iphone

iPhoneの音が聞こえないのはなぜ? 自力修理できる?

  • iPhoneの音が聞こえない
  • スピーカー・イヤホンモードどちらかで無音になる

iPhoneを利用していると上記のトラブルがしょっちゅう起こります。

今まさに音が出ずに困っている人もいるはずです。

本記事では音が聞こえないときに考えられるほぼすべての対処法を7つ紹介するので、一つひとつ試していきましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの音が聞こえないときの対処法7選

スピーカー

7つの対処法は、以下のとおりです。

  1. 音量とマナーモードを確認してみる
  2. おやすみモードに入っていないかチェックしてみる
  3. Bluetoothと接続していないか確認してみる
  4. スピーカーが目詰まりしていないか確認する
  5. iPhoneを再起動する
  6. iOSをアップデートする
  7. iPhoneをリカバリーする

基本的に1がもっともお手軽、7は一番手間のかかる作業です。

つまり、順番としては1から試していくのがおすすめです。

音量とマナーモードを確認してみる

iPhoneの音が聞こえないとき、まずは音量とマナーモードを確認。

音量レベルが0、あるいはマナーモード中なら解除して終わりです。

そもそも故障していないので、これ以上気にする必要はありません。

おやすみモードに入っていないかチェックしてみる

iPhoneの音が聞こえないときは、「おやすみモード」に入っていないかチェックしてみましょう。

これが有効だと、iPhoneからは音が出ないので、解除してあげればOKです。

「おやすみモードを解除する手順は以下のとおり。

 

  1. 設定を開く
  2. 「集中モード」をタップする
  3. 「おやすみモード」をタップする
  4. 「おやすみモード」のスライダを弾いて灰色に合わせる

Bluetoothと接続していないか確認してみる

iPhoneの音が聞こえないなら、Bluetoothとつながったままかもしれません。

要するにAirPodsか遠隔スピーカーに音を吸われている可能性があります。

Bluetoothを解除する手順は以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップする
  3. Bluetoothのスライダを弾いてオフにする

スピーカーが目詰まりしていないか確認する

iPhoneの音が聞こえないときは、スピーカーが目詰まりしていないか確認してみましょう。

端末本体の下側、穴がいくつも空いている部分がスピーカーです。

ここに何かゴミが詰まっていないか確認してみましょう。

 

目詰まりではなく、iPhoneケースのカバーが穴に重なっていて、音が出ないことも。

なぜそのようなケースが出回っているのか不思議ですが、もしそれを利用しているなら取り外しましょう。

iPhoneを再起動する

ここまでやってもiPhoneの音が聞こえないなら、再起動が必要です。

以下の方法で、電源を入れ直してみましょう。

 

  • iPhone7以前→ロックボタンとホームボタンを同時に押し続ける
  • iPhone X以降→音量ボタンとスリープボタンを同時に押し続ける

 

これで、再起動することが可能です。

iPhoneは、ほとんどの不具合について再起動すれば解決する習性があります。

ここまでやれば基本的に問題は解決されるでしょう。

iOSをアップデートする

iPhoneの音が聞こえないなら、iOSの不具合かもしれません。

これもかなり頻繁に見かけられる問題です。

iOSは残念ながら不具合がつきものですが、最新版にアップデートすれば、だいたい問題は解決されます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 画面下部の「ダウンロードしてインストール」を選択する

 

この手順でiOSを最新版にアップデートできます。

もし「ダウンロードしてインストールする」が表示されていないなら、すでに最新版なので、他の部分に問題があると考えましょう。

iPhoneを初期化する

ここまでやっても音が聞こえないなら、iPhoneの初期化を試してみましょう。

iPhoneの初期化とは、一度データを完全に消去してもう一度設定し直すという作業です。

データをiCloudでのバックアップしてから、iPhoneの初期化を実施してください。

iPhone初期化する方法は以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「転送またはiPhoneをリセット」をタップする

 

これで、いったんはiPhoneを初期化できます。

初期化は、iPhoneの不具合を改善するうえで、ほぼ最後の手段です。

おそらくここまで実施すれば、音声は正常に出力されるでしょう。

どうしてもiPhoneの音が聞こえない場合は修理したほうがよい?

修理

どうしてもiPhoneの音が聞こえない場合は、修理が必要です。

「すごい勢いで落とした」とか、「いったんは水没させた」という経緯があるのではないでしょうか?

 

この場合、おそらくキャリアかAppleの修理サービスを利用することになるでしょう。

ただしここで注意したいのは、iPhoneの修理は高額であること。

特に音が聞こえないなら、「端末そのものを交換する」という対処が取られます。

そうすると30,000円から50,000円の費用がかかるので、むしろ「新しいiPhoneを買った方がよい」というケースも少なくありません。

もしiPhoneの音がどうしても聞こえないなら、素直に買い替えするのがおすすめ。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone13

iPhoneを使用していると、音が聞こえないということがときどき起こります。

基本的には一時的な不具合で、いくつかの解消法を試せばたいていなんとかなるでしょう。

すぐに改善されなくても、iOSアップデートか初期化まで試せば音声は正常に出力されるはずです。

 

ここまでやっても改善しないなら、おそらく水没などの明らかな原因があるでしょう。

この場合は修理が必要なのですが、残念ながら30,000円から50,000円と、決して安くない費用がかかります。

残債の状況などにもよりますが、むしろ新しいiPhoneを購入したほうがよほど合理的です。

 

もしiPhoneを新しく購入するなら、かならずオンラインショップを利用してください。

オンラインというだけで1年間も利用料金が割引されたり、数万円単位で端末価格が値引きされたりします。

ぜひともiPhoneを購入するときは、オンラインショップを利用しましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士