iphone

iphone12は不具合が多発!具体的な現象と解消方法をまとめました

iPhone12が発売されて、すでに数ヶ月以上経ちました。

多少の不満こそあれど、基本的にiPhone12は、iPhoneユーザーから受け入れられているようです。

 

一方で、残念ながらiPhone12にはさまざまな不具合が確認されています。

とはいえ不具合自体は、あらゆる端末にかならず起こりうるものなのはユーザーも分かっていること。

一部例外もありますが、さほどユーザーの強い怒りを買っているわけではない様子。

 

しかし、これからiPhone12を買おうと考えている人は、特に不具合は心配ですよね。

本記事では、iPhone12に対して報告されている不具合について解説します。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

iPhone12で確認されている不具合

iPhone12のパケ

(引用:Apple

 

iPhone12で確認されている不具合の種類は、報告数が少ない微細なものも含まれば相当な数に登ります。

また、不具合か仕様か判然としないものも、いちおうは不具合として扱われているようです。

 

とはいえ、発生頻度の低い不具合については、あまり心配する必要がありません。

iPhone12を使う上で、ほとんど無視できるような確率でしか起こらないのです。

一方で以下のような不具合は報告数が多く、少し注意したほうがよいでしょう。

モバイル通信ができなくなる

まず、「モバイル通信ができなくなる」という不具合があるようです。

iPhone12は4Gと5Gいずれかに接続することが可能ですが、両方とも使えなくなるケースがある様子。

ただし問題は根深いものではなく、再起動および再接続で、たいてい解決できることが分かっています。

バッテリーが異常な早さで消耗する

最新機種かつ新品であるにもかかわらず、バッテリーの消費が異常だという報告も。

また、本体が強烈に熱くなる現象も、同時に起こりえると報告されています。

 

iPhone12本体というよりもiOSに原因がある様子。

もう少し詳しくいうと、「5Gないし4G回線を探し続けてしまい、電池が消耗する」とのことです。

現在は「音声通話とデータ」にて、「5Gを利用しない(探すことをやめる)」を選択するだけで解決することが分かっています。

SMSが届かない

SMSが届かない、という問題は、数ある不具合の中でもっとも不興を買っている様子。

一時はAppleサポートのTwitterアカウントが、炎上してしまったようです。

 

具体的には、

  • SMSが送受信できない、もしくは一方だけができない
  • SMSは届くが、通知は表示されない
  • グループチャットのSMSだけは確認できない

といった問題が出ているようです。

これについては、Appleが技術部門へ通達し、修正作業を進めている様子。

画面に黄色、緑の色がかかる

目にわかりやすいところで言えば、画面が「黄色、あるいは緑色っぽくなる」不具合があります。

といっても色の変化はきわめて小さいらしく、「斜めの角度から見たときだけ、うっすらと色味がかるように思える」程度のものだそうです。

現在は、「True ToneとNight Shift」をオンオフすることで、解決できることが分かっています。

Bluetoothとうまく接続できない

また、Bluetoothとの接続にも問題が起こっているようです。

接続できない、というよりも、そもそもBluetooth機器を探知できない様子です。

これについては対応が簡単で、iPhoneの再起動によってたいていは解決できます。

 

「何かしらに接続できない」という不具合は、新製品にはつきもの。

いくらAppleでも、最初から完全な接続環境を提供するのは難しいようです。

ワイヤレス充電が機能しない

iPhone12のユニークポイントである、ワイヤレス充電が機能しないという問題もありました。

この点は「最初からワイヤレスじゃなくて、USB-Cにしておけよ」という声を買ってしまっている部分があります。

現在は、Appleが修正作業を進めている様子です。

Wi-Fiにつながらない

本格的に迷惑な不具合として、「Wi-Fiがつながらない」というものがあります。

そして、iPhone12本体の再起動を用いても、あまり効果がない様子です。

しかし、Wi-Fiルーター側を再起動ないし再構築することで、正しくWi-Fiが利用できるようになります。

iPhone12の不具合は、ちゃんと解決されるのか? 購入すべき?

修正作業

結論から言えば、iPhone12の、そのうち不具合は解決されるでしょう。

また、不具合が出ているからといって、購入を先送りする必要もありません。

 

なぜならAppleは、不具合があったときに、きちんとアップデートで修正をかけるからです。

今までのAppleプロダクツは、そのようにして品質と機能が維持されてきました。

 

そもそも、上記の不具合が出るのは非常に稀なケース。

iPhoneフォーラムでも、世界中を合計して、不具合の報告は500件ほどしか存在しません(12月6日現在)。

よってiPhone12を購入したからといって、いちじるしい不具合に見舞われる可能性は低いでしょう。

 

ただし、例年と比較して、不具合の改善が遅れる可能性は示唆されています。

2020年度は新型コロナウイルス感染症による騒動があったため、Appleにも業務上の支障が出ているとのこと。

よって、トラブルシューティングや修正にかけられるリソースも低減している様子です。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ:iPhone12は、アップデートするから大丈夫

アップデート

いくら最新機種の新品とはいえ、iPhone12は、元を正せば単なるスマートフォン、つまり機械です。

当然ながら、あらゆる機械にはバグや不具合はつきものなので、ある意味で仕方ない部分があります。

 

だからといって、Appleはいつまでも不具合を放置しているわけではありません。

iPhone12は、アップデートを繰り返すことで不具合が起こりづらくなり、より使いやすいように進化していきます。

しばらくすれば、目立った不具合は起こらなくなるでしょう。

 

 

「不具合があるから、iPhone12は買わない方がよい」と思っている人も、いるかもしれません。

しかし不具合の報告はさまざま存在していても、その数は限られています。

よほどの事情がない限り「不具合があるからiPhone12を買わない」とまで決め込む必要はないでしょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士