iphone

iPhoneが安くなる時期っていつ?できるだけリーズナブルに購入しよう

新しいiPhoneを機種変更・新規契約するなら、できるだけリーズナブルに購入したいところです。

実はiPhoneには、毎年4回ほど「安くなる時期」が訪れます。

安くなる時期を狙ってiPhoneを機種変更・新規契約すると、費用をグッとおさえることが可能です。

本記事では、「iPhoneが安くなる時期」について詳しく解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneが安くなる時期っていつ?

カレンダー

iPhoneが安くなる時期としては、大きく分けて4パターン挙げられます。

 

  • 新しいiPhoneがリリースされたとき(ひとつ前のナンバリングは安くなる)
  • 新しいiPhoneが発売された、1,2ヶ月経ってから
  • 毎年1月
  • 毎年3,4月

 

iPhoneを安く購入するなら、上記のようなタイミングがおすすめ。

なぜ上記が安くなる時期になるのか、それぞれ解説します。

 

新しいiPhoneが発売された、1,2ヶ月経ってから

新しいiPhoneが発売された直後は、価格はもっとも高い水準になります。

しかし、新しいiPhoneが発売されて1,2ヶ月経過したタイミングは、安くなる時期だと言えるでしょう。

 

キャリアや格安SIM業者は、新発売1,2ヶ月ほど経つと、iPhoneが安くなるようなキャンペーンを実施する傾向があります。

単純に本体価格を値引きすることもあれば、特典や下取り価格改定といった、間接的な手法を取ることも。

こういった取り組みにうまく乗っかることで、新しいiPhoneを手に入れることが可能です。

毎年9月ごろ、新しいiPhoneがリリースされたとき、ひとつ前のナンバリングは安くなる

新しいiPhoneがリリースされたタイミングは、ひとつ前のiPhoneが安くなる時期です。

たとえばiPhone13が発売されたとき、iPhone12は安くなります。

ひとつ前のiPhoneは「型落ち」になるので、安くなるのは当然ですよね。

ただし、ひとつ前のiPhoneが販売終了するといった可能性もあるので、注意してください。

毎年1月(初売り・新春セール)

毎年1月は、iPhoneが安くなる時期となります。

なぜなら各ショップで、顧客獲得・乗り換え防止をねらった初売り・新春セールなどが開催されるからです。

毎年各社が競うように値下げするので、ユーザーはそれに乗っかって、安くiPhoneを入手できます。

ただし、年によってはあまりピンとこないセールになることもあります。

ある程度当たり外れがあることは、念頭に置いておきましょう。

毎年3,4月(新学期の時期)

毎年3,4月も、iPhoneが安くなる時期としてあげられるでしょう。

なぜなら、新学期に向けた各種キャンペーンなどが始まるからです。

特に学生や新社会人をターゲットとした取り組みが目立ちます。

iPhoneが安くなる時期に、安くなる方法で購入する方法とは?

iPhone裏

上記の「iPhoneが安くなる時期」をねらって機種変更・新規契約すれば、iPhoneをリーズナブルに購入できます。

さらに、iPhoneが安くなる方法で購入すれば、もっと出費をおさえることが可能です。

  • オンラインショップを利用する
  • 格安SIM業者を利用する

オンラインショップを利用する

安い時期にiPhoneを購入するなら、基本的にはオンラインショップを利用しましょう。

なぜならオンラインショップというだけで、さらにiPhoneにかかる費用が割引されたりするからです。

たとえば2021年10月の段階で、SoftBankでは、オンラインショップ限定で端末料金が最大で21,600円割引になる「WEB割」を実施したりしています。

もちろん各社も、このようなオンラインショップ限定でのメリットを用意しています。

 

さらに事務手数料が無料になったり、実店舗へ行かなくても契約できたりと、とにかくよいことだらけです。

安い時期にiPhoneを購入すなら、オンラインショップはチェックしておきましょう。

「今は安い時期ではないし、すぐには購入できない」という人も、いるかもしれません。

しかしオンラインショップであれば、安い時期ではなくとも、かなり安い値段でiPhoneを購入できます。

格安SIM業者を利用する

iPhoneが安くなる時期に購入しても、長い目で見てオトクだとは限りません。

本当に大切なのは「これからいくら維持費がかかるのか」ということです。

その点を踏まえれば、やはり三大キャリアではなく格安SIM業者の利用がおすすめ。

格安SIM業者なら、上手にやりくりすれば月額料金2,000円程度で利用することも可能です。

中古のiPhoneは?

iPhoneを安く購入したいと考えたとき、「中古のiPhone」が頭に浮かぶ人も多いはずです。

もちろん、中古のiPhoneを購入するとう方法も、なくはないでしょう。

ただし中古のiPhoneを購入するのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、最近は新品のiPhoneを、キャリアで安く購入できるからです。

たとえば非常に優秀な端末である「iPhoneSE第二世代」が40,000円台で購入できるなど、全体的にリーズナブルになっています。

今のところ、中古のiPhoneを積極的に探す必要はないでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

sale

iPhoneには、毎年「安くなる時期」が訪れます。

  • 新しいiPhoneがリリースされたとき(ひとつ前のナンバリングは安くなる)
  • 新しいiPhoneが発売された、1,2ヶ月経ってから
  • 毎年1月(初売り・新春セール)
  • 毎年3,4月(新学期セール)

といった時期を狙えば、新規契約・機種変更を安く済ませられるでしょう。

さらに格安SIMやオンラインショップを活用すれば、もっと費用はおさえられえます。

 

特にオンラインショップを利用するのは、とても大切なこと。

オンラインショップでは、特別なキャンペーンや割引、あるいはプレゼント企画がしょっちゅう行われます。

こういったものをじょうずに利用すれば、たとえiPhoneが安い時期ではなくても、ある程度安く購入することが可能です。

iPhoneの新規契約・機種変更を考えているなら、オンラインショップは一度チェックしておきましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士