iphone

iphoneの画面割れは自分で修理できるのか?

iPhoneを使っている人なら、かなりの方が経験するであろう「画面割れ」という故障。

画面が割れたときは、ショックを覚えつつも「自力で修理できないか?」という考えが浮かぶ人もいるでしょう。

今回は、iPhoneの画面割れを自分で修理することについて、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの画面割れを自分で修理するのはかなりむずかしい

iPhoneとソファ

理屈の上ではiPhoneの画面割れを自分で修理することは可能です。

要するに代わりのパーツと工具さえあれば、何とかなるでしょう。

ただしiPhoneの画面割れを自分で修理するのは、決して簡単なことではありません。

その理由としては、以下2つが挙げられます。

作業工程が複雑すぎる

iPhoneの画面割れを自分で修理するのがむずかしいと言えるのは、とにかく作業工程が複雑すぎるからです。

iPhoneの画面部分は、バッテリー交換などと異なり、そもそも分解して辿り着くのがたいへん。

さらに細かいネジの付け外しやケーブルの接続なども絡んでくるので、かなり時間がかかります。

そして作業が複雑なせいで、他の部品を損傷させるリスクもあります。

工具を揃えなければいけない

iPhoneの画面割れを自分で修理するなら、いろんな工具が必要です。

最低限必要な部分でも、

  • プラスドライバー
  • マイクロドライバー
  • トルクスドライバー
  • 綿棒
  • 吸盤
  • 取替用の液晶パネル
  • エアダスター

あたりは用意しなければいけません。

まずドライバーが3種類あるという時点で準備がたいへんです。

 

これだけの工具を揃えるだけでも、少し時間がかかります。

もちろん費用もかかるので、自分で修理しても結局そこそこの修理費がかかってしまいます。

iPhoneの画面割れを自分で修理するのはデメリットが多い

iPhoneとスパナ

iPhoneの画面割れを自分で修理することには、さまざまなデメリットがあります。

特に以下のような点は、とにかく修理するうえで心配になるポイントです。

  • 二次故障のリスクが高い
  • かならず修理できるわけではない
  • 電源がつかなくなる可能性

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

二次故障のリスクが高い

iPhoneの画面割れを自分で修理する場合、まず二次故障のリスクが常につきまといます。

つまり「画面割れを直す作業の中で、他の部品を故障させる」ということですね。

 

先ほども触れたとおりiPhoneの画面割れを修理させる工程はかなり複雑です。

画面割れを修理する中で、かならず他の重要な部品に触らなくてはいけません。

 

その時に重要な部品だとは知らず乱雑に扱うと、故障が起こってしまうわけです。

そもそもiPhoneの内部にある部品は、壊れやすくて繊細なもの。

どれだけ注意していても、うっかり故障させる可能性があります。

かならず修理できるわけではない

iPhoneの画面割れを自分で修理しようと思っても、かならず修理できるわけではありません。

まず修理を始めたとしても、人によっては途中で挫折する可能性があります。

そして「分解の逆手順を覚えておらず、元に戻せなくなる」というパターンにハマるわけですね。

電源がつかなくなる可能性

さらに恐ろしいのは、iPhoneの画面割れを自分で修理した結果、電源がつかなくなるという失敗。

iPhoneの画面割れを直すには、複雑な工程を正しい手順でこなす必要があります。

正しい手順でこなす、というとカンタンに聞こえますが、これが意外とむずかしいもの。

 

自分では正しいと思っていた手順が、実は間違えている可能性も大いにあります。

そして手順が間違っていると、修理を完了して電源を入れようとしたら、何も反応しないと言うわけですね。

 

もちろんもう一度分解して、再度iPhoneを組み上げれば、電源がつく場合もあります。

しかし分解を何度もやるのはたいへんです。

さらに「どこが間違っているのか」を特定するのにも、それなりの時間がかかるでしょう。

【補足】iPhoneの画面割れを放置するのは危険

iPhoneの画面割れを自分で修理するのはかなりたいへんな作業です。

そしてiPhoneの画面割れを修理に出すのも、修理代金のことを考えればためらわれます。

よってiPhoneの画面割れを放置して、使い続けている人も多いでしょう。

 

しかしiPhoneの画面割れを放置するのは、たいへん危険なこと。

まず画面割れが起こっているなら、小さな破片が散っていると言うことです。

それが口や目の中に入ってしまえば、大怪我になるかもしれません。

 

また浸水に弱くなるのも、心配なところです。

万が一画面割れしたiPhoneが浸水した場合、ヒビの部分から水が流れ込んでいきます。

すると、通常よりも早い段階で水が基盤などに達してしまい、再起不能になるほどの故障を引き起こすかも。

と言うよりも最悪の場合、ショートしてしまいます。

 

こういった背景を考えれば、iPhoneの画面割れは放置するわけには行きません。

できるだけ早い段階で、画面割れを解決するしかないでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの画面れは修理に出すしかない

りんご

iPhoneの画面割れを自分で修理するのは、カンタンではありません。

手間や難易度のことを考えると、素直に修理に出すしかないでしょう。

修理に出せば、費用はかかりますが、とりあえずカンペキな状態で手元に戻ってきます。

 

修理代の負担が気になる人は、「iPhoneをできるだけお得に買い換える」という方法がおすすめです。

修理代があまりにも高いのなら、むしろ新しいiPhoneを購入したほうがコスパ的にはよいケースも多々あります。

 

また、少しでもお得になるよう、できるだけオンラインショップで購入するようにしましょう。

オンラインショップで購入すれば、オンライン限定割引や、事務手数料の免除などの特典を受けられます。

またプラン料金が永続的に割引になる強烈なキャンペーンが実施しているかもしれません。

 

そして画面割れしたiPhoneはできるだけ下取りに出したほうがよいでしょう。

下取りに出すことで新しいiPhoneの購入費用を捻出することが可能です。

もちろん画面割れしていても下取りしてもらうことは可能なので、安心してください。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士