docomo

スマホにケースは着けた方が良い?メリット・デメリットから考える

投稿日:

スマホの利用を快適にするためには、いくつかのアイテムを使うことも考えられます。

スマホの本体に装着する「スマホケース」は、そのアイテムのひとつとして長く定着していると言えるでしょう。

しかし、スマホケースは便利だという意見がある反面、つけることに意味を感じないという意見を持つ人もいます。

そういった意見の食い違いがみられるアイテムなので、特徴を正確に理解できていないとその利便性を活かしきれない可能性があるのです。

そこでこちらでは、スマホにケースを着けることのメリット・デメリットを軸に、その必要性について確認します。

スマホにケースをつけるか迷っている人は、こちらを参考に自分なりの答えを導き出してみてください。

 

花木
スマホに着けるケースって、いろいろな種類がありますよね
でも、そもそもケースって必要なのかしら
お客様
スマホ戦士編集長
スマホケースにはメリットとデメリットがあるので、こちらで一緒にチェックしてみましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


147view
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

 

スマホにケースをつけるメリット

iPhone ケース

引用元:Apple iPhoneアクセサリ

 

まずはスマホにケースをつけることの、メリットについて確認します。

スマホケースを着けたからこそ体験できるメリットは、購入のきっかけにもなります。

以下のメリットを確認し、自分で納得の購入理由がないか考えてみましょう。

 

破損のリスクを低減できる

スマホのケースは外部からの衝撃を防ぎ、本体の破損リスクを低減するというメリットがあります。

外出先でスマホを落とすことが多い人や、スマホのサイズが自分の手よりも大きく感じる人は、万が一の破損に備えてケースをつけることも考えられるでしょう。

耐久性・耐衝撃性の高いケースを利用すれば、破損のリスクに対する安心感を得られます。

他にも手帳型ケースであれば、本体だけでなく画面の保護も行えるため、スマホ全体をカバーすることも可能です。

ケースのタイプによって破損の可能性をより低減できるので、スマホが壊れないか心配になる場合にはいろいろなケースを試してみるといいでしょう。

 

傷がつきにくいので売却しやすくなる

スマホにケースを着けると使用時の傷がつきにくくなるので、売却時の価格が安定しやすいというメリットもあります。

最初からスマホを売却する予定がある人や、傷がつくことでモチベーションが下がってしまう人も、ケースの装着にメリットが感じられるでしょう。

たとえばiPhoneなどは高く売却できることが多いので、事前に傷から保護するためにケースを着けることは考えられます。

綺麗な状態でスマホを使うことは気持ち良く使うポイントでもあるため、傷が気になるならケースで保護することがおすすめです。

 

カードなどをまとめておける

ケースのタイプによってはカード類を収納するスペースがあるので、日常に必要なアイテムをスマホとまとめて管理できます。

クレジットカードや定期券、身分証明書などを収納できるケースを使えば、スマホと財布を一体化したような使い心地を体験できるでしょう。

最近は電子化に伴ってカード類もスマホの中にデータとして収納できるようになってきていますが、それでも物理的なカードの出番はまだまだ多いです。

スマホとカードを併用しているという場合には、ケースでまとめることで管理の手間を省くこともおすすめされます。

 

おしゃれの一部にもなる

スマホのケースはデザイン重視したものも多いので、おしゃれの一部として使うことも可能です。

服や他の装飾品と合うようなケースを探すことで、自分のおしゃれにプラスを作れることもメリットになります。

キャラクターものや派手な色合いのものなど、販売されているデザインは豊富なので、複数のケースをその日の気分で使い分けることもできるでしょう。

最近はオリジナルのスマホケースを作るなどの選択肢もあるため、おしゃれへの貢献度はさらにアップしつつあります。

おしゃれ用のケースをひとつ確保して、着飾りたい場面に備えるのもいいでしょう。

 

スマホにケースをつけるデメリット

スマホケースの着用にはメリットがある一方で、デメリットになり得る部分もあります。

デメリットとメリットを比較することで、自分にとってのケースの必要性がより明確になるのです。

以下でデメリットについても確認し、どれだけ自分の使い方に関係してくるかチェックしましょう。

 

ケースのコストが発生する

ケースを購入するためのコストが発生する点は、デメリットになると言えます。

本来であればスマホ代や通信費だけで終わるはずのコストに、ケース代が新たにプラスされることになるのです。

なるべく安くスマホを使いたいという場合には、このコストを考えた上でケースを装着するか決めるといいでしょう。

ケースは消耗品なので、スマホを長期的に使い続けることになれば買い換える必要も出てきます。

コストの発生が一度で終わらない可能性があることは、ケースを使い始める前に把握しておくのがポイントです。

 

全体のサイズが大きくなってしまう

ケースの分だけスマホ全体のサイズが大きくなるため、人によっては使いづらく感じられるようになるかもしれません。

小型のスマホを好んで使っているという場合には、ケースの厚みがその良さを消してしまう可能性もあるでしょう。

スマホにケースを装着した感覚を実際に確認し、事前にデメリットを回避するのがおすすめです。

 

スマホそのもののデザインを楽しめない

ケースを装着してしまえば、当然スマホ本体のデザインは隠れてしまいます。

そのためスマホのデザインが気に入っている場合には、ケースの装着に魅力を感じづらくなるでしょう。

「iPhoneのつるりとした感覚が好き」「このAndroidスマホの色合いが気に入っている」

そういった理由でスマホを使うときは、ケースを諦めるか、気軽に着脱できるタイプを採用するなどの工夫が必要です。

 

スマホにケースをつけるか迷ったときは

メリットとデメリットを確認しても、まだケースを使うか迷うこともあるでしょう。

そういった場合には、以下を参考にまた少し考えてみるのもおすすめです。

 

まずは安いケースで試してみる

スマホケースは安価なものも多いので、とりあえず安いものを使ってその使用感を確かめてみるのもいいでしょう。

キャリア契約をしているのなら、貯まったポイントを使ってケースを購入するという選択肢もあります。

auであれば、ポイントを使って「au WALLET Market」や「au PAY マーケット(au Wowma!)」での買い物や、「au PAY」へのチャージなどからケースの購入を考えられます。

他にもドコモであれば「d払い」での買い物、ソフトバンクならTポイントを使っての買い物が可能です。

そういったキャリアごとのポイントを活用して、コストをかけずにケースを手に入れることも考えてみましょう。

 

ケースの種類を知ることもポイント

スマホのケースにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なっています。

そのため「ケースがいらない」と感じたとしても、別のタイプのケースならしっくりくるということもあり得るのです。

たとえばスマホケースの種類には、以下のようなものが考えられます。

・ソフトケース:シリコンやTPU素材を使った柔らかいケース

・ハードケース:硬めの素材を活用したケースで、安価なものも多い

・手帳型のケース:手帳のように開くことで画面を確認できるケース

・バンパータイプのケース:スマホの側面だけを保護するケース

こういった種類の中から自分に合うものを選べれば、ケースの魅力がより明確になるでしょう。

ケースをスマホに着けるか悩んだときは、その種類にも目を向けてみるのがおすすめです。

 

まとめ

 

スマホケース、なんだか欲しくなってきちゃった!
お客様
スマホ戦士編集長
ケースの用途を考えて、自分にぴったりのものを選んでいきましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


147view
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

 

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.