iphone

iPhoneの角が欠けたせいでテンション下がったときの対処法3選

iPhoneを落としてキズつけるというトラブルは、ユーザーにとって延々とつきまとう課題です。

特に犠牲になりやすいのは、iPhoneの角。

iPhoneを角から落として一部分が欠けたという経験がある人は、多いのではないでしょうか?

また、壁やドアなどにぶつけてしまうこともあります。

 

あまりiPhoneの状態を気にしない人なら問題ないですが、神経質な人にとっては、大きくテンションが下がる事態です。

本記事では、

 

  • iPhoneの角が欠けたときの対処法
  • iPhoneの角が「割れた」ときの対処法
  • iPhoneの角を二度とキズつけないための対策

について解説します。

 

iPhoneを完璧な状態で使い続けたい人は、ぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの角が欠けたときの対処法

iPhoneの角っこ

(引用:Apple

iPhoneの角が欠けたとき、考えられる対処法は3つあるでしょう。

本当は修理すべきなのですが、なかなかそうも行きません。

手軽なものも含めて紹介しているので、参考にしてください。

カバーをつける

iPhoneの角が欠けたなら、カバーをつけるという方法が考えられるでしょう。

iPhoneの角なら、カバーを被せればギリギリ隠せます。

 

少なくとも、欠けた角を毎日見させられることはありません。

いちいちテンションも下げずに済むでしょう。

今後の背面割れやサイドフレームの傷なども防げるので、この機会に防御性能を高めておきましょう。

 

ただしカバーを外すと、「iPhoneの角が欠けた現実」へと引き戻されます。

根本的に解決できるわけではないので、ちょっと不満な気持ちは残るかもしれません。

 

また、位置によってはカバーが届かない場合もあるので、注意してください。

全面保護フィルムを使う

もう一つ、全面保護フィルムを使うという方法もあります。

全面保護フィルムとは、簡単に言えばiPhoneの表面を衝撃から保護するための外部製品です。

角よりももう少し表面中央寄りの部分が欠けたのであれば、カバーできるでしょう。

 

本来、全面保護フィルムは、「iPhoneの角(もしくは液晶)が欠けた」というトラブルを未然に防ぐためのものです。

しかし、全面保護フィルムは、色がついているなら「欠けた角を隠す」という目的でも使用できます。

色がついていなくても、軽傷であればうまいこと隠れてくれることも。

 

やり方はカンタンで、全面保護フィルムをペタッと貼るだけ。

よほど派手に欠けていない限り、気にならないレベルで隠せるでしょう。

今後は液晶や別な角も保護されるので、これ以上の被害を防げるのもメリット。

一石二鳥というわけですね。

 

ただし、あまりにも位置が角寄りだと、全面保護フィルムが届かないケースもあります。

ただし全面保護フィルムを切り取ってピンポイントで貼り付ける、といった工夫は可能です。

修理する

iPhoneの角か欠けたとき、もっとも確実な対処法は修理に出すことです。

根本的に角が欠けた問題を解決するには、修理するのがほとんど唯一の方法と言えるでしょう。

 

ただし修理する場合、5,000円から20,000円くらいの費用がかかります。

角が欠けた状態で耐えるか、それとも修理するか、少し慎重に検討する必要があるでしょう。

 

修理に出す方法としては、

  • Apple公式の修理サービスへ依頼する
  • 一般の修理業者に依頼する

という方法があります。

 

基本的には、Apple公式の修理サービスへ依頼するのが確実。

また、Appleの保証が適用されれば、費用もかなりおさえられます。

 

iPhoneの角が欠けたのではなく、割れたときの対処法

割れたiPhone

続いて、iPhoneの角が欠けたのではなく、「はっきりと割れた場合の対処法」について。

この場合も、

 

  • カバーを被せる
  • 全面保護リフむを貼り付ける
  • 修理する

 

という方法が考えられるでしょう。

つまり、iPhoneの角が欠けた場合と違いはありません。

 

ただしiPhoneの角が欠けたのでなく割れたのであれば、修理することをおすすめします。

なぜなら割れた部分を起点として、ヒビが拡大するかもしれないから。

 

乱雑に扱っていると振動でヒビが広がり、背面などへ発展するかもしれません。

もし、もう一度iPhoneを落として、割れている場所から落下したら最悪です。

一度割れてしまったiPhoneの外装は、かなり脆い部分があります。

それを起点として、幅広く蜘蛛の巣(もしくは弾痕)のような、大きなヒビ割れにつながるかもしれません。

 

iPhoneの角が欠けたのではなく「割れた」なら、早い段階で修理に出しましょう。

iPhoneの角が欠けたりしないように、予防する方法とは?

iPhone カバー

もしiPhoneの角が欠けたのがショックなら、ひとまず上記の対応を取りましょう。

それが落ち着いたら、iPhoneの角がそもそも欠けたりしないように、予防する方法を考えます。

もちろん、液晶を保護することも考えておきましょう(むしろ液晶の方が優先順位としては高い)。

 

具体的には、

  • 上述した全面保護フィルム
  • iPhoneのカバーを利用する
  • ガラスコーティングする

 

といった方法が考えられるでしょう。

フィルム、ガラスコーティングであれば、液晶と角が強化されてダメージを受けづらくなります。

 

ただしiPhoneカバーの場合、薄っぺらいものはおすすめでません。

また、カバーをつける場合、落とした場所に「突起」などがあったら無力である点にも注意。

アスファルトのようにちょっとしたデコボコに落とした場合でも、割れるときは割れます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの角が欠けたとしても、あまり慌てなくてもよい

iPhoneの角っこ2

(引用:Apple

iPhoneの角が欠けた場合でも、対処法はいくつかあります。

カバーか全面保護フィルムを利用すれば、ひとまず角が欠けた現実はすっぽり覆い隠せるでしょう。

 

ただし、根本的に角が欠けた部分を補うなら、修理するというのが、ほとんど唯一の方法です。

費用はかかりますが、完璧な状態に戻したいなら修理するしかないでしょう。

 

また、iPhoneの角欠けたというよりも「はっきりと割れた」場合は即刻修理するのがおすすめ。

その部分を起点にしてとんでもないひび割れへ発展することが防がれます。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士