iphone

iPhone SE(第2世代)はいつまで使える?iOSや修理サポート終了時期から徹底解説

2020年4月に発売されたコンパクトモデルiPhone SE(第2世代)。

Touch ID搭載ということで人気が高いですが、2022年にiPhone SE(第3世代)が発売されたこともあり、「いつまで使えるのか?」「そろそろ機種変更すべき?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではiOSや修理サポート終了時期からiPhone SE(第2世代)がいつまで使えるのかを検証していきます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone SE(第2世代)は2025年または2026年頃まで使える可能性大

iPhone SE(第2世代)
引用 : Apple

iOSアップデートと修理サポートの終了時期から考えると、iPhone SE(第2世代)は2025年または2026年頃までは使える可能性が高いです。

ただし、場合によってはもう少し長く使える可能性もあります。

では、なぜiPhone SE(第2世代)が2025年または2026年頃まで使える可能性が高いのか、その理由詳しくみていきましょう。

iOSのサポートが2025年で終了する可能性が高い

iOSは、定期的に行われるバージョンアップごとに、サポート対象外のモデルが出てきます。

iOSのサポート期間は、基本的に機種発売から5年、あるいは6年と考えて良いでしょう。

ちなみに、2022年9月に公開されたiOS16では、2017年モデルiPhone7シリーズがサポート対象外となりました。

このため、順当に行けば2020年モデルiPhone11は2025年のiOS19でサポート対象外となる可能性が高いです。

iOSのアップデートが出来なくなると、セキュリティ面のリスクが高まるほか、動作や対応アプリで問題が生じるケースが多くなります。

このため、iOSのサポート面から考えると、iPhone SE(第2世代)は2025年、もしくは2026年頃まで使える可能性が高いです。

ただし、最近ではiOSのサポート年数が延長される傾向にあるため、iPhone SE(第2世代)は2025年あるいは2026年以降も利用できる可能性もあります。

修理サポートが2027年に終了する可能性が高い

Apple製品は、販売終了から5年が経過すると「ビンテージ品」という扱いになり、Appleや認定サービスプロバイダでの終了ができなくなります。

iPhone SE(第2世代)は、2022年3月に販売終了したため、2027年3月頃に「ビンテージ品」として修理不可能になる可能性が高いです。

このため、修理サポートの面から考えると、iPhone SE(第2世代)は2026年頃までは安心して利用できるといえそうです。

スマホ戦士編集長
続いてiPhone SE(第2世代)のスペックや仕様などから、いつまで使えるか考えてみましょう。

iPhone SE(第2世代)はスペック的にまだ使えるか?

スマホを操作する女性

iPhone SE(第2世代)のスペック面をみると、プロセッサはiPhone11シリーズと同じA13 Bionicなので、まだ余裕をもって利用できそうです。

しかし、RAM容量が3GBと少ないので、ゲームや負荷のかかるアプリ、マルチタスクではかなり厳しいかもしれません。

実際に、TwitterでiPhone SE(第2世代)ユーザーの声を拾ってみると、ゲームをするには「限界」「厳しい」という人が多かったです。

一方、SNSなど軽いアプリを中心に利用している方からは「余裕で使える」という声が聞かれました。

このため、iPhone SE(第2世代)はネットやSNSを中心に利用するなら問題なし、ゲームなどは厳しいといえそうです。

また、iPhone SE(第2世代)は記事を執筆している2022年10月段階で発売から2年半を迎えています。

このため、「バッテリーが限界」「バッテリーがもたなくなってきた」という声も多く聞かれました。

特に、iPhone SE(第2世代)はバッテリー容量が小さいため、バッテリーが劣化してきた場合は、早めに交換しておいた方が良いかもしれません。

また、バッテリー持ちが悪い程度なら問題ありませんが、突然電源が落ちるようになったら要注意です。

参考までに、Apple Storeや正規サービスプロバイダーでiPhone SE(第2世代)のバッテリーを交換する場合の費用は9,800円です。

これに対して、通常の修理業者に依頼した場合ばあいの費用は、6,000円〜8,000円程度となるようです。

スマホ戦士編集長
iPhone SE(第2世代)を使い続けるなら、できるだけ早くバッテリー交換しておいた方が良さそうですね。
各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone SE(第2世代)がいつまで使えるのか、iOSや修理サポート終了時期から解説してきました。

iPhone SE(第2世代)は、iOSサポートや修理の面ではまだ長く使えそうですが、RAM容量が少ないため、ゲーム用途などではスペック的にそろそろ厳しいと言えそうです。

最後にもう一度要点をまとめてみましょう。

  • iPhone SE(第2世代)は2025年頃または2026年頃まで、場合によってはもう少し長く使える可能性が高い
  • スペック面から考えると、iPhone SE(第2世代)は通常用途で問題ないがゲームなどは厳しい
  • iPhone SE(第2世代)を使い続けるなら早めにバッテリー交換をした方が良さそう
スマホ戦士編集長
以上、iPhone SE(第2世代)ユーザーの方は参考にしてください。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士