iphone

iPhone補償徹底比較~そもそも補償は入るべき?

投稿日:

ガラケー時代では、すぐにトイレにインしてしまったりして水濡れでアウトなんてことがよくありました。

しかし、iPhoneも防水仕様になっていて故障は少なくなった気がしている人が多いのではないでしょうか。

iPhoneは今や端末料金が10万円以上する高価なモノ!万が一の時のためにも補償は入った方が良いのでしょうか?

ここでは、iPhoneの補償サービスについて各社比較していきます。

花木
自動車保険、生命保険などいろんな保険サービスあるけど、スマホ保険(補償サービス)って必要なのかなぁ。
iPhoneも10万円を超える端末も多いし、補償があると安心かもね
お客様

スマホ戦士編集長
iPhoneの補償サービスが各社から出ています。少しずつ利用条件が異なりますから、各社の比較を見てみましょう。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


楽天モバイル公式ページ
UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ

こちらも見てね
【2020年】格安SIM20社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM20社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

iPhoneの故障率は25%?

アメリカのモバイル関連サービス企業、Blanccoが公表した調査結果によると、iPhoneの故障率は25%!

Androidの44%(なんと半数近く!)に比べると、iPhoneの25%は少ない気もします。

iPhoneは、OSから端末までApple社が単独で行っているので、OSと端末とでメーカーが違うAndroidに比べて不具合が出づらいのです。

では、iPhoneでは補償は要らない?

いやいや、1/4、4人に1人は故障してしまう確率ということですよ!今のスマホの使い方を考えて、無くてはならないものになっている人が多くないですか?

そう考えると、万が一のために

結論としては、やはりiPhoneも補償は入っておいた方が良い!」

となります。

スマホの故障原因は?

冒頭でも書いた通り、ガラケー時代では水没が故障原因で多かったイメージですが、スマホ時代の今、スマホの故障原因は主に何が多いのでしょうか?

上記の表のとおり、フロントパネル(液晶画面)のヒビ割れだったり、タッチしても反応しない(悪い)などのフロントパネル関連が全体の約36%、電源が入らないなど内部基板の故障が約33%とともに全体のと1/3以上を占めているのです。

フロントパネルは毎日触らざるを得ないところですし、内部の基板はスマホは精密機器ということが改めて分かりますよね。

つまり、iPhoneの故障はいくら大事に丁寧に使っていたとしても致し方ない場合も多い!

iPhoneでも補償は入ったことが良いことが分かったところで各社の補償サービスを比較してみましょう。

iPhone補償サービス各社比較

iPhoneの補償サービスには、

  • Apple社の補償サービス(AppleCare+)
  • 各キャリアの補償サービス(docomo、au、Softbank)
  • 保険会社などのスマホ保険

などがあります。

各キャリア(docomo、au、Softbank)でiPhoneを契約している場合は、端末代金の支払いが残って場合も多く、修理料金を抑える(もしくは無料にする)ためにも、自身の契約キャリアの補償サービスに入ることがベターといえます。(どのキャリアもApple社のAppleCare込みになります。)

また、支払い期間、保証期間が過ぎた後や、格安SIMを使っている場合は、Apple社のAppleCare+に直接入るか、正直AppleCare+は高額なので、補償内容は少ないものの安価で保険にかけられる保険会社のスマホ保険を検討すべきでしょう。

※各社補償サービス料金比較(iPhone7以降)

 AppleCare+docomoauSoftbank
加入期限30日以内購入日含め14日以内購入と同時購入と同時
料金24,624円
(2年分一括払い)
※月割りにすると950円/月
648円~810円/月
※機種により異なる
764円~1,285円/月
※機種により異なる
896円~1,252円/月
※機種により異なる
補償期間2年間無制限2年間無制限
補償範囲画面割れ、水没、全損画面割れ、水没、盗難画面割れ、水没、全損画面割れ、水没、全損
免責金画面割れ:3,400円
その他損傷:11,800円
iPhone 6以前:8,100円
iPhone 6s以降:11,880円
自然故障:0円
画面割れ:3,400円
その他損傷:11,800円
画面割れ:3,400円
その他損傷:11,800円
バッテリー交換無料
(容量が80%以下の場合)
×無料
(容量が80%以下の場合)
×
(バッテリー性能テストにて問題が認められた場合のみ無料)
利用上限2年2回1年2回2年2回2年間で2回づつ

Apple:AppleCare+

引用:Apple

AppleCare+は、大元のApple社が提供している補償サービスです。

2年間分一括払いのため、初期負担が多いのはネックではあるものの、iPhone契約後30日以内なら補償サービスに入れる点も魅力です。

補償範囲や免責金などは各キャリアの補償サービスとほぼ同じなので、料金を考えても、格安SIMを使っている人におすすめです。

NTTドコモ:ータイ補償サービス for iPhone & iPad

引用:NTTドコモ

ドコモの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」は、AppleCare+などが2年間で2回なのに対して、ドコモは1年に2回(2年ですと4回)修理対応が可能なので、よく故障しがちな人には安心です。

端末が故障や盗難等で使うことができないときは、修理代金のサポートに加え、代替機を届けてくれるところもポイント!

加入条件が購入後14日以内と、端末購入時以外も保険に入ることができるのも嬉しい点です。

au:AppleCare+ &au端末サポート

引用:au

auのiPhone補償サービスは、上記のAppleが提供しているAppleCare+に付帯して独自のau端末サポートを組み合わせたものです。

そのため、バッテリー交換や利用頻度などはAppleCare+と同等で、AppleCare+の2年間の補償終了後も、合計4年間に渡ってスマホの補償が受けられます。

 

 

Softbank:あんしん保証パック with AppleCare Services

引用:Softbank

ソフトバンクのスマホ補償は、au同様AppleCare+のサービスにソフトバンクの補償が追加されたものです。

補償範囲や金額はAppleCare+と変わりませんが、補償を利用した場合はTポイントがもらえるため、お得に修理を受けることができます。

保険会社のスマホ保険という選択肢も

商品名モバイル補償モバイル保険JustInCaseビック月額スマホ保証
月額料金400円~700円400円~428円~758円
(販売価格により)
登録端末数1台3台1台1台
年間最大補償額10万円10万円設定された支払上限額まで修理・新品交換 無期限保証
利用上限3回/年~10万円までなら無制限支払上限額までなら無制限修理・新品交換 無期限保証

Apple社や各キャリア以外のiPhone補償サービスは、主なものとして

  • 年間補償額は10万円と高くはないものの、月額400円~など比較的安価な補償サービス(モバイル補償、モバイル保険、JustInCaseなど)
  • スマホ購入店でそのまま補償サービスも入れるところ(ビックカメラ補償サービス)

があります。やはり、キャリアの補償サービスやAppleCare+に比べると、上限が低かったりなど、比べてしまうと物足りなさは感じます。

やはり、格安SIMユーザー向きと言えますね。

iPhone補償徹底比較~そもそも補償は入るべき? まとめ

スマホ戦士編集長
「iPhone補償徹底比較~そもそも補償は入るべき?」についてお送りしました。
花木
月々数百円だし、やはり安心はあったほうが良いかもね。

スマホ戦士編集長
補償サービスに入っていないで数万円も修理費を払いことを考えたらね。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


楽天モバイル公式ページ
UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ

こちらも見てね
【2020年】格安SIM20社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM20社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.