docomo

ディアルSIMって何?スマホ代が節約できる?

投稿日:2020年5月13日 更新日:

最近、話題の「デュアルSIM」。

1台のスマホ端末で2枚のSIMカードを入れられる最新のスマホの多くに搭載されているものです。

海外では、まだ3Gが浸透するまでに時間がかかったため、2Gでも使えるようにデュアルSIMが一般的になったため、海外製のスマホでは多くがデュアルSIM対応になっており、日本でも格安SIMで多くの会社が参入して、さまざまな料金プランが出たことで注目され始めているのです。

このデュアルSIMを便利に使うことでスマホの節約にも役立つとか1?どんな使い方でしょうか?

ここでは、デュアルSIMについて詳しく見ていこうと思います。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

デュアルSMって何?

引用:biglobe mobile

デュアルSIMとは、eSIMとも呼ばれているもので、簡単に言ってしまうと、1台のスマホで2つのSIMカードを入れられる端末のことを言います。

1台の端末で任意にネットワークを切り替えられることができるため、下記のような、他のキャリアや格安SIMの会社のSIMカードを組み合わせて、より効率的にスマホを使うことができるわけです。

節約になる便利なディアルSIMの使い方実例

では、具体的にデュアルSIM端末を使用すると、どんな節約にもつながる便利な使い方が考えられるのでしょうか?

実例を出しながら、自分にとって便利な使い方はあるのか見てみてください。

通話は話し放題のキャリアSIM+データは格安SIMの大容量プラン

現状、通話完全し放題(24時間、時間無制限)のプランを出しているのは、大手キャリア。

ただ、大手キャリアだとデータ通信量が格安SIMより高めになっているため、通話は完全話し放題プランの大手キャリアにして、切り替えてネットサーフィンや動画などデータ消費に関することは格安SIMの大容量プランにすることで、いわば良いところ取りをすることができます。

仕事用とプライベート用を1台のスマホで

今も仕事用とプライベート用でスマホ2台持ちしている人は多いでしょうが、それを1つのスマホで2つの電話番号を持つことができるデュアルSIM端末にすることで、持ち物をスマホ1台減らすことができスマートです。

格安SIM+格安SIMで効率的にデータ容量消費

データ容量の使い方によっては、1社のSIMで超大容量プランで契約するより、2つの会社の5GBプランあたりを2つ契約したほうが料金が安くなる人がいます。

さほど大容量ではないデータ容量プランを2つ契約することで、どれくらい毎月データ容量を消費しているのかの目安も付きやすいです。

国内用+海外用を1台のスマホで使い分ける

海外に行くと、空港やコンビニなどでもその国用のSIMカードが販売(レンタル)されている国が多いです。

このSIMカードを、今使っているスマホ端末でSIMカードをいちいち取り外すことなく、そのまま使うことができます。

SIMカードはものすごく小さいものなので、海外で一度外して紛失してしまったなんて最悪の事態を防げますし、日本に着いたらすぐにそのままスマホを使えます。

デュアルSIMの注意点

とにかく便利な使い方はいくつもあるデュアルSIM。

ただもちろん注意点もあります。しっかりデュアルSIMの注意点も把握した上で使用するか決めると良いでしょう。

まだほとんどが「シングルスタンバイ」

デュアルSIMでも、使い方が3種類に分かれます。

  • シングルスタンバイ…1枚のSIMを使っている時はもう1枚のSIMが使えない(切り替えが必要)※電話は転送機能を使う必要が出てくる
  • デュアルスタンバイ…2枚のSIMカード同時にスタンバイ可能 ※電話はどちらも着信があれば鳴る
  • デュアルアクティブ…2枚ともスタンバイだけでなく、同時に起動されることも可能 ※電話はどちらも着信があれば鳴る

まだほとんどのデュアルSIM端末はシングルスタンバイのため、仕事用とプライベート用での使い分けのような場合、電話番号を転送される必要が出てきます。

au回線を使ったSIMには注意

デュアルSIM端末のほとんどが、現状は4G SIMと3G SIMを入れる形なのですが、ほとんどの機種ではauの「CDMA2000」という通信方式には対応できない端末のため、au SIMやau回線を使用した格安SIM(mineoやBIGLOBEなどのAプラン)の場合、使えない場合が多いので気を付けましょう。

microSDカードが使えない場合も

これも端末によりですが、SIMカードスロットとmicroSDカードスロットを兼用しているモデルが多いです。

そのため、2枚のSIMカードを入れると、microSDカードを入れることができず使用できないものもあります。

おすすめのデュアルSIM端末スマホ

iPhone 11

引用:Apple iPhone 11

最新スマホでデュアルSIMにしたい人に最適な1台です。

広角と超広角レンズの2眼レンズを搭載しており、ポートレートライティングがすべて利用可能に。もちろん、人間以外もポートレートモードで撮影可能になるなど各段にカメラ性能が向上しています。

カラーバリエーションは全6色(パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED)とあり、今までiPhoneではお目にかかれなかったビビットなカラーリングもあります。

OPPO RenoA

引用:OPPO RenoA

5,000mAhという大容量バッテリーを搭載しており、長時間の利用などタフな使い方にも耐えうるスマホです。

nanoSIMスロット×2とは別に、microSDスロットが搭載されているので、デュアルSIM使用中でもmicroSDカードも通常通り使用可能です。

また、4眼カメラというカメラ性能ながら、実売価格2万円台の低価格も大きな魅力となっています。

Huawei Mate 10 Pro

引用:Amazon Huawei Mate 10 Pro

1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサーのカメラを搭載、ハイレゾ対応、防塵・耐水などハイスペックながら2万円台の価格の格安スマホです。

高級感が漂う、チタニウムグレー、ミッドナイトブルーのカラーリングも独特です。

SHARP AQUOS Sence3

引用:SHARP AQUOS Sence3

AIや手ブレ補正機能を搭載しており、動きのあるモノでも最適な撮影方法を認識して撮ることができます。

また、SHARP独自の省エネIGZOと大容量4,000mAhバッテリーによって、2~3日以上充電なしでも持つほどのタフなボディを持ち合わせています。

ほとんどが海外製のデュアルSIM端末のなかで、数少ない昔から日本にあるメーカーの端末という点も魅力です。


スペック
AQUOS sense3は必要な機能が詰まったコスパ良しの格安スマホ
今、最も売れている格安スマホ「AQUOS sense3」スペック等を徹底検証

日本は世界での有数のiPhone大好き国民として知られているとおり、スマホ機種ランキングでは「iPhone」シリーズが上位にきているのですが、Androidで圧倒的売り上げを誇っているのがSHARPの ...

iPhone SE(第2世代)

引用:NTT docomo iPhone SE

昔からのiPhoneユーザーにはなじみ深いホームボタンが復活した小型画面(4.7インチ)のiPhoneです。

価格も4万円台とハイエンドな最新iPhoneに比べて半額程度で手に入るお手頃さと、頭脳はハイスペックを持ち合わせています。

お手頃な値段でiPhoneを手に入れたい人におすすめ。

ディアルSIMって何?スマホ代が節約できる? まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「ディアルSIMって何?スマホ代が節約できる?」についてお送りしました。
花木
低容量のデータプランを2つ組み合わせるとか意外な使い方もあるんですね。
スマホ戦士編集長
特に仕事とプライベートの2台持ち、海外によく行く人などは特にデュアルSIMが必要なんじゃないかな

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-, ,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.