格安SIM

【使い放題(無制限)】格安SIMおすすめデータ容量プラン比較

「動画を観る」「音楽をストリーミングで聴く」「ネットで調べ物をする」「スマホゲームで遊ぶ」などなどスマホで行う多くのコンテンツはインターネット経由で行うため、データの消費が必要になります。

月々〇GBと契約しているデータ容量の上限を超えてしまうと、低速になってしまい思ったような速さでスマホを使えなくなってしまいます。

各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)では、それぞれデータ使い放題サービスを展開していますが、どうしてもスマホ代が高額になってしまうのがネック。

ところが格安SIMでも、データ使い放題サービスがあるのです!ただ、多くの格安SIMが最大1.5Mbps、最大1Mbpsと、通常(最大37.5Mbps~75Mbps)に比べると低速ですが、例えば、YouTubeでも低画質にすれば普通に動きますし、LINEやTwitterなどの送受信などは問題なく使えるレベルなので、よほどデータ消費をするようなスマホゲーム、動画をよく見る人以外では、格安SIMのデータ使い放題(カウントフリー)サービスも注目だと思いますよ。

ここでは、格安SIMのデータ使い放題サービスについて各社のサービスを比較していきます。

エンタメフリー
【使い放題】格安SIMエンタメ・SNSカウントフリーサービス比較

『データ使い放題』『通話し放題』などデータ、通話に関するものが多いですが、格安SIMにはSNS、YouTubeなど使い放題(カウントフリー)が展開されています。
ここでは、格安SIMのいろいろな使い放題(カウントフリー)について紹介していきます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

格安SIMデータ容量使い放題(データ無制限)プラン

基本料金がキャリアと比べると安い格安SIMでも、データ使い放題(データ無制限)プランは存在しますが、ほとんどが契約データ容量上限後に、ある程度速度を抑えてのデータ使い放題となるものです。

万一、契約データ容量を超過してしまったときでも、最低限の速度は出るので保険として加入しておくと安心ですよね。

また、その前にデータ消費をより節約する術も覚えて、効率的にスマホを活用できるようにしましょう。

詳しくはこちら!

データ節約方法
スマホ代を節約するには?データ通信量を節約する8つの方法

現在、スマホ代に使われている平均料金は6,401円といわれています。(ソニー生命調べ) 少しでもスマホ代を安くしたいと考えている人は多いので ...

mineo:パケット放題 Plus

mineo:パケット放題 Plus

引用:mineo

 

mineoのデータ使い放題は、最大1.5Mbpsと速度の制限はあるものの、10GB以上の契約データプランの場合、無料で付けることができる(要申し込み)プランとなっています。

例えば、10GBプランの場合、mineoの月額料金プラン1,958円のみで、無制限プランも利用できるということになり、そこまで高速通信にはこだわらず、安くデータ無制限を利用したい人におすすめですね。

【料金】※10GBプラン、20GBプラン(A・D・S全プラン)=無料、1GBプラン、5GBプラン(A・D・S全プラン)=月額385円

2021年8月31日までの申し込みで、パケット放題 Plus3か月無料キャンペーン中。

ワイモバイル:シンプルM・シンプルL

引用:ワイモバイル

 

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルでは、契約データ容量の上限まで達したあとでも、最大1Gbpsで通信可能になるプランが存在しています。(申し込みは不要、ワイモバイルとの契約で付帯してきます。)

ワイモバイルでは、通話の24時間通話し放題(月額1,870円)もありますし、できるかぎり価格を抑えてスマホをフルに使いたい人におすすめですね。

【料金】シンプルM15GB 3,278円、シンプルL25GB 4,128円で契約データ容量の上限後も最大1Gbps(家族割、キャンペーン等で他料金もあり)

※シンプルS(3GB 2,178円)の場合、上限後は最大300Kbps

UQモバイル:くりこしプランM・くりこしプランL

引用:UQモバイル

 

auのサブブランドUQモバイルも、ライバル?のソフトバンクのワイモバイル同様、契約データ容量の上限まで達したあとでも、最大1Gbps(節約モード)で通信可能になるプランが存在しています。(申し込みは不要、UQモバイルとの契約で付帯してきます。)

ベストバイ・オブ・ザ・イヤー受賞やお客様満足度も88%と高評価のUQモバイルは、auのサブブランドだけあって高品質を保ち続けているのが評価のポイントとなっています

【料金】くりこしプランM15GB 2,728円、くりこしプランL25GB 3,828円で契約データ容量の上限後も最大1Gbps(節約モード)(でんきセット割、キャンペーン等で他料金もあり)

※くりこしプランS(3GB 1,628円)の場合、上限後は最大300Kbps

スマホドッグモバイル  ※データ通信のみ(通話不可)

スマホドッグモバイル ロゴ

 

引用:スマホドッグモバイル

 

ドコモ回線で格安SIMを運営しているスマホドッグモバイルは、通話プランのないデータ通信専用プランで、最大700kbpsの速度でデータ使い放題(無制限プラン)となります。プランは1プランのみで、月額5,368円です。

ただし、直近3日間で10GBを超えるデータ消費の場合、速度制限がかかります。(よほどのことでもない限り、3日で10GBはなかなか越えませんが)

【料金】月額5,368円の基本料金プランで、最大700kbpsの速度でデータ使い放題(無制限プラン)

ピクセラモバイル  ※データ通信のみ(通話不可)

ピクセラモバイル ロゴ

引用:ピクセラモバイル

 

ドコモ回線で格安SIMを運営しているピクセラモバイルは、通話プランのないデータ通信専用プランで、最大262.5Mbpsの速度でデータ使い放題(無制限プラン)となります。プランは1プランのみで、月額2,138円です。(LTE通信端末(スマホなど)同時申し込みの場合、月額1598円)

ただし、直近3日間で3GB以上の利用で速度制限がかかります。(3GBを超過した日の翌日午前1時からの24時間で、最大速度が200kbps)

1日集中してスマホを使うようなスタイルではない限り、一般的な使い方ではなかなか1日1GBを消費することはないので、最大262.5Mbpsの速度でもストレスを感じない人にはおすすめです。

【料金】月額2,138円の基本料金プランで、最大262.5Mbpsの速度でデータ使い放題(無制限プラン)

キャリアのデータ使い放題(データ無制限)プランは?

楽天モバイル

 

速度もしっかり出て、安定した品質でのデータ使い放題(データ無制限)プランがやはり良い場合は、少々値が高くなってもキャリアのデータ使い放題(データ無制限)プランがおすすめです。

【各キャリア データ使い放題(データ無制限)プラン】

  • NTTドコモ  5Gギガホプレミア 月額7,315円 ※5G端末契約者のみ (家族割、光回線セット割など各種割引料金プランあり)
  • au  使い放題MAX 月額7,238円(家族割、光回線セット割など各種割引料金プランあり)
  • ソフトバンク メリハリ無制限 月額7,238円(家族割、光回線セット割など各種割引料金プランあり)
  • 楽天モバイル Rakuten UN-LimitⅥ 月額3,278円
各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「【使い放題(無制限)】格安SIMおすすめデータ容量プラン比較」についてお送りしました。
花木
SNS中心の人とかは、そこまで速度が出なくとも問題ないから格安SIMのデータ使い放題安いし良いかも!
上手に特徴を把握しておけば、快適にスマホライフを送れるね。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士