iphone

【絶対いる!】 iphoneでブルーライトカットアプリを使う理由

投稿日:

iPhoneを使い続けることは、つまりブルーライトを浴び続けるのと同じです。

そしてブルーライトが、目・脳・体にとってあまり好ましくないのは、多くの人が知っていると思います。

できれば、「ブルーライトカット」していきたいところです。

しかし、「ブルーライトをどのようにカットすればよいかわからない」という人は、非常に多いはず。

だとしたら、AppStoreからダウンロードできるブルーライトカットアプリを利用するのがおすすめです。

ホームページはこちら↓ 

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

そもそも、iPhoneのブルーライトカットアプリとは?

青いフラッシュ

iPhoneのブルーライトカットアプリは、名前のとおりブルーライトを軽減してくれるものです。

使い方はとても簡単で、アプリ上でブルーライトカット機能をONにするだけ。

これだけで、iPhoneから放たれる光は、目・脳・体にやさしいものとなるでしょう。

わざわざ「ブルーライトカットメガネ」などを高額で購入しなくてもよいのです。

なぜ、iPhoneではブルーライトカットアプリが必要なのか?

なぜ、iPhoneでブルーライトカットアプリが必要なのか、一度整理しておきましょう。

ブルーライトで、強大な目の疲れや生活リズムの異変が起こるのは、言うまでもありません。

これを回避するためには、ブルーライトカットが必要です。

 

特に最近は、iPhoneを長時間見続けるケースが多いものです。

AmazonプライムやHulu、YouTube premiumなど、長い時間をかけて視聴するコンテンツが増えています。

 

しかも、これからは5G時代の訪れにより、もっと長い時間でブルーライトを浴び続けるようになるでしょう。

今までブルーライトの影響がなくても、今後はそうではないかもしれないのかもしれません。

だからブルーライトカットのiPhoneアプリが必要だと言えるわけです。

iPhoneにおけるブルーライトカットアプリを選ぶうえでのポイント

暗がりのiPhone

iPhoneのブルーライトカットアプリを選ぶ場合、

  • 無料である
  • 明るさを自分で調整できる
  • ブルーライトカット機能の作動時間を自由に設定できる

という3点がポイントとなるでしょう。

 

ひとつ目の「無料である」という点ですが、これは必須になります。

なぜなら、iPhoneのブルーライトカットアプリは、無料版だけでも大量に存在するからです。

そして、無料版とはいえ、機能自体はそれなりに高性能。

今のところ、わざわざお金を出して有料で利用する必要はありません。

 

ふたつ目は、「明るさを自分で調節できること」。

明るさを自分で細かく調整できないと、「ブルーライトカットできても画面が見づらい」といった不便が出てきます。

iPhoneは、「ブルーライトをカットしておけばよい」というものではありません。

ブルーライトを充分にカットしつつ、画面も見やすくすることが重要です。

 

もうひとつは、「ブルーライトカット機能の作動時間を自由に設定できる」というところです。

ブルーライトカットアプリは、作動時間を設定して自動的に起動してくれると、たいへん便利になります。

 

上記3点について、しっかりとおさえてから、ブルーライトカットアプリをインストールしましょう。

iPhoneでおすすめできるブルーライトカットアプリ3選

とはいえ、

  • どのiPhoneアプリが高性能なのかわからない
  • ブルーライトカットアプリを探すのが面倒くさい
  • いちいち、試すのは面倒くさい

 

といった人も多いでしょう。

面倒であれば、以下いずれかのブルーライトカットアプリを利用すれば、だいたい問題ありません。

ブルーライトカットで視力保護する高速ブラウザー

おすすめ3

もっともおすすめしたいのは、「ブルーライトカットで視力保護する高速ブラウザー」というiPhoneアプリ。

長ったらしいですが、これが正式名称とのこと。

現在、もっとも信頼できるブルーライトカットアプリです。

 

全機能無料できるうえに、機能も豊富。

明るさやカット率も、自由自在に調整できます。

さらには、より目にやさしい「ダークモード」も搭載しています。

 

<インストールはこちらから>

Download on the App Store

視力保護ブラウザ

おすすめ2

もうひとつは、「視力保護ブラウザ」をおすすめします。

22万回ダウンロードされている、大人気のブルーライトカットアプリ。

iPhone自体にブルーライトカット効果をもたらすのではなく、Safariの代わりに利用できるブラウザアプリです。

ブラウザとしての完成度は高く、操作性も抜群。

また、明るさも細かいレベルで調整できます。

 

<インストールはこちらから>

DL視力

超ブルーライト削減

おすすめ3

また、「超ブルーライト削減」もおすすめできます。

超ブルーライト削減の強みは、

 

  • 横画面表示でも使える
  • ブラウザのブックマークが簡単
  • ブルーライトカットしても、画面が見やすい

というところにあります。

 

特に、横画面表示でも使えるのは重要なポイントです。

YouTubeやNetflixを視聴する場合は、横画面表示を活用しましょう。

<インストールはこちらから>

DL削減

iPhoneアプリを使わず、ブルーライトをカットする方法

暗がりのiPhone

実は、iPhoneアプリに頼らず、ブルーライトカットする方法があります。

iPhoneを触っているとき、「Night Shift」という機能を見たことはないでしょうか?

実はこの「Night Shift」こそ、ブルーライトをカットする効果がある機能です。

 

Night ShiftをONにすると、ディスプレイの色合いが暖かいカラーへ変更されます。

これで、いくらかブルーライトカットを軽減することが可能です。

 

Night ShiftをONにする手順は、以下のとおりです。

  1. iPhoneのホーム画面で、設定アイコンをタップする
  2. 「画面表示と明るさ」をタップする
  3. 「Night Shift」をタップする
  4. 「手動で明日まで有効にする」をオンにする

 

これで、翌日朝まではNight ShiftがONになります。

ブルーライトは、「夜に見てしまうこと」に問題があるものです。

よって、基本的に夜から朝までブルーライトカットできていれば、問題ないでしょう。

 

もし「時間指定でNight Shiftを利用したい」なら、以下のように設定します。

  1. iPhoneのホーム画面で、設定アイコンをタップする
  2. 「画面表示と明るさ」をタップする
  3. 「Night Shift」をタップする
  4. 「スケジュール」をタップする
  5. 時刻を設定して、Night Shift機能の時間を指定する

これで、Night Shiftを時間指定で利用することが可能です。

ホームページはこちら↓ 

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

まとめ:iPhoneにはブルーライトカットアプリが必須!

iPhone

iPhoneから発せられるブルーライトは、決して人間の体にとってよいものではありません。

ぜひブルーライトカットアプリを使って、少しでも健康にiPhoneを利用しましょう。

ただし、お金を出してまでやることではありません。

ブルーライトカットアプリは、無料でもすぐれたものが多数あります。

よほどの理由がない限り、ブルーライトカットアプリは無料のものからチョイスしましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.