が80パーセントで止まる、
  • どうしても100パーセントまで充電されない
  • と思ったら、なぜか急に100パーセントまで充電された

 

といったことで混乱している人も多いのではないでしょうか?

本記事では、「iPhoneの充電が80パーセント途中で止まる問題」について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの充電が80パーセントで止まるのは仕様

iOSロゴ

(引用:icon8

まず、iPhoneの充電が80パーセントで止まるのは、iPhoneの仕様であり、故障ではないので安心してください。

2019年9月に行われたiOS13へのアップデートにより、iPhoneは「最適化されたバッテリー充電」という機能を獲得しました。

 

最適化されたバッテリー充電とは、簡単に言えば「iPhoneの充電が80パーセントで止まる...のではなく、あえて”止める」という機能です。

詳しくは後ほど解説しますが、充電を80パーセントで止めるのはiPhoneにとってよいことらしく、アップデートで導入されるようになりました。

iOS13にアップデートしてから特定の操作をしていない限り、最適化されたバッテリー充電は有効となっているはずです。

 

iPhoneの充電が80パーセントで止まる場合、だいたい原因はこれしかありません。

補足:最適化されたバッテリー充電は”進化”する

ただ、最適化されたバッテリー充電がONになっていても、かならず充電が80パーセントで止まるわけではありません。

自動的な進化により、最適化されたバッテリー充電では、「本当に必要なタイミングでのみ」充電を100パーセントにしてくれる機能もあります。

 

たとえばiPhoneのユーザーが、24時には寝て6時には起きるという生活リズムを保っていたとしましょう。

するとiPhoneは、「この人、6時から起きて仕事したりしてるっぽいな」と学習します。

そして「じゃあ、朝6時の段階では100パーセントにしておいたほうがよいのでは?」と考えるわけです。

最終的には朝6時の段階でのみ80パーセントではなく100パーセントまでフル充電するように”進化”します。

 

意外と便利なので、このまま最適化されたバッテリー充電を利用し続けてもよいかもしれません。

iPhoneの充電が80パーセントで止まるときの対処法(不具合でない場合)

充電器

iPhoneの充電が80パーセントで止まるなら、基本的には「最適化されたバッテリー充電」をオフにするだけでOK。

その手順は、以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. バッテリーを開く
  3. 最適化されたバッテリー充電を開く
  4. 「オフにする」を選択する

これで最適化されたバッテリー充電は無効化されました。

 

ちなみに「明日までオフにする」に設定した場合、次の日の朝6時まで、「最適化されたバッテリー充電」が無効化されます。

それでもiPhoneの充電が80パーセントで止まるときの対処法(不具合の可能性あり)

iPhone 修理

最適化されたバッテリー充電を無効にしても改善しない場合、不具合が疑われます。

以下のような形で対処し、解決を図りましょう。

再起動する

意図しないタイミングでえiPhoneの充電が80パーセントで止まるのであれば、とりあえず何はともあれ再起動です。

iPhoneは再起動するとだいたいの不具合がおさまりますが、充電についても例外ではありません。

再起動して充電すれば、ほぼほぼ80%を突破して充電するはずです。

iPhoneを冷やす

iPhoneは、「本体が熱くなりすぎた場合、充電を80パーセントで止める」という機能を持っています。

これは、最適化されたバッテリーモードとはまったく関係なく、「熱いことが問題だから」という理由で備わっている機能です。

 

上記のとおり、Appleも公式に発表しています。

 

Appleのアナウンス

(引用:Apple

ここはAppleの言うとおり、iPhoneを冷やしましょう。

といっても、冷蔵庫に入れたりする必要はありません。

日の当たらない涼しい場所で、しばらく置いておけばOKです。

リカバリーする

あまり聞かれませんが、リカバリーをかける必要があるケースも。

リカバリーとは、iPhoneを初期化するおなじみの操作のこと。

再起動しても、冷やしても改善しないなら、リカバリーしてみましょう。

それでもダメならAppleで修理する

上記までを試してもiPhoneの充電が80%で止まるなら、バッテリー自体の不具合が疑われます。

iPhoneのバッテリーは、何年も使っていると劣化するものです。

また、見た目には100%とは書いてあっても、劣化した結果実態としてはそれ以下しか充電できていない場合もあります。

 

そのまま使っていても不便なので、大人しくiPhoneを修理するのがおすすめ。

ただし、修理が必要なケースはほとんどなく、リカバリーや再起動の段階で改善するはずです。

なんでiPhoneの充電を、80パーセントで止まるようにする必要があるのか?

なぜ、わざわざiPhoneの充電を80%で止まるようアップデートしたのか」と思っている人も、多いはずです。

これは、「フル充電を避けることで、バッテリーの劣化を遅延させる」というのが目的になっています。

つまり最適化されたバッテリー充電を使い続ければ、バッテリー自体は長持ちするわけです。

 

ただし、よいことばかりではありません。

80%は80%なので、充電切れは早まってしまいます。

こうして「なんで80%で止まるんだ」と不振がってトラブルシューティングしなければいけない手間も、ひとつのデメリットです。

 

バッテリー寿命を取るか、それとも盤石の充電量を取るか、どちらかひとつだと言えるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの充電が80パーセントで止まるのは仕様

iPhoneはアップデートによって「iPhoneの充電が80%で止まるようにする」機能を獲得しています。

これにより、フル充電によるバッテリーの劣化を避けられるようになりました。

 

ただし、80パーセントで止まってしまうのが不便だと言えば不便です。

80パーセントでは、1日充電がもたないという人もいるでしょう。

だとすれば最適化されたバッテリー充電をオフにして利用すればOKです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士