iphone

iPhoneは自分でバッテリー交換できる?素直に修理か買い替え?

iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは、いずれ寿命を迎えます。

寿命が近づくうちに最大の充電容量が減っていき、次第にまったく電池が持たなくなっているわけです。

そうすると「iPhoneのバッテリーくらいなら、自分で交換できないだろうか?」と考える人も多いでしょう。

たしかにiPhoneのバッテリーを自分で交換できたなら、交換費用を浮かせられます。

今回はiPhoneを自力で交換するケースについて解説するので参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの場合自分でバッテリー交換するのはやめたほうがよい

バッテリー

結論から言うと、iPhoneの場合自分でバッテリー交換するのはやめたほうがよいでしょう。

やってできないことはないのですが、バッテリー交換を自分でやる際はいろんなリスクがつきまといます。

どのようなリスクがついて回るのか解説するので、参考にしてください。

そもそも交換するのがそれなりむずかしい

まず、iPhoneのバッテリー交換はそれなりにむずかしいという問題があります。

自分でバッテリー交換するには、まず工具と新しいバッテリーを取り揃えなければいけません。

 

バッテリーのほうはすぐに調達できるとして、問題は工具です。

iPhoneのバッテリーを交換するには、複数のドライバーやエアダスター、状況次第ではヘラやドライヤーも必要となります。

これだけの工具を揃えるのが、そもそもたいへんです。

 

そしてバッテリー交換という作業も、少しむずかしい部分があります。

バッテリーを交換するとなると、iPhoneの裏面から分解しなければいけません。

さらに邪魔な部品をいったん取り除き、いろんなケーブルやコードを一旦取り外します。

そしてバッテリーを交換し、元通りに部品やケーブル、そしてコードをつながなければいけません。

 

文章にするとカンタンに見えるかもしれませんが、あくまでも精密機械なので取り扱いはたいへんです。

少し知識がある人なら、自力で交換できるかもしれません。

しかし機械に弱い人には、ちょっとハードルが高すぎる作業です。

バッテリー交換が違法になる可能性もある

ほとんどの人は知りませんが、iPhoneのバッテリー交換を自分でやるのは違法になる可能性があります。

iPhoneが合法的に使えるのは、法律的なハードルをクリアして「技術基準適合証明マーク」が付与されているからです。

しかしiPhoneを自分でバッテリー交換すると、改造とみなされ、「技術基準」に一致しなくなります。

その状態で「技術基準適合証明マーク」が表示している端末を使うのは、厳密に言うと電波法違反だと言うわけです。

他の部品を傷つける可能性がある

もっと怖いのは、iPhoneのバッテリーを交換する中で他の部品を傷つける可能性がある、ということ。

 

iPhoneのバッテリーを自分で交換する場合、いろんな部品を触ることになります。

それらの部品は、センサーやチップなど、たいへん重要な部分です。

 

つまりバッテリー交換に夢中だと、こういった重要な部品を無自覚に傷つける可能性があります。

その結果バッテリーの劣化よりもさらに重大な故障を、自分自身で引き起こすことも。

元通りにiPhoneが起動するは限らない

iPhoneのバッテリーを自分で交換しても、元通りにiPhoneが起動するとは限りません。

なぜならiPhoneのバッテリーを交換して、正確に部品を組み直すというのは、それなりむずかしい作業だからです。

また修理中に他の部品を紛失・故障させていて、iPhoneが起動しないというケースもあるでしょう。

とにかくiPhoneを分解するというのは、かなりリスクの高い作業です。

元通りにできる絶対の自信がなければ、iPhoneを分解してバッテリー交換するのはやめておきましょう。

iPhoneを自分でバッテリー交換・非正規店で修理すると正規店の修理が受けられない

iPhoneを自分でバッテリー交換・非正規店で修理した場合、Apple正規店での修理が受けられなくなります。

つまりもっと重大な故障が起こった場合、正規店に修理を断られるわけですね。

それを踏まえたうえで、どのように修理するか検討するのが大切です。

iPhoneのバッテリー交換時期が来たら自分で修理するよりも買い換えたほうがよい

iPhone左

iPhoneのバッテリー交換時期が来たら、基本的にはiPhone自体を買い換えるのがよいでしょう。

一応バッテリーを正規修理店で交換することは可能です。

バッテリーを交換すれば、おそらく新品同然の充電環境が整います。

 

ただしバッテリーの寿命がきたというのは、iPhoneを買い換えるタイミングでもあります。

もうすでに生産から3〜4年は経っているのではないでしょうか?

 

3〜4年遅れると、さすがにiPhoneが古すぎて使いづらい部分もあります。

よってバッテリーではなう、iPhoneそのものを交換するのがよいでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのバッテリー交換を自分でやるのは厳しい

iPhone12 プロ

iPhoneのバッテリー交換を自分でやるのは、少し厳しいでしょう。

やはりiPhoneの裏面を開けて分解するのは、かなりたいへんな作業です。

よほど技術に自信がない限り、iPhoneのバッテリー交換を自分でやるのはおすすめできません。

 

基本的にiPhoneのバッテリー交換時期が来たら、素直に買い換えるのがよいでしょう。

バッテリー交換時期が来たということは、そのiPhone自体もかなり古くなっているはずです。

その点も含めれば、iPhoneを買い換えるよい機械でしょう。

 

ただし最近のiPhoneは、かなり高価になっています。

特に最新のiPhone13であれば、下手すれば150,000円くらいかかることも。

 

少しでも費用をおさえられるように、オンラインショップでiPhoneを購入するのがよいでしょう。

オンラインショップなら、オンライン限定のプラン料金割引や、キャッシュバックが受けられる可能性があります。

タイミングにもよりますが、2万〜3万円くらい安く買える可能性もあります。

ぜひ一度オンラインショップで、安くて新しいiPhoneを購入できないかチェックしてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士