iphone

iPhoneのカメラが故障した!?よくあるパターンと修理方法を解説

iPhoneのカメラは高性能ではありますが、割と故障が多い部分でもあります。

今まさにiPhoneのカメラに、なんらかの不具合が出ている人も多いでしょう。

iPhoneのカメラの故障は、すぐ直るものあれば、修理や買い替えが必要なケースもあり、本当にさまざま。

 

本記事では、

  • iPhoneのカメラが故障したときの、よくあるパターンや症状7つ
  • iPhoneのカメラが故障したときの対処法
  • iPhoneのカメラが故障したときの修理代

などについて、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのカメラが故障したとき、よくあるパターンや症状7つ

iPhoneのカメラ

iPhoneのカメラが故障するのは、以下のようなパターンや症状が、基本的には考えられるでしょう。

一つひとつ詳しく解説するので、参考にしてください。

iPhoneを落として、レンズが割れてしまう

もっともよくあるiPhoneのカメラが故障したのは、「iPhoneを落としてレンズが割れてしまう」というパターンです。

iPhoneを落としたとき、画面が割れるのはよくある話。

しかし裏面から落とした場合、iPhoneのカメラレンズが割れてしまうケースもあります。

 

平坦なところに落とした場合、カメラレンズが割れるケースは稀です。

しかし落ちたところに突起があって、それがカメラレンズを直撃すると、あっさり割れたりします。

 

ヒビが入っている状態だと、もちろん撮影時にもヒビが映り込んでしまいます。

 

ちなみにiPhoneのカメラレンズがヒビ割れしている場合は、放置してはいけません。

なぜならカメラレンズのカケラが、iPhoneの内部に入り込んでしまうことがあるからです。

カメラレンズのカケラが入り込んでしまうと、さらに重大な故障になるかもしれません。

 

「ほんの少しのヒビだから、まあいいや」と

カメラが真っ黒のままま

iPhoneのカメラが故障したとき、「アプリを立ち上げても真っ黒のまま」というケースもあります。

もちろん、この状態になると撮影はできません。

基本的にはカメラアプリを再起動すれば直るのですが、いくらやり直しても真っ黒のまま、という場合もあります。

カメラのピントを合わせられない

iPhoneのカメラが故障した結果、ピントを合わせられない、というケースもあります。

つまり、撮りたいものがぼやけてしまう、ということですね。

ただしiPhoneはピントを合わせるまで少し時間がかかります。

少しだけ待っていると、問題なくピントが合うことも少なくありません。

カメラの画面が変色する

iPhoneのカメラが故障している場合、カメラの画面が変色することもあります。

白色や黒色、めずらしいケースだとピンク色になるケースも。

白色や黒色なら、再起動や初期化で解決することもあります。

しかしピンク色に変色しているなら、基本的には修理が必要です。

白色や黒色についても、稀に何をしても改善されないケースもあります。

フリーズしてしまう

軽微な故障としては、iPhoneのカメラを立ち上げたらフリーズする、というのが挙げられます。

なぜかカメラを立ち上げた段階で、操作を受け付けなくなるというわけですね。

これは、基本的にはカメラを再起動することで改善されます。

通常フリーズについては、過度に心配する必要はありません。

カメラの切り替えがうまくいかない

また、カメラの切り替えがうまくできないというケースもあります。

つまり、インカメラとアウトカメラが切り替えられない、というわけですね。

ただ、この問題もさほど心配する必要はありません。

カメラアプリを立ち上げ直すだけで、基本的には改善されるはずです。

それでダメだったとしても、再起動まで進めれば通常どおり使えるようになるでしょう。

iPhoneのカメラが故障したときの対処法

カメラ3

iPhoneのカメラが故障したときは、以下のような対処法が考えられるでしょう。

まず、「iPhoneを再起動する」もしくは「iPhoneの電源を入れ直す」のが最優先。

ほとんどのiPhoneカメラの故障は、この方法で解決されます。

 

もしそれでも直らないのであれば、初期化しましょう。

初期化は面倒かもしれませんが、ここまでやれば基本的にはほとんどの故障を解決することが可能です。

 

あとは、カメラレンズを拭くとか、物理的な方法が考えられます。

それでもiPhoneのカメラが故障したままなら、基本的には修理が必要です。

修理については、正規修理店かAppleで実施できます。

iPhoneのカメラが故障したら、修理代金はいくらかかる?

コスト

iPhoneのカメラ故障が重大であれば、修理が必要です。

ただし注意したいのは、修理代金がかなりかかる、というところ。

ヘタすれば50,000円から60,000円くらいの費用がかかることもあります。

修理までにかかる日数は?

修理までにかかる日数は、1週間程度と考えておけばよいでしょう。

つまり、しばらくは代替え機を用意するか、iPhoneなしで過ごす必要があります。

修理に時間がかかるのも、iPhoneのカメラ故障を修理に出すデメリットだと言えるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのカメラが故障したら、買い替えを考えよう

最新iPhone

iPhoneのカメラが故障したなら、場合によっては修理が必要です。

軽微な故障ならユーザーレベルでなんとかなりますが、重大な故障はそうはいきません。

 

しかしiPhoneのカメラにかかる修理代金は、相当に高額。

ヘタすれば50,000円から60,000円ほどかかってしまうこともあります。

 

この金額を支払うのがばかばかしいと感じるなら、iPhoneの買い替えを考えてみましょう。

うまくいけば50,000円くらいで、新品のiPhoneを手に入れることも可能です。

 

ちなみにiPhoneを買い換える、もしくは乗り換えるということであれば、オンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップであれば、実店舗に行くこともなく、郵送で購入することが可能です。

さらにオンラインショップ限定の割引や、事務手数料無料化といったメリットもあります。

実店舗で購入するよりも、明らかにオトクです。

ぜひ一度オンラインショップで、新しいiPhoneを探してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士