docomo

ドコモにキャリア変更しよう!7つの変更理由は品質や安さなど

投稿日:

今や誰もが持っているスマホ(スマートフォン)、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルといった基地局を自ら設置しているキャリアだけでなく、格安SIMやキャリアのサブブランドなど多くの事業者が展開をしているなかで、NTTドコモが約37.1%のシェア、数にして約8,000万の契約数を誇っています。

確かにはじめて携帯電話を持った時からずっとドコモでそのままという人もいるでしょうが、これだけ、電話番号を変えずに自由に事業者を変えられるMNPがあり、よりスマホ代が安くなるとされる格安SIMも多くの企業が参入しているのに、なぜNTTドコモのシェアはここまで大きいのでしょうか。

そこで、今回はNTTドコモにキャリア変更すべき7つの理由について述べていきたいと思います。

ドコモオンラインショップはこちら↓

ドコモにキャリア変更するべき7つの理由

docomoロゴ

引用:NTTドコモ

NTTドコモにキャリア変更すべき理由はどんなことが挙げられるのでしょうか?

  • 回線品質が安定している
  • スマホ端末が安く手に入る
  • dポイントが貯まる/使える
  • dカードゴールドにするとよりお得
  • 意外に?高くはない
  • 長く使えば使うほどお得
  • ドコモオンラインショップが便利

以上、7点の理由について詳しくみていきましょう。

回線品質が安定している

いくら安くとも、いざ使いたいときになかなか繋がらないようであれば意味がないですよね。

口コミでも、ドコモの回線品質は、格安SIMだけでなく、他キャリアと比べてもとても評判が良く、どこでも安定した通信環境を維持しているといえます。

スマホ端末が安く手に入る

以前は、どこのキャリアも、ドコモでいう「月々サポート」のような、2年契約をする代わりに、スマホ端末が実質半額程度にまでなる大幅割引制度がありましたが、今はそれがなくなったため、どこでもスマホ端末は基本定価販売。10万円を超える高額端末ももう珍しくなくなっています。

ドコモでは、そんな端末をより安く入手することができるキャンペーンや制度が充実しており、よくお得な価格でスマホ端末を手に入れることができるのです。

5G WELCOM割

引用:ドコモオンラインショップ

5G対応機種をご購入で、機種代金を5,500円(税込)~22,000円(税込)割引されます。

(例)iPhone12シリーズ(iPhone12、iPhone12mini、iPhone12Pro、iPhone12Pro MAX)、他社からドコモに機種変更の場合=22,000円割引。※iPhone12 101,376円が79,367円に割引。

スマホおかえしプログラム

引用:NTTドコモ

スマホおかえしプログラムは、スマホ端末を36回払い(3年払い)にして、最大24回払いが済んだ時にスマホを返却することで、残りの残債を支払わないで良い(実質割引になる)というものです。

つまり、スマホを購入するというよりは、レンタルするようなもので、2年ごとに新しい最新機種に変えたいような人におすすめの制度です。

(例)iPhone12mini(64GB)の場合、購入価格87,912円(月額2,442円×36回)→スマホおかえしプログラム適用で58,608円になります。

つまり、他社からドコモに機種変更で、5GWELCOM割、スマホおかえしプログラム適用で、36,608円にまで割引可能!

dポイントが貯まる/使える

引用:dポイント

ドコモユーザーでなくとも、貯める/使うことができるdポイントですが、ドコモユーザーならドコモの利用料でも貯まる/使えるため、例えば新しいスマホ端末を買うときに、まとめて貯めたdポイントを使うなんてことをすれば実質タダのような料金になることも。

dポイントは貯まる/使えるお店も増えており、ドコモの利用料やドコモオンラインショップをはじめとしたドコモサービス(dデリバリー、dヒッツなど)だけでなく、

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • マクドナルド
  • すき家
  • モスバーカー
  • かっぱ寿司
  • コスモ石油
  • EDION
  • Joshin

などなど日ごろ使っているお店も多くあるのではないでしょうか。さらにスマホ決済の「d払い」と組み合わせればポイントをダブル獲りも可能。dポイントがザクザク貯まりあっという間に10,000dポイント(10,000円相当)くらいは貯めるという声も多いです。

 

dカードゴールドにするとよりお得

引用:dカードGOLD

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード」、無料のdカードはドコモユーザーだったら必ずお得なので作るべきですが、年間費10,000円かかるdカードGOLDにしても損はないのです。

dカードGOLDには大きく3つのお得ポイントがあります。

  • 毎月の料金の約10%分のdポイントが貰える
    ドコモのスマホ利用料だけでなく、ドコモ光(ネット回線)でも、1,000円(税抜)につき100dポイントが貯まります。
    つまり、月にスマホ代+ネット代合わせて10,000円を超えていたら、これだけでdカードGOLDの年間費が相殺されてしまうのです。
    ヘビーユーザーだったり、家族でドコモにしている人など多くの人が月に10,000円前後払っていませんか?その場合、これだけでもdカードGOLDを持つ意味があります。
  • 携帯補償等の各種補償が付帯している
    「購入後3年間最大10万円まで補償」「年間300万円まで盗難や破損などの損害時も補償」「特殊なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の90日前から損害を補償」
    とスマホ補償が充実。安心してスマホライフが過ごせるのです。
  • さまざまな利用特典がある
    全国28の国内空港ラウンジが利用無料・最大1億円の海外旅行保険が付帯(家族も対象として、最大1億円まで補償)、国内の旅行傷害保険 最大5,000万円、航空便遅延費用特約 最大2万円、家族カード1枚目、ETCカードが無料、dカード GOLD年間ご利用額特典(利用額に応じてクーポンをプレゼント)、VJデスク(旅のサポート)、海外緊急サービス、海外レンタカー 割引優待、dカード GOLD会員様専用サポートデスク、ドコモサービス(dファッション、dデリバリー、dトラベルなど)のクーポン付与などさまざまな利用特典を受けることができます。

意外に?高くはない

ドコモをはじめとしたキャリアのスマホ料金は「高い」というイメージが付いている人も多いでしょう。(某モバイルのCMの影響もありますが)

では、実際のドコモ料金と、同じNTTグループの格安SIM「OCNモバイルone」の料金を比較してしましょう。

※月に5GB消費する平均的なユーザーにて料金シミュレーション
NTTドコモ(ギガライト)=月額2,980円
OCNモバイルone(6GB)=月額1,980円
mine(dプラン6GB)=月額2,280円
となっており、やはり「ドコモ高いじゃん!」と思うかもしれませんが、上記にあるようなキャンペーンやdカード特典などを考えると、そこまで大きな料金差はなく、使い方次第ではむしろドコモのほうがお得になる場合は少なくありません。

長く使えば使うほどお得

引用:NTTドコモ

ドコモをはじめとしたキャリアは長く使い続けても恩恵がない!なんてよくネットでは言われていますが、ドコモには長期利用者特典があるのです。

ドコモは継続期間もしくはdポイント獲得数でステージが用意されており、

  • 【プラチナステージ】15年以上継続利用 もしくは 6か月間累計10,000ポイント以上獲得
  • 【4thステージ】10年以上継続利用 もしくは 6か月間累計3,000ポイント以上獲得
  • 【3rdステージ】8年以上継続利用 もしくは 6か月間累計1,800ポイント以上獲得
  • 【2ndステージ】4年以上継続利用 もしくは 6か月間累計600ポイント以上獲得
  • 【1thステージ】4年未満 もしくは 6か月間累計600ポイント未満

となっています。つまり、長くドコモユーザーでプラチナステージになっていると、実質3,000円分のdポイントが年に1回付与されます。

このポイントは、「スマートフォンなどのドコモ商品の購入」「dマーケット」「dポイント加盟店」「d払い」などに利用可能です。

ドコモオンラインショップが便利

引用:ドコモオンラインショップ

ドコモの公式オンラインショップである「ドコモオンラインショップ」は使い勝手が抜群です。

  • 待ち時間ゼロで24時間いつでも申し込み、変更等が可能
  • 事務契約手数料が無料
  • 頭金無料
  • 送料無料
  • 未使用・未開封で8日以内なら返品可能
  • dポイントが使える/貯まる
  • 限定カラーもある

など魅力が満載です。無駄に時間を使ってキャリアショップで契約するより、断然便利です。

ドコモオンラインショップはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「ドコモにキャリア変更するべき7つの理由」についてお送りました。
花木
特に海外旅行によく行く人は特典満載で良いなと思いました。
月々の料金だけでなく、キャンペーンや特典など幅広いお得度を見比べたいですね。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.