docomo

ドコモの新機種、おすすめは何?ランキングで紹介(2018年夏版)

更新日:

ドコモの新機種発表会が実施されました。

今回発表された機種は、Androidスマートフォン10種類、タブレットが1種類です。

 

最近ではカメラ性能も格段にアップし、処理速度も申し分なくなってきたAndroidスマートフォンですが、2018年の夏モデルはどうなのでしょうか。

 

今回はその中でも特におすすめの機種をランキング形式で発表していきたいと思います。

ドコモの2018年夏モデルのおすすめ機種ランキング

第5位 Huawei P2 Pro

カラー Midnight Blue
Black
サイズ 高さ 約 155mm
約 74mm
厚さ 約 7.9mm
最厚部 約 9.5mm
質量 約 180g
バッテリー容量 3900mAh
USB 形状 USB Type-C
ディスプレイ 種類 有機EL
サイズ 約 6.1インチ
解像度 FHD+(1080×2240)
CPU HUAWEI Kirin 970
2.4GHz(クアッドコア)

+1.8GHz(クアッドコア)

オクタコア
内蔵メモリ ROM 128GB
RAM 6GB
アウトカメラ 約4000万画素/約2000万画素/約800万画素
インカメラ 約 2400万画素

 

Huawei P2 Proの特徴としてはやはりカメラ性能です。

 

カメラのために作られたスマートフォンといってもいいぐらいです。

 

まず本体ですが、ディスプレイは大画面の6.1インチながらも本体はコンパクトになっており、画面サイズの割には持ちやすくなっています。

 

また指紋センサーは画面下部に搭載し、顔認証にも対応しています。

 

そして一番の特徴であるカメラはライカとコラボしたトリプルカメラで、上から800万画素のズームレンズ、4000万画素カラーレンズ、2000万画素のモノクロレンズになっています。

 

写真の画質にこだわる人でも、普通に撮影してとても美しいと感動することは間違いないと思います

 

最近はカメラにこだわったスマホが多く登場していますが、頭一つは間違いなく抜けています。

 

しかしながら、写真にさほどこだわりがない人にとっては大きなメリットは感じられないかもしれません。

 

でも、カメラだけでなくスペックも十分なので、どんなユーザーにもおすすめ出来る機種です。

 

ただ、この機種はヘッドフォン端子は廃止されていますし、SDカードも使用できません。

詳しい機種情報はこちら!

第4位 Arrows Be F-04K

カラー Blue Black
Ivory White
Moss Green
サイズ 高さ 約 149mm
約 72mm
厚さ 約 8.1mm
 最厚部 約 8.1mm
質量 約 154g
バッテリー容量 2580mAh
USB 形状 microUSB(Type-C)
Version USB2.0 High Speed
ディスプレイ 種類 TFT
サイズ 5.2インチ
解像度 FHD(1080×1920)
CPU Qualcomm SDM660
2.2GHz(クアッドコア)1.8GHz(クアッドコア)
オクタコア
内蔵メモリ ROM 32GB
RAM 4GB
アウトカメラ 約2300万画素
インカメラ 約500万画素

 

Arrows Be F-04Kの最大の特徴が、docomo with対応機種ということです。

 

docomo withとは対象スマホを購入することで、毎月ずっと1,500円割引になるサービスのことで、期間の縛りなくずっと割引が続きます。

 

しかし、また月々サポートなどの割引サービスと併用することができませし、対応機種も現在ではまだまだ少ないです。

 

この端末は泡で洗えたり、カメラ性能の向上、メモリアップなどスペック的にも必要十分な機種となっています。

 

端末をよく洗いたいと思う人にはいいかもしれません。

 

細かいスペックでは、やはりハイスペック機には劣るものの、ゲームなどせず必要最低限でいい、少しでも安く購入、維持したいというユーザーにとってはいい選択肢だと思います。

詳しい機種情報はこちら!

第3位 Xperia XZ2

カラー Deep Green
Liquid Black
Liquid Silver
Ash Pink
サイズ 高さ 約 153mm
約 72mm
厚さ 約 11.1mm
最厚部 約 11.1mm
質量 約 198g
ディスプレイ 種類 TFT
(Triluminos® Display for Mobile/トリルミナス® ディスプレイ for mobile)
サイズ 約 5.7インチ
解像度 Full HD+(1080×2160)
CPU Qualcomm SDM845
2.8GHz(クアッドコア)

+ 1.8GHz(クアッドコア)

オクタコア
内蔵メモリ ROM 64GB
RAM 4GB
アウトカメラ 約 1920万画素
インカメラ 約 500万画素

Xperia XZ2は2018年夏シリーズで大幅にデザイン変更を行いました。

 

このことにより賛否両論がかなりありました。

 

大きさは前回機種より縦にやや長くなっていますが、ディスプレイが非常に大きくなっているので、使い勝手、見やすさは向上しています。

 

カメラに関しては最近トレンドのデュアルカメラではなく、シングルカメラにとどまっています。

 

その点では他の競合機種と比べて、見劣りしているように感じてしまいます。

 

またこのシリーズからヘッドフォン端子は廃止されました。

 

3.5mmプラグのヘッドフォンを接続するには、USB Type-Cに付属の変換アダプターを接続する必要があります。

 

これは賛否両論かなり意見が別れるところだと思います。

 

またこの機種には、ほぼ同スペックながら2回ほどり小さいcompactがあります。

 

近年だんだんと大きくなっていく傾向があるスマートフォンですが、手の小さい人や女性にとっては片手持ちが辛くなってきています。

 

そんなときにcompactの選択があるのは嬉しいですね。

詳しい機種情報はこちら!

第2位 Xperia XZ2 Premium

カラー クロムシルバー
クロムブラック
サイズ 高さ 約158mm
80mm
厚さ 11.9mm
質量 約230g台
バッテリー容量 3400mAh
USB 形状
Version
ディスプレイ 種類 トリルミナスディスプレイ

for mobile

サイズ 約5.8インチ
CPU 2.8GHz(クアッドコア)
+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
 内蔵メモリ ROM ROM 64GB
RAM RAM 6GB
アウトカメラ 約1920万画素/約1220万画素
インカメラ 約1320万画素

 

Xperia XZ2 PremiumはXperia XZ2の上位モデルになります。

 

このXperia XZ2 Premiumの特徴としては、Xperia XZ2にはなかったデュアルカメラと何より、画面が5.8型4K(2160×3840ドット、HDR対応)液晶ということです。

 

もちろん基本性能も格段にパワーアップしており、ハイエンド機と呼ぶにふさわしいスペックになっています。

 

3Dゲームもなんのストレスもなく動作すると思います。

 

またカメラ性能では、色情報に強いカラーセンサーと、輝度情報に強いモノクロセンサーの2つの情報を、専用プロセッサー合成して保存しています。

 

この技術により静止画だけでなく、動画撮影での高感度撮影を可能にしました。

 

また、Xperia XZ2同様にヘッドフォン端子は廃止されています。

詳しい機種情報はこちら!

第1位 Galaxy S9

カラー Titanium Gray
Midnight Black
Lilac Purple
サイズ 高さ 約 148mm
約 69mm
厚さ 約 8.5mm
最厚部 約 8.8mm
質量 約 161g
バッテリー容量 3000mAh
USB 形状 Type-C
ディスプレイ 種類 Super AMOLED (有機EL)
サイズ 約 5.8インチ
解像度(ピクセル数 横×縦) Quad HD+(1440×2960)
CPU Qualcomm SDM845
内蔵メモリ ROM 64GB
RAM 4GB
アウトカメラ 約 1220万画素
インカメラ 約 800万画素

 

1位に輝いたのはやはりGalaxy S9です。

 

スマートフォンの代表格といったらGalaxyですが、その最新機種が堂々の1位です。

 

まず、スペックですが文句なしにハイスペック機です。

 

デザインはS8 と大きく変わりませんが、指紋認証の位置が、S8/S8+ではカメラの横だったのが、下側になりました。

 

また、画面は5.8インチで18.5:9比のInfinity Displayを採用、非常に美しさのある有機EL(SuperAMOLED)ディスプレイを搭載しています。

 

カメラはデュアルカメラ構成ではないのですが、F/1.5レンズとF/2.4レンズを自動的に切り替え可能な可変式になっています。

 

また、セキュリティ面では、顔認証、虹彩認証、指紋認証共にGalaxy S8よりも認証速度、精度ともに格段に良くなっていますし、暗闇での認証もさらに良くなっています。

 

この機種は、ヘッドフォン端子もありますので、従来のイヤホンやヘッドホンが使用できます。

 

あと、スペックが少し上がり大型化したGalaxy S9+もありますが、本体サイズがかなり大きくなるので、女性には厳しいかもしれません。

 

選ぶ基準としては、片手で持てないけどとにかく大画面にこだわるならGalaxy S9+、片手持ちで最大限の大画面を楽しむならGalaxy S9という感覚で選べばいいかと思います。

詳しい機種情報はこちら!

ドコモオンラインショップは非常にオトク!

この記事を読んでいる方は近々、機種変更を予定されているかと思います。

そんなあなたにとてもオススメな機種変更方法があります。

それは便利でお安く機種変更ができるドコモのオンラインサービス、ドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するオンラインショップです。

2018年でちょうど10年を迎え、すでに多くの人にご利用いただいております。

ドコモオンラインショップを使うとスマホをドコモショップや家電量販店より

安く購入する事ができるという経済的なメリットと

ネットに繋がっていれば24時間日本全国どこからでも利用できるという時間的なメリットもあります。

まとめると以下の通りです。

経済的メリット
・頭金3,000~10,000円が不要
・新規・機種変更にかかる事務手数料無料
・送料無料
・dカード特約店なのでポイント2倍

時間的メリット
・24時間日本全国どこからでも利用可能
・来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了
・選べる受取場所

では、1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金3,000~10,000円が不要

ドコモショップや家電量販店でスマホを買うと3,000~10,000円の頭金ってかかりますよね?

こんなのです。

こんな高いのもあります。

え、頭金って店舗によって違うの?と思った方は中々鋭いです。

普通、頭金というと高額商品を購入する際の一部の代金というイメージがありますが

スマホの場合は、機種代金ではなく「店舗の販売手数料」なんです。

ですので、店舗によって3,000円~10,000円まで差があります。

この頭金がドコモオンラインショップだとなんと無料、つまり0円です。

これでまずは3,000円~10,000円程、お得になります。

実際に手続きを途中まで進めてみると思っている以上に簡単でわかりやすいです。

無駄な頭金を店頭で支払いたくないという人や

少しでもお得に機種変更したい人の多くが

便利でお得なオンラインショップの手続きに移行している傾向があります。

機種変更にかかる事務手数料無料

次に機種変更にかかる事務手数料が無料な点についてです。

ドコモで新規・機種変更する場合は、ドコモショップや家電量販店だと

通常2,000円の機種変更事務手数料がかかるのですが

ドコモオンラインショップだとなんとこれが無料です。

FOMAからクロッシーへの契約変更を含む場合は1,000円引きの2,000円ですが

もうFOMAを使っている人はあまりいないのでこちらはほぼ無料と思っていいでしょう。

これで頭金と合わせて5,000円~12,000円ほどドコモショップや家電量販店で購入するよりお安く購入できます。

送料無料

オンラインショップで多くの人が不安に思うのは送料じゃないでしょうか?

オンラインショップは確かに安いんだけど、送料がかかって結局高くなるんじゃないの?と心配している人もいるでしょう。

その点もご安心下さい。ドコモオンラインショップは2,500円以上の買い物で送料無料です。

この2,500円は各種割引後の実質の負担額ではなく端末の価格なので2,500円以下のスマホはありません。

ですので、実際は機種変更は送料無料といって間違えないんです。

オンラインショップだから送料が高いんじゃない?なんて心配はありませんのでご安心下さい!

dカード特約店なのでポイント2倍

ドコモといえばdポイント!

今やdポイントはドコモの支払いだけではなく

ローソンやマクドナルドなどでも利用できる非常に使いやすいポイントです。

ドコモユーザーならそんなdポイントを効率よく利用しているかと思います。

*もしまだdポイントを使ってなかったらおすすめです。

ドコモオンラインショップはdポイント特約店なので通常の店舗で購入するよりも

2倍多く貯まるのです。

スマホって機種によっては10万円を超える高額商品です。

通常の店舗だと1%、つまり1,000円分しかつきませんが

ドコモオンラインショップだと2%、2,000円分貰えちゃうんです。

これもなかなか見逃せないポイントではないでしょうか?

24時間日本全国どこからでも利用可能

オンラインショップのメリットとしてどこからでも利用できる事です。

場所によっては、ドコモショップへ行くだけでも車で30分以上かかるなんてところもあるでしょう。

しかしもうドコモのスマホをお使いの方なら、そのスマホを使ってどこからでも機種変更ができちゃうんです。

また昼間はお仕事で忙しくなかなかドコモショップや家電量販店へ行けない方にも

24時間利用できるのでおすすめです。

来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了

ドコモショップって待ち時間長いと思いませんか?

土日の混んでる時期だと受付に呼ばれるまでに2時間、手続きに1時間、設定や説明に1時間なんて事もあり

半日がつぶれちゃいますね、、、、。

ドコモオンラインショップだと待ち時間はありません。

操作も簡単でわずか15分あれば受付完了となります。

選べる受取場所

ドコモオンラインショップで購入した商品の受取方法は「自宅」「ドコモショップ」からお選び頂けます。

ドコモショップへ行く暇がない方は「自宅」へ

スマホの設定や操作が不安な人は「ドコモショップ」へ

あなたの状況に合わせて受取場所を変更する事ができるんです。

オンラインショップで商品が受け取りづらい煩わしさもないですね。

新機種も発売日に入手可能

オンラインショップだから、最新機種は買えない、

もしくは届くのが遅いと思ってませんか?

オンラインショップでも機種変更しても発売日に最新機種が届きます。

大人気で品薄になりやすいiPhoneなども大量に入荷されるので発売日当日に手にできるかもしれません。

またドコモが直営しているので在庫量が豊富なのも特徴でしょう。

ここでドコモオンラインショップのメリットが分かる漫画を用意したのでご覧ください。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップのメリットが分かって頂けたでしょうか?

また不安点として色々相談したいという人もいるでしょう。

ご安心下さい。ドコモオンラインショップにはオペーレートチャット機能というのがあり、

ドコモの事はなんでも相談できます。

ドコモオンラインショップへ行くとこんなアイコンがありますのでクリックしてみて下さい。

ドコモオンラインショップなら

時間をかなり節約できて

5,000円~12,000円ほどお安く買う事ができ

大人気新作iPhoneなども発売日に入手可能。

ドコモで機種変更するならドコモオンラインショップを使わないと勿体ないです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

まとめ

どうだったでしょうか。

 

あなたにとって魅力的な機種はあったでしょうか。

 

やはりスマートフォンの中ではGalaxyシリーズが頭1つ抜けているという感じはあります。

 

デザイン、スペックどれをとっても文句のつけようがありません。

 

日本でいうとXperiaが代表格ですが、他のメーカーの機種ももっと頑張って欲しいと思います。

 

しかしながら、今回紹介していない機種も含めて魅了的な機種がたくさんあると思います。

 

最近のスマートフォンの値段はかなり高く、普通に一括で購入するとPCが買えてしまうぐらいの価格がします。

 

自分の用途にあったスペックや、気にいるデザインをしっかりと判断して購入してほしいと思います。

 

最後までご覧いただありがとうございました。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-, , , ,

Copyright© スマホ戦士 , 2019 All Rights Reserved.