iphone

【重要】Androidで実現されない、iPhoneでしかできないこと5つ

iPhoneには、iPhoneでしかできないことがたくさんあります。

なんだかんだいってAndroidでは実現できないことを、iPhoneは数多く叶えているのです。

今回は、iPhoneでしかできないことをいくつか紹介します。

もしiPhoneからAndroidどちらを選択するか悩んでいる場合、「iPhoneでしかできないこと」が決定打になるかもしれません。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

Androidではできない、iPhoneにしかできないこと5つ

iPhone イエロー

(引用:Apple

(基本的には)Androidにはできず、iPhoneにしかできないことはさまざま存在します。

細かいことを言えばキリがないですが、特に以下のような点は非常に重要です。

  • Safari
  • マナーモードを簡単にスイッチング
  • IiTunesを利用する
  • キーボード
  • アプリ一覧表示
  • Siri

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

(※Androidでも一部できる可能性はあるが、一般的ではない)

Safari

iPhoneでしかできないことと言えば、やはりSafariが挙げられます。

念のため解説しておくと、SafariはApple製品に搭載されているインターネットブラウザのことです。

 

Safariは表示スピードが一般的に速く、それでいてバッテリーもあまり消費しません。

タブ管理や文字数調整なども容易で、なんだかんだいって完成度は高いのです。

マナーモードを簡単にスイッチング

iPhoneは、本体側部にマナーモードスイッチがついています。

マナーモードをスイッチングしたいなら、これをON/OFFするだけでOK。

これは多くのAndroidでは見かけられない、とても便利なスイッチです。

iTunesを利用する

iTunesの利用は、原則としてiPhoneとしか連携できないことのひとつです。

iTunesは非常にすぐれたサービスであり、音楽管理をするうえでは、なんだかんだいって便利。

Wi-Fi経由でも操作できるし、iPhoneとの連携もカンタン。

また、iPhoneの初期化や容量管理など、基本的な操作でもiTunesは必要になって来います。

 

ちなみにAppleミュージックのほうが、Androidでも利用することは可能です。

ただしAndroid上でAppleミュージックはうまく機能しないことも多々あります。

勝手にキューを作ったり、検索してもあるはずの音楽が出てこなかったり、まだまだ改善の余地がありそうです。

キーボード

iPhoneでしかできないこと、というわけではないですが、やはりキーボードはたいへん使いやすくなっています。

入力モードをタップ1回で切り替えられるし、フリック入力もたいへん便利です。

予測変換もかなりすぐれており、ユーザーの心理を実によく理解しています。

Siri

Siriは、iPhoneが持つ唯一無二の特徴です。

生まれたばかりのSiriは、正直大したことはできませんでした。

しかし現在、Siriは人間とのコミュニケーションについてたいへんな進歩を見せています。

Androidでも、できることは増えている

というように、iPhoneでしかできないことは多々存在します。

しかしAndroidも、iPhoneと同様にできることが増えているのも事実。

むしろAndroidでしかできないこともあったりします。

つまりiPhoneでしかできないことがあるからといって、Androidが無価値だというわけではないので、注意してください。

 

iPhoneでしかできないこと、そして、iPhoneだからこそのメリット

iPhone オレンジ

(引用:Apple

 

上記では、iPhoneでしかできないことをいくつか紹介しました。

他にも、「iPhoneだからこそのメリット」というものが数多く存在します。

なぜかiPhoneというだけで批判されがち(林檎アレルギー)なiPhoneですが、以下のようなメリットはたいへん重要です。

iPhoneにしかないアプリがある

そもそも、iPhoneにしかないアプリというのが数多く存在します。

デフォルトアプリで言えば、

  • Podcast
  • iMovie
  • Keynote

などは、iPhoneでしか利用できません。

 

またデフォルトアプリ以外でも、Androidにはなくて、iPhoneにはあるというアプリも数多く存在します。

状況にもよりますが、基本的に「アプリを作るならまずはiPhone版で展開する」という風潮があるのです。

だから、「iPhone版しかない...」と嘆くAndroidユーザーは多くいるわけですね。

 

動作はiPhoneのほうが早い

絶対に、とまでは言いませんが、iPhoneは基本的にAndroidよりも動作が早い傾向にあります。

動作が早いとは、具体的に、

 

  • ブラウジングから何から何まで、読み込みと接続が素早い
  • アプリがすぐに立ち上がる
  • キーボード入力してから文字が表示されるまでの時間が短い
  • 本体自体がすぐに立ち上がる

 

といったことを指します。

AndroidからiPhoneに乗り換えて、そのキビキビとした動作に感嘆する人も少なくありません。

筆者も気まぐれでiPhoneからAndroidへ乗り換えたとき、「iPhoneの動作速度は、iPhoneでしかできないことだったんだ」と気付かされました。

 

スマートフォンにおいて、動作が早い・遅いというのは、本体そのものの評価を左右するたいへん重要なポイントです。

この一点だけでも、Androidより優先してiPhoneを選ぶ価値はあるでしょう。

サポートを受けやすい

状況にもよりますが、iPhoneはサポートを受けやすいというメリットもあります。

iPhoneは非常に種類が限定されており、必要なサポートも同時に各端末で共通します。

基本的にいつの何を使っていても、わかりやすくサポートを受けることが可能です。

 

これがAndroidだと、さまざまなメーカーがオリジナル機種を出しています。

だからサポート内容が複雑化し、適切なサポートが受けられないことも多々あるのです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone 箱

(引用:Apple

iPhoneでしかできないことは、さまざま存在します。

特にSafariやマナーモードスイッチなどは特に便利かつ高性能で、Android大きな差をつけていると言えるでしょう。

また、「動作が早い」といったメリットも、iPhoneでしかできないことを増やす一因です。

iPhoneでしかできないこと、あるいはメリットが響いたなら、iPhoneの購入を検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士