au docomo softbank

スマートフォンとも相性抜群!スマートスピーカーでおすすめは?

最近では、スマートフォンでも音声による操作が一般的になってきました。

その走りはsiriですが、各スマートフォンでもオリジナルの音声認識機能を搭載し、使いやすさを追求しています。

また、スマートスピーカーの誕生によって、さらに利便性が向上しています。

では、最新のスマートスピーカではどのような事ができるのでしょうか?

この記事では、スマートスピーカーでできることや、おすすめの機種を紹介します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカー

まずはじめに、スマートスピーカーとはどのようなものであるのかについて解説します。

スマートスピーカーとは、インターネットと接続して人の音声を認識し、AIが質問やお願いに応えて暮らしをサポートするワイヤレススピーカーのことを指します。

音楽を再生してくれたり、調べ物をしてくれたり、予定を聞くことができるなど、生活のさまざまなシーンでサポートしてくれます。

スピーカーとしての発話や音楽再生などを行えるだけでなく、マイクを内蔵しており音声認識による入力デバイスとして機能するのが特徴です。

これによって、従来はパソコンやスマートフォンなどの端末から行っていたキーやタッチによる入力操作について、音声で補完することが可能となります。

スピーカーというネーミングなので、家庭内音声の収音装置であることが隠されることによって、意図のあるネーミングがスマートスピーカーである点に注意が必要となります。

スピーカーは、Wi-FiやBluetoothといった無線通信を経由して接続可能です。

自然言語処理された音声認識結果について、ディープラーニングで応答の最適解を常に機械学習していて、そのときの最適解をタスクの実行や発話で入力を行ったスピーカーから応答しています。

歴史を紐解くと、2014年にAmazonがAmazon Echoを発売したのを皮切りに、続々と各メーカーからスマートスピーカーが発表されています。

スマートスピーカーでできること

スマートスピーカー

スマートスピーカーでは、様々な操作などを行えるのが魅力的です。

具体的にできることとして、以下のような点があります。

BGMを流すことができる

スマートスピーカーは、スピーカー本来の機能である音楽再生も行えます。

ただの再生ではなく、Amazon EchoであればPrime Music、Google HomeならGoogle Play Musicなどのサブスク系音楽配信サービスの楽曲を再生できる点が魅力的です。

聞きたい曲の再生を依頼すれば、いつでも再生してくれます。

天気予報などを教えてくれる

スマートスピーカーならではの機能として、天気予想などを尋ねると教えてくれる機能があります。

話しかけた内容をデータとして起こし、そのデータをインターネット検索してその結果を出力す形となります。

「明日の天気は?」などと話しかけるだけで、天気予想を知ることができるのはとても便利です。

同様の機能としては、今日のニュースを聞くなども可能です。

照明や家電を操作する

最近では、家や家電自体がインターネットに接続することが可能なスマートホームやIoT対応のアイテムが増えています。

スマートスピーカーでは、対応のスマート家電を接続すれば照明や家電を音声で起動したり操作するハブとして使用できるのです。

例えば、帰宅時に「ライトを付けて」や「エアコンを付けて」などと話しかけるだけで、操作ができます。

一部家電では別途リモコンを購入しなければならないケースもありますが、決して高いものではありません。

また、複数の操作を組み合わせて一括で操作できるのも便利です。

スケジュールを確認できる

最近では、手帳ではなくスマートフォンでスケジュール管理されている方が増えています。

スマートフォンで管理しているスケジュールは、スマートスピーカーで確認することも可能です。

「今日の予定は?」などと尋ねると、登録しているスケジュールを読み上げてくれるので便利です。

おすすめのスマートスピーカー

では、ここからは具体的におすすめしたいスマートスピーカーを紹介します。

モニター付きで使いやすい!Google Nest Hub

Google Nest Hub GA00516-JP

引用:Google

Google Nest Hubは、スマートスピーカーとしての機能だけでなく、液晶モニターを内蔵している機種となります。

液晶モニターでは、例えばYou Tubeなどの動画再生も可能です。

他にも、時計代わりとしても使用できますよ。

Google Nest Hub では Netflix が利用できるようになって、更に便利になりました。

Googleで検索した情報を表示できて、例えば料理のレシピを見ながら料理することも可能です。

スタイリッシュなデザインである点も評価できます。

音質の良さは魅力的!Apple HomePod mini

HomePod mini ホワイト MY5H2J/A

引用:Apple

長らく合うマートスピーカーを製造していなかったAppleが満を持して発売したのがHomePodです。

その小型版という位置づけで、HomePod miniが誕生しました。

家電の操作という点では若干他のスマートスピーカーに劣るものの、Appleのアイテムらしく音質の良さが魅力的です。

また、独特のボール状のデザインも秀逸ですね。

iPhoneをHomePod miniに近づけるだけで、好みに合わせたリスニング提案が自動的にiPhoneの画面に表示されるなど、iPhoneとの相性も抜群です。

プライバシーの確保がしっかりしている点も評価できます。

重低音にこだわる!Amazon Echo 第4世代

Echo (エコー) 第4世代

引用:Amazon

Amazon Echoは、スマートスピーカーの魁として有名な存在です。

数えて第4世代まで進化しており、よりスタイリッシュで使いやすいスピーカーになっています。

マイクの電源を切ることができるマイク オンオフ ボタンを用意していたりと、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しているので安全です。

独自システムのAlexaに対応した家電も多く、スキルを登録すれば様々な操作を可能とします。

低電力モードを兼ね備えいて、エコなスマートスピーカーでもあります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

スマートスピーカーを使いこなそう!

スマートスピーカーは、エントリーモデルであれば数千円程度で購入することができます。

また、モニター付きの機種を購入すれば、様々なシーンで活用できます。

スマートスピーカーを使いこなして、日々の生活を楽しみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank
-

© 2021 スマホ戦士