格安SIM

IIJmioの「ギガプラン」eSIMは、安いけど遅いの?

IIJmioでは、「eSIM(データ通信専用)」を利用することが可能です。

eSIMとは、要するにコードを入力するだけで利用できる、形のないSIMのことですね。

 

しかしIIJmioのeSIMについては、

  • 通信速度が遅いのでは?
  • 遅すぎて使い物にならず、解約する人も多いらしい...

といった疑問・不安を抱えている人も多いでしょう。

 

本記事では、

  • IIJmioのeSIMにおける通信速度
  • IIJmioのeSIMにおける仕組みやメリット

などについて解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

IIJmioのeSIMは、通信速度が遅い?

iiJmio 青

(引用:IIJmio

結論から言えば、IIJmioのeSIMは遅い、と言えることもあるでしょう。

たいていの人は満足しているようですが、「遅いから使い物にならない」と言っている人もわずかながらいる様子です。

ただし、「遅すぎて最悪!」と呼ばれるほど悪質なものでもありません。

IIJmioのeSIMは、どの程度の通信速度なのか?

実際に、IIJmioのeSIMにおける通信速度をチェックしてみましょう。

IIJmioユーザーによる報告を総合すると、おおむね1~93Mbpsくらいの通信速度が出ます。

混雑しているなら1Mbpsあたりは近づいていくし、回線が空いているなら93Mbpsへ近づいていく仕組みです。

 

1Mbpsとは、「ぎりぎりYouTubeの低画質動画が視聴できる」くらいの速度。

93Mbpsは、オンラインゲーム以外ならなんでも快適に使えるレベルです。

決して、「とにかく遅いし使い物にならない」 というレベルではありません。

なぜ、IIJmioのeSIM遅いと言われるのか?

ただし、IIJmioのeSIMは遅いと言う人がいるのは事実です。

なぜ遅いと言われるかというと、「他の格安SIMなら、もう少し早い速度が出せるから」だと考えられます。

 

IIJmioのeSIMは、1Mbps(混雑時)〜93Mbps(非混雑時)という速度でした。

しかし、たとえばY!mobileなら、同じ条件で40Mbps〜140Mbps程度の通信速度が出せます。

となると、「IIJmioのeSIMは遅い」と感じてしまうのは、ある意味で当然だと言えるでしょう。

 

最低速度である「1Mbpsと40Mbps」では、使い勝手が大きく異なります。

おそらく普通にインターネットを開いていくだけでも、快適さには大きな違いがあるでしょう。

ここから「遅い」と感じる人は少なくないはずです。

 

しかし、最高速度のほうは大した問題ではありません。

93Mbpsでも140Mbpsでも、できることの範囲はそうそう変わらないからです。

逆に言えば、「混雑時に遅いこと」さえ我慢できれば、IIJmioのeSIMはじゅうぶん満足できるでしょう。

IIJmioのeSIMは、遅いけれど安い? プランを紹介

eSIM

(引用:IIJmio

というように、IIJmioのeSIMは常に遅いわけではありません。

「その程度なら、使ってもいいかな」と思った人も多いでしょう。

そう感じた人のために、IIJmioのeSIMにおける新プラン「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」(4/1提供開始)を紹介しておきます。

結論から言うと、格安SIM業界の中でもかなり目立つ、魅力的なプランです。

 

<IIJmio eSIM(データ通信専用)の月額料金>

データ通信量2GB4GB8GB15GB20GB
価格440円660円1,100円1,430円1,650円

(税込価格)

 

あくまでもできるのはデータ通信だけで、電話機能が使えないことには注意しましょう。

しかし、それを差し引いてもかなり安いことがわかります。

20GBを1,650円で利用できるのは、ものすごく魅力的だと言えるでしょう。

 

ちなみに20GBというデータ通信量は、三大キャリアの5Gプランよりもはるかに安い金額です。

たとえばdocomoのahamoであれば、月額2,728円もかかります。

つまり、月額1,000円以上安いわけですね。

 

通信速度がやや遅いとはいえ、月額1,000円安いのは無視できません。

データ通信SIMで安さを追求するなら、IIJmioのeSIMはじゅうぶん選択肢に入ってくるでしょう。

IIJmioと、eSIMを利用するメリットとは?

eSIMプラン

(引用:IIJmio

実際、IIJmioには、少し通信速度が遅いことを受け入れてでも、利用すべきメリットがあります。

もし以下のようなメリットが気になるなら、IIJmioのeSIMへ乗り換えることを検討してみてもよいでしょう。

さらにデータ容量超過後もバースト転送(ページを読み込む瞬間だけ高速で通信する技術)を採用しているので、ブラウジングにおけるストレスは大きく軽減されています。

プランがシンプルで、とてもわかりやすい

プランがシンプルでわかりやすいのは、格安SIM業者全体に共通したメリットです。

もちろん、IIJmioのeSIMも例外ではありません。

データ通信量ごとに5択なので、ややこしいことは何もないはずです。

eSIMだから、手続きはカンタン

IIJmioのeSIMは、オンラインで利用手続きを完了できます。

つまりショップへ行く、郵送で何かを受け取るといった手続きが必要ありません。

こういったスピード感も、eSIMのメリットだと言えるでしょう。

PC・タブレットでも使える

IIJmioのeSIMは、PC・タブレットでも利用できます。

当然ながら、Wi-Fiやデザリングといった機能も必要はありません。

サービつ適用範囲内であれば、どこでもネットに接続できます。

IIJmioはこちら->

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ:IIJmioのeSIMが遅いとは限らない

(引用:IIJmio

IIJmioのeSIMは、決して「いつでも遅い」わけではありません。

回線が混雑していない場合であれば、それなりに快適な速度を確保できます。

 

唯一問題となるのは、回線が混雑している場合です。

回線混雑時は、その他格安SIM業者よりも通信速度が落ちてしまう部分はあります。

その他格安SIM業者と比較して、「IIJmiioのeSIMは遅い」と感じてしまう人も多いでしょう。

 

しかし、それ以上にさまざまなメリットを持っているのが、IIJmioのeSIMに秘められた魅力です。

特に20GBプランでも1,650円というすさまじい安さも見逃せません。

「通信速度は、遅いもので構わない!」と考えるなら、IIJmioのeSIMを検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士