iphone

【激安】中古iPhoneの使い方と、5Gとの相性について

投稿日:

最近では、新品ではなく中古iPhoneを選ぶケースが増えてきました。

中古iPhoneは、新品のiPhoneと比較して相当な安値で購入することが可能です。

それでいて性能が著しく劣るわけでもなく、新品か最新機種にこだわらないのであれば、中古iPhoneでも十分事足ります。

 

本記事では、中古iPhoneの簡単な使い方について詳しく解説します。

中古iPhoneを購入する予定がある人は、ぜひ参考にしてください。

また、導入が目前に迫った5G回線との相性や適合性について解説します。

 

ホームページはこちら↓ 

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

こちらも見てね
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

中古iPhoneの簡単な使い方

設定イメージ

さっそく、中古iPhoneの使い方を解説しましょう。

基本的には。、さほど難しいことではありません。

SIMカードを用意しよう

中古iPhoneは、そのままでは携帯電話として利用できません。

なぜなら、SIMカードが挿さっていないからです。

よって、SIMカードは自前で用意する必要があります。

前に使っていた端末からSIMカードを取り出し、中古iPhoneに移動させましょう。

 

SIMカードの規格は、多くの場合「nano SIM」です。

ただしごくまれに「標準SIM」や「micoro SIM」が使われています。

この場合は、SIMカッターやSIMアダプターで、規格を適合させる作業が必要です。

初期設定を完了しよう

続いて、初期設定を完了しましょう。

といっても、あまり難しいことはありません。

画面の指示にしたがっていけば、勝手に完了できます。

 

個別で設定しなければいけないのは、Wi-Fiの設定くらいです。

Wi-Fiは、「設定→Wi-Fi」と進んで、対応するWi-Fiのパスワードを入力すればOK。

あとは、必要であればメールを設定するくらいでしょう。

APNを設定しよう

最後に、APN設定を実施します。

APN設定とは、簡単に言えば「どのキャリアを経由して、インターネットに接続すること」ですね。

APN設定を実施するには、キャリアごとで用意されている「APN構成プロファイル」というものを、ダウンロードする必要があります。

ネットワークに接続できるようになったら、「利用するキャリア名+APN構成プロファイル」で検索してみましょう。

すぐにAPN構成プロファイルが見つかるはずです。

 

ここまでで、中古iPhoneの初期設定はほぼほぼ完了します。

大部分は画面の指示に従うだけなので、別に難しいことではないのです。

中古iPhoneは、5Gで利用できるのか?

5G

これからの時代、自分の持っているiPhoneが5Gに対応しているか否かは非常に重要です。

結論から言えば、中古であろうともPhone12とそのファミリーであれば、5G回線を利用することが可能です。

ただしそれ以前のナンバリングだと、5G回線に対応していません。

5Gを利用する場合は、iPhone12を探しましょう。

中古iPhoneはどこで手に入れる? 注意点は?

iPhone4種類

中古iPhoneを手に入れる方法は、いくつか存在します。

基本的には、以下のいずれかで入手するのがおすすめです。

おすすめはリサイクルショップなどで手に入れる

もっともおすすめできるのは、リサイクルショップで購入する方法です。

おすすめしている理由は、現物を実際に手に取って確認できるから。

 

中古iPhoneともなると、やはり外部にキズがついていたりする場合もあります。

これを実際にチェックすれば、後々で「大きな傷がついている!」などと後悔することはありません。

 

また、ショップの店員に質問できるのも重要です。

大手リサイクルショップであれば、ショップ店員はある程度格安SIMやiPhoneについて知識を持っています。

何か問題があれば、彼らに確認すればたいていのことは答えてくれるはずです。

中古iPhoneやiPadの購入はこちら>
iPhoneやiPadの買取はこちら>

フリマアプリで購入する

もう一つは、フリマアプリで購入する方法。

これなら、自宅から一歩も出ずに中古iPhoneを入手できます。

似たようなものでヤフオク!などのネットオークションであれば、とんでもない安値で競り落とせるケースもあるでしょう。

 

ただしフリマアプリでは、現物を確認できないのが痛いところです。

中には損傷や欠陥をひた隠しにしてくる出品者もいるので、十分注意しましょう。

中古iPhoneを購入するうえでの注意点

注意

中古iPhoneを購入する場合、新品を購入するケースとはまた違った注意点があります。

特に以下のような点だけは注意しておきましょう。

赤ロムだけには気をつけよう

中古iPhoneを購入するなら、とにかく赤ロムだけには注意しましょう。

赤ロムとは、一言で言えば「ネットワーク接続が何らかの原因で制限されている機能」です。

 

具体的には、

  • 盗難されたiPhoneである
  • 拾得された(あとで横流しされた)
  • 前の持ち主が料金をきちんと支払っていない

 

といった事情があると、赤ロムになってしまいます。

要するに「ワケありのiPhone」というわけです。

つまり、iPhoneを購入する場合、赤ロムか否かチェックしなければいけません。

 

ちなみにiPhoneには、一台一台にIMEIというシリアルナンバーのようなものが与えられています。

入手を予定しているIMEIを確かめて、販売元のキャリアに確認すれば、それが赤ロムか否か照合してもらえます。

SIMロックは解除されているのか?

また、SIMロックが解除されているかどうかも確認しておきましょう。

SIMロックが解除されていない場合、自分で解除することになるかもしれません。

また、解除する際に手数料がかかるケースもあるので、注意しましょう。

ホームページはこちら↓ 

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

こちらも見てね
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

まとめ:中古iPhoneは、SIMカードさえあれば大丈夫

iPhoneとコーヒー

中古iPhoneを使う方法は、決して難しくありません。

ものすごく簡単に言えば、SIMカードを差し込み、そして多少の初期設定を実行すれば普通に使えます。

 

ただし、とにかく赤ロムなどをつかまないように注意しましょう。

できれば、赤ロム保証などがついている場所で中古iPhoneをチョイスしたいところです。

 

中古iPhoneと5Gの適合性は、「いつのiPhoneか」によります。

12であれば、5G回線を利用可能です。

それ以前になると5G回線には適合しないので、この点には注意しましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.