au docomo softbank

5G高速通信の本命「ミリ波対応」のスマホ、スペック、価格比較

日本でも、5Gにしたスマホもだいぶ出揃ってきており、各キャリアのアンテナも広がつつあります。

しかし、「ミリ波」という周波数には非対応の端末が多く、実際の5Gはまだまだという声も少なくありません。

真の「高速通信」「低遅延」「多数同時接続」が可能になるとされるミリ波に対応したスマホのスペックや価格を比較していきたいと思います。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

ミリ波とは?

5Gロゴ

「ミリ波」って何?という人もいると思います。

まずは、「ミリ波」について説明をしていきますね。

5Gは、ふたつの周波数帯が使われており、ひとつがsub6(サブシックス)、もうひとつがミリ波です。

それぞれの周波数が、sub6が3.6Ghs~6Ghz、ミリ波が30Ghz~300Ghzとなっており、単純にいえば、数値が大きいほうが速度が出るため、sub6でも下記の図のとおり、現状の4GL(LTE)に比べると高速ですが、よく言われているような2時間の映画を数秒でダウンロード可能という速さになると、5Gミリ波のことを差しています。

日本では、まずsub6の周波数帯のアンテナ設置を進めているため、対応端末もiPhone 12(日本版)をはじめ、ほとんどの5G対応スマホがsub6のみ対応端末となっています。

ミリ波 sub6

 

日本においてミリ波の普及が少ない理由

素人考えでは、sub6よりミリ波のほうが高速なら、最初からミリ波のアンテナ設置を進めればよいのではないかと思う人も少なくないと思います。

これには、ミリ波の弱点が大きく関与しています。

ミリ波は、上記の通り高速通信が可能ですが、1つのアンテナでも電波を広がる範囲が狭く、遮断させる物にも極めて弱い特徴があります。

そのため、日本の都市部のようなマンションが密集しているようなところでは、ミリ波はアンテナを設置しても届きづらいと考えられています。

現に、iPhone 12も日本版はsub6のみ対応ですが、アメリカなど海外版はミリ波にも対応しています。

アメリカのような広大な土地がある国では、例えばイベント会場、スタジアムなどにミリ波アンテナを設置したら、そのエリアは高速通信ができるなど有意義にまだ使えるためです。

日本でも、ドコモはsub6とミリ波を統合させた、「瞬速5G」アンテナを2020年12月頃から設置を始めており、他キャリアもsub6が使えるエリアでミリ波も使えるよう、4Gアンテナを変換させるなどで進めていく予定です。

駿速5Gのように、通常はsub6で、例えば、駅やイベント会場、更には自動運転の車載など一部分ミリ波が使われるようになるのが日本の5G近未来の形になるでしょう。

 

ミリ波に対応したスマホ

ミリ波に対応したスマホは、Galaxyシリーズを中心に増えてきていますが、主にビジネスユースが使うようなハイエンドモデルを中心に各メーカー、各キャリアから販売させています。

ここでは、おすすめの5Gミリ波対応スマホのスペック、販売元、価格をみてみましょう。

arrows 5G F-51A

引用:NTTドコモ

 arrows 5G F-51A
ディスプレイ6.7インチ
有機EL Quad HD+
サイズ/重量約164(H)×約76(W)×約7.7(D)mm
171g
画面解像度3120×1440
CPUSnapdragon 865 SDM 865
メモリ8GB
ストレージ128GB
メインカメラ3眼(広角:4800万画素/超広角:1630万画素/望遠:800万画素)
インカメラ3200万画素
耐水・防水IPX5/IPX8
バッテリー4070mAh
セキュリティ認証指紋認証
おサイフケータイあり
カラーバリエーションネイビーブラック
チタニウムシルバー
(計2色)
販売キャリアNTTドコモ
  • 世界最薄の7.7mmの薄さを実現
  • ロック解除まで約1秒のスムーズにスマホ操作が可能。キャッシュレス決済にも便利
  • 6.7インチの大画面有機ELディスプレイ
  • Adobe Auto tone搭載で、初心者でもプロ並みの高画質撮影が可能
  • どの画面からでも片手でお気に入りのアプリを起動できる「スライドインランチャー」、画像上の文字もコピーできる「なぞってコピー」といった独自機能を搭載

arrows 5G F-51A 販売元・価格

「F-51A」という名称が付いていることからも分かる通り、arrows 5G F-51AはNTTドコモからのみ販売しています。

ドコモオンラインショップでのarrows 5G F-51A価格は、「3,278×36回 (118,008円)」となっています。

※事務手数料無料、24時間365日手続きが可能なドコモオンラインショップでの購入がおすすめです。

※スマホおかえしプログラム(2年で端末を返却)適用で、 3,278円×24回 (78,672円)

※他社からの機種変更の場合、22,000円割引(5GWELCOME割)

※キャンペーンは終了している場合もあります。詳しくは公式HPで確認してください。

Xperia Pro

引用:ソニーストア

 Xperia Pro
ディスプレイ6.5インチ
有機EL
サイズ/重量約171(H)×約75(W)×約10.4(D)mm
225g
画像解像度3840x1644
CPUSnapdragon 865 5G
メモリ12GB
ストレージ
512GB
メインカメラ3眼:標準(約1,220万画素)、超広角(約1,220万画素)、望遠(約1,220万画素)
インカメラ
約800万画素
認証セキュリティ指紋認証
耐水・防水IPX5/IPX8
バッテリー4,000mAh
セキュリティ認証指紋
おサイフケータイあり
カラーバリエーションブラック
販売キャリア
SIMフリーのみ
  • HDMIマイクロ端子(タイプD)搭載で、カメラの外部モニターとしても使える
  • 一眼レフカメラαとHDMI接続して、リアルタイムにライブ配信が可能
  • 必要なアプリをワンプッシュで起動
  • メモリ12GB、ストレージ512GBの大容量
  • 格安SIMなど自由にSIMを選べる格安SIMモデル

Xperia Pro 販売元・価格

Xperia Proは、キャリアでの販売は現状ではなく、ソニーストアAmazonなどで購入可能なSIMフリーモデルとなっています。

価格は、ソニーストアで249,800円 ※Amazonでも同価格となっています。

Galaxy S21 Ultra

引用:NTTドコモ

 Galaxy S21 Ultra
ディスプレイ6.8インチ
有機EL Quad HD+/Dynamic AMOLED
サイズ/重量約165(H)×約76(W)×約8.9(D)mm
228g
画面解像度3220×1440
CPUSnapdragon 888
メモリ12GB
ストレージ256GB
メインカメラ3眼(広角:1億800万画素/超広角:1200万画素/望遠:1000万画素)
インカメラ4000万画素
耐水・防水IPX5/IPX8
バッテリー5000mAh
セキュリティ認証顔・指紋認証
おサイフケータイあり
カラーバリエーションファントムブラック
ファントムシルバー
(計2色)
販売キャリアNTTドコモ
  • 1億画素超えのハイスペックカメラ搭載
  • 滑らかに動く120Hzの6.8インチディスプレイ
  • 8Kビデオ撮影可能
  • Galaxy史上最速プロセッサ搭載、大容量メモリでハイスペックゲームもサクサク
  • Sペンに対応しており、「てがき手帳」も使用できる

Galaxy S21 Ultra 販売元・価格

Galaxy S21 Ultraは、「Galaxy S21 Ultra SC-52B」としてNTTドコモから販売されています。

ドコモオンラインショップでのGalaxy S21 Ultra SC-52B価格は、「2,772×36回 (99,792円)」となっています。

※事務手数料無料、24時間365日手続きが可能なドコモオンラインショップでの購入がおすすめです。

※スマホおかえしプログラム(2年で端末を返却)適用で、 2,772円×24回 (66,528円)

※他社からの機種変更の場合、22,000円割引(5GWELCOME割)

※キャンペーンは終了している場合もあります。詳しくは公式HPで確認してください。

Rakuten BIGs

 

 

引用:楽天モバイル

 Rakuten BIGs
ディスプレイ6.4インチ
有機EL AMOLED
サイズ/重量約160(H)×約79(W)×約9(D)mm
204g
画面解像度2340×1080
CPUSnapdragon 765G 5G mobile platform
メモリ6GB
ストレージ128GB
メインカメラ3眼(広角:4800万画素/超広角:800万画素/望遠:800万画素)
インカメラ1600万画素
耐水・防水IPX7 / IP6X
バッテリー3900mAh
セキュリティ認証顔・指紋認証
おサイフケータイあり
カラーバリエーションブラック
ホワイト
クリムゾンレッド
(計2色)
販売キャリア楽天モバイル
  • 2倍の光学ズーム搭載のAIカメラ
  • IPX7の高い防水性能
  • ミリ波対応スマホが実質50,000円以下(キャンペーン利用)
  • 大画面で収納性も良いサイズ感
  • 楽天モバイルオリジナル端末

Rakuten BIGs 販売元・価格

Rakuten BIGsは、楽天モバイルオリジナル端末のため、楽天モバイルのみでの販売になります。

Rakuten BIGsの価格は、2,124円/月 ×24回(50,800円)のところ、キャンペーンで5,000楽天モバイル還元のため、実質45,800円となっています。

分割払いは楽天カード限定で1,062円/月×48回もあります。

※キャンペーンは終了している場合もあります。詳しくは公式HPで確認してください。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は、「ミリ波に対応したスマホ、スペック、価格比較」についてお送りしました。
花木
まだまだ日本ではミリ波を使用できるエリアは少ないけど、超高速通信体験はしてみたいですよね。
ミリ波が進めば、自動運転、遠隔医療など社会の姿が変わっていくだろうから、今のうちに先取りしておきましょう!
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank
-

© 2021 スマホ戦士