iphone

iPhoneの「非正規修理」ってなに?使っちゃダメだけど!

iPhoneが故障したとき、真っ先に修理を考えるでしょう。

基本的にiPhoneは、Appleが管轄する正規修理店で修理するべきです。

ただ、最近では非正規のiPhone修理サービスが登場しました。

 

本記事を読んでいるなら、

  • iPhoneを非正規で修理するかどうか考えている
  • そもそもiPhoneの非正規修理って何?

という疑問を持っているでしょう。

本記事では、

 

  • iPhoneの非正規修理と正規店の違い
  • iPhoneを非正規店で修理すべきでない理由
  • でも、正規店も場合によってはおすすめしない理由

について、詳しく解説します。

iPhoneをどのように修理するか考えている人は、ぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの非正規修理とは?正規店との違いは?

iPhoneとスパナ

iPhoneの非正規修理と正規店修理の違いは、大きく分けて2つあります。

  • Appleが認めているか?
  • 純正パーツを支給されているか?

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

Appleが認めているか?

Appleは、いろんな企業に「iPhoneの修理を受け付けてくれ」とお願い敷いています。

そのお願いを聞いて修理を請け負っているのが「正規店」。

お願いされてもないのに、勝手にiPhoneの修理をビジネスにしているのが「非正規店」です。

純正パーツを支給されているか

Appleが認めたiPhoneの修理正規店は、Appleから「純正パーツ」を支給されています。

つまり「交換が必要ならウチの純正パーツ使ってね」というわけです。

 

iPhoneの非正規修理店は、当然Appleから純正パーツを支給されていません。

したがってiPhoneの非正規修理店にiPhoneを持ち込むと、どこから来たかよくわからないパーツで修理されることがあります。

【補足】正規店でのiPhone修理も、それはそれで微妙

では正規店でのiPhone修理がよいか、というと、それはそれで微妙です。

iPhoneの非正規修理と違って、料金が高いケースが多いからです。

たとえばiPhone13Proの修理代金は、保証外なら「70,980円」もかかります。

もちろん故障箇所にもよりますが、これだけの金額がかかるなら、もう乗り換えるか、機種変更したほうがよいと言えるでしょう。

iPhoneを非正規店で修理するデメリット

修理具

本記事では、iPhoneを非正規店で修理することをおすすめしません。

なぜなら、

 

  • もう正規店の修理は受けられない
  • 修理のクオリティに違いがある
  • 普通に価格が高い
  • AppleCareは使われない
  • 下取りができなくなる

 

といったデメリットがあるからです。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

①もう正規店の修理は受けられない

まず、iPhoneを非正規店で修理すると、ほぼ確実に今後は正規店では修理できなくなります。

なぜなら正規店は、「非正規で修理したiPhoneは対応しない」からです。

 

iPhoneを分解して修理すると、ほぼ確実に「非正規で修理した証拠」が残ります。

たとえば純正でないパーツが入っていたら、一発でわかりますよね。

そうなると、「非正規で修理している」ことが、正規店にバレてしまいます。

 

正規店はいろんな方法で、iPhoneが非正規修理されていないかチェックするので、まず見逃してもらえません。

iPhoneを非正規修理したら、もう正規店修理には戻れないと考えましょう。

②修理のクオリティに違いがある

iPhoneの非正規・正規修理では、クオリティに違いがあります。

正規店修理なら、まず間違いなくカンペキに修理されるでしょう。

しかしiPhoneの非正規修理に、正規店と同じような修理ができるかは微妙です。

経験の浅い非正規店なら、むしろ状態を悪くして返ってくることもあります。

③普通に価格が高い

iPhoneの非正規修理は、一般的に「安い」と言われています。

しかし非正規店修理も、最近はさほど安くありません。

と言うよりも「ぼったくり」するケースが多く、たかがパーツ1個交換するだけで、とんでもない額を請求されることもあるのです。

④AppleCareは無関係になる

iPhoneには、「AppleCare」という保証制度があります。

AppleCareは、iPhoneが故障したとき、その修理代を安くしてくれる制度です。

しかしiPhoneを非正規修理する場合、AppleCareは適用されるはずもありません。

なにせ、「非正規は使わないでね」というルールがあるのに非正規修理して、保険だけは使うなんてことは不可能です。

AppleCareが適用されなかったがあため、むしろ非正規店での修理代金のほうが高くつくこともあります。

⑤下取りができなくなる

新しいiPhoneを購入するときは、古いiPhoneを「下取り」してもらうのが基本です。

しかし非正規でiPhoneを修理すると、多くの場合下取りできなくなります。

なぜなら三大キャリアにしろAppleの下取りサービスにしろ、やはり「非正規で修理したiPhoneの下取り」をお断りしているからです。

誰かがいじくり倒したiPhoneを下取りするわけにはいかないですよね。

下取りできないと、次のiPhoneの機種代を丸々払うことになるので、大きな痛手となります。

 

ちなみに下取りは、iPhoneの非正規修理は認めていない一方、「故障しているiPhone」は対象にしています。

多少の故障なら、下取りしてもらうことが可能です。

非正規店でiPhoneを修理するくらいなら、そのまま下取りにしてしまったほうがよいでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

関連記事:iPhoneの下取り、故障してたらできない? 画面割れはセーフ?

まとめ:iPhoneを非正規はNG

修理点検

たしかにiPhoneの非正規修理は、安くて便利なのかもしれません。

しかしその代償に、二度とApple正規店で修理できなくなったり、下取りできなくなったりと、マズいデメリットがついて回ります。

この代償は、非常に大きなものでしょう。

 

ただ、iPhoneの正規店での修理ならなんでもOKかと言われれば、そう言うわけでもありません。

なぜならiPhoneの正規店修理は、故障の形によってはものすごく高いからです。

それなら素直に新しいiPhoneを購入したほうがよいでしょう。

 

ちなみにオンラインショップには、故障したiPhoneの下取り価格基準や新しいキャンペーン情報が記載されています。

まずはオンラインショップをチェックして、いくらで下取りできるのかチェックするのがおすすめです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士