docomo

携帯値引き戦争!?ドコモのahamoやギガホプレミアを徹底解説

菅総理の就任に伴い、声高々に宣言されたのが、携帯電話料金の値下げでした。

日本の携帯電話料金は、各国と比較して高いことで知られていますが、それにメスを入れた形です。

首相の要望に対応するため、大手携帯キャリアでは値下げ戦争を繰り広げています。

auとソフトバンクが先陣を切って値下げプランを表明しましたが、あくまでもセカンドブランドの値下げでした。

これに対し、ドコモはahamoやギガホプレミアというプランを打ち出し、多くの話題を呼んでいます。

ここでは、ahamoやギガホプレミアというプランの特徴や、実際にこのプランを適用するにあたっての疑問点について解説します。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

ahamoの概要

ahamo

引用:ahamo

NTTドコモは、2021年3月からWeb手続きに特化した20GBの新プランであるahamo(アハモ)の提供を開始する事になりました。

まずはじめに、気になるのがahamoというユニークなネーミングです。

これは、未知の物事を瞬時に理解することを意味しているアハモーメント、なるほどという相づちの英語表現となるAha、楽しい時の笑い声の3つの意味が込められています。

要するに、いまだかつてないような魅力的かつ納得行くプランを目指しているのです。

具体的には、以下のような特徴のあるプランとなっています。

月額2,700円の低額プラン!(3/1に2,980円2,700円値下げ発表)

料金

引用:ahamo

ahamoの最大の魅力は、なんと言っても月額料金のリーズナブルさにあります

ahamoでは、シンプルにプランは1つしか用意されていません。

諸条件無しで、データ20GB、5分以内国内通話無料が付いてなんと2,700円という価格設定となっています。

5Gで使用可能で高品質な回線を利用可能

5g

ahamoで気になるのが、5Gでも使用できるかどうかですが、問題なく使用することが可能です。

5Gになると、従来より高速通信が可能になる反面、その分パケット通信量が増えるという側面があります。

また、ドコモも含めて4Gと5Gは別プランが用意されており、5Gプランの方が割高です。

その点、ahamoでは5Gでも利用できるという点が魅力的です。

また、他のキャリアではセカンドブランドの利用となりますので、あくまでも空いた回線を使用しているだけに過ぎず、多少なりとも混み合って思うように速度が出ないのが一般的です。

ahamoの場合は、従来プラン同様にドコモ回線を使用するために、安定して高速通信ができます。

プラン開始は2021年4月から

ahamoは、実はまだサービス開始しているプランではありません。

開始は2021年3月を予定していますが、12月3日から「先行キャンペーン」が開催中です。

ahamoの公式サイトにおいて、電話番号とメールアドレスを登録してサービス開始後に「ahamo」を契約したユーザーに対して、、dポイント(期間・用途限定)が3,000円分を付与されます。

もし迷うことなく加入したいと考えている方は、早めの加入がおすすめです。

ahamoのページはこちらー>

ドコモオンラインショップ取り扱い機種をahamoで使うときは

料金プランは「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択し、ドコモオンラインショップで機種を購入し利用開始します。

2021年3月26日(金曜)のahamo提供開始後に、別途ahamoへプラン変更手続きを行います

詳しい説明はこちら->

ギガホプレミア/5Gギガホプレミアの概要

ギガホプレミア

引用:ドコモ

ahamoの強烈なインパクトが残る中で、12月18日にドコモが打ち出したのがギガホプレミアとで5Gギガホプレミアす。

ahamoは、正確にはドコモの別ブランドとなりますが、ギガホプレミアは現時点で存在しているギガホの進化版という位置づけになります。

ギガホプレミアと、5G向けの5Gギガホプレミアがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

従来プランより値下げでデータ容量がアップ!

ギガホプレミアと5Gギガホプレミアでは、単純に従来プランよりもデータ容量がアップしています。

5Gギガホでは、データ容量100GBで月額7,650円という料金ですが、5Gギガホプレミアでは4G/5Gを問わず無制限にデータ通信を行う事が可能で、月額6,650円となります。

ギガホプレミアでは、データ容量30GBで月額7,150円であるのに対して、ギガホプレミアはデータ容量60GBで月額6,550円です。

他のキャリアを含めて、5Gプランを適用すると従来より割高感があったのに対して、5Gギガホプレミアでも100円の差で利用することができるのが良いですね。

また、双方ともギガ使用量が3GB未満のときは1,500円割引になります。

他の割引プランも適用できる

ギガホプレミアと5Gギガホプレミアの場合、従来のプランより値下げとなっていますが、さらに各種割引プランを適用可能です。

それぞれのプランにおける、割引は以下があります。

  • dカードお支払割:-170円
  • みんなドコモ割:2回線で-500円、3回線で-1000円
  • ドコモ光セット割:-1,000円
  • ずっとドコモ特典:500~3,000ポイント

以上をすべて適用すると、5Gギガホプレミアの場合は月額4,480円、ギガホプレミアの場合は月額4,380円となります。

さらに、3GB未満の利用であった場合、なんと3,000円を切る費用で利用できるのです。

十分ahamoにも対抗できる金額ですね。

各種オプションの変更はなし

ギガホよりも安くなったということで、その分どこかでしわ寄せがあるイメージがあります。

ただ、実際には音声通話オプションである5分通話無料オプションや、かけ放題オプションなども、従来どおりの費用で利用可能です。

ドコモギガホプレミアのページはこちらー>

ドコモ5Gギガホプレミアのページはこちらー>

はじめてスマホプランの概要

FOMAからの契約変更や他社3G回線からの移行をする人対象のプランです。

引用:NTTドコモ

「dカードお支払割(170円)」適用後の料金です。

割引なしでは1,650円で、最大12ヶ月は初めてスマホ割適応(500円)となります。データー制限量は1GBでそれ以降最大128Kbpsに速度制限されます。

国内通話料は家族間通話無料、その他通話30秒あたり20円。音声オプションは国内通話かけ放題1,000円、国内5分通話は無料です。

SMS国内送信料は1回3円、国際SMSは1回50円となっています。

ドコモはじめてスマホプランのページはこちらー>

他社のプランとの料金比較

ahamoと他のキャリアが打ち出した新プランと比較すると、以下のような違いがあります。

キャリア名プラン名月額料金容量
ドコモahamo2,980円20GB/月
au(UQモバイル)スマホプランV3,980円20GB/月
ソフトバンク(ワイモバイル)シンプル204,480円20GB/月

この比較からも、いかにahamoがお得であるかがご理解いただけるかと思います。

ギガホプレミアでは60GBまで利用できますが、自宅でも使用して、またテザリングなどで使用しない限りは、通常20GBでも十分用が足ります。

また、他のキャリアが打ち出したプランよりも安いのが魅力的です。

無料通話についても、5分間ついていますし、昨今はLINEなどで無料通話ができることもあり、十分すぎるスペックです。

ギガホプレミアと他社の4Gプランを比較した結果がこちらです。

キャリア名プラン名月額料金容量
ドコモギガホプレミア6,550円60GB/月
ドコモギガホ7,150円30GB/月
auデータMAX 4G LTE7,650円無制限
ソフトバンクメリハリプラン8,280円50GB/月

従来のギガホでも、他社のプランよりもお得であったのに対して、さらに低価格となったことでより安く利用することができるのが魅力的です。

5Gギガホプレミアと他社の5Gプランを比較した結果がこちらです。

キャリア名プラン名月額料金容量
ドコモ5Gギガホプレミア6,650円100GB/月
ドコモ5Gギガホ7,650円50GB/月
auデータMAX5G8,480円無制限
ソフトバンクメリハリプラン8,480円50GB/月

ドコモの5Gギガホプレミアが圧倒的に料金的に安いことが明白です。

また、100GBと十分すぎるデータ容量ですので、安くでも実際に使用する上で困ることはありません。

以上から、ahamoやギガホプレミア、5Gギガホプレミアは料金的に見て他社を圧倒する内容となっています。

ahamoで気になることや懸念点

ahamo

引用:ahamo

ahamoは、たしかに低価格で魅力的なプランではありますが、注意したい点も多数あります。

また、ドコモからahamoには、正確にはブランドの変更になるので乗り換え手続きが必要になのですが、実際に乗り換えたいとなった場合、気になるポイントがあります。

ここでは、実際に気になることや懸念点について紹介します。

キャリアメールが使用できない

メール

ahamoで最も懸念されるのが、キャリアメールが使用できないという点です。

「@docomo」というアカウントのメールを使用できなくなるために、連絡先交換している方に通知しなければなりません。

ただ、昨今はキャリアメールを使用する機会は確実に減っており、SNSだけで用が足りるというケースが大半です。

なぜキャリアメールが利用できないようにしたかというと、ahamoというプラン自体のターゲットを若者にしているという点があります。

若者は、初めて携帯電話を持ったときからSNSでコミュニケーションを取るのが当たり前でした。

よって、そもそもキャリアメール自体のニーズが低いのです。

今もキャリアメールをメインに使用している方にとっては影響がありますが、過半数の方はahamoにしても困ることはありません。

オンラインのみでしか受付していない

ahamoへの申込みは、実はオンラインでしか受け付けていません

普段、手続きはドコモショップでしか行わないという方にとって、抵抗があるのではないでしょうか。

これも若者にとっては何でもオンラインで手続きできる時代に育っていることから、さほど大きな影響はないのではないでしょうか。

ただ、唯一気になるのが現時点では名義変更についてはオンラインでしか行えないのに対して、ahamoに切り替える際にはオンラインのみでしか手続きできないので、どのように扱われるかという点です。

仮にオンラインで名義変更できないと、新たな契約となるので電話番号の継承ができないというリスクもあります。

昨今、ハンコ文化の見直しによりよりオンラインで行えるサービスが拡大されていることを鑑みれば、もしかしから緩和される可能性はあります。

オンラインのみの受付になることで、実は窓口だけでなくドコモインフォメーションセンターの利用もできなくなる見込みです。

ただし、端末の紛失や盗難による利用中断や端末の故障と言った、緊急の用件に関しては専用の電話窓口でも対応する予定となっているので一安心です。

20歳以上でしか申し込みできない

ahamoは若者向けのプランであると解説していますが、一方で20歳以上でしか申し込めません

どうしても未成年者がahamoプランを利用したい場合は、親権者の名義で登録しなければなりません。

ファミリー割引が利用できない

家族でドコモのプランに契約していると、ファミリー割引が適用されます。

台数が増えれば増えるほどお得感が強まりますが、ahamoではファミリー割引が適用されません

よって、2,980円という金額以上の割引は期待することができないのは難点です。

他にも、みんなドコモ割やロング割引も利用できません。

スマホおかえしプログラムや下取りプログラムの扱いは?

スマホおかえしプログラムや下取りプログラムによって、ドコモのスマートフォンを利用されている方も多いです。

ただ、ahamoになって上記のプログラムが継続利用できるかどうかは、まだ不明です。

下取りプログラムについては継続される可能性がありますが、スマホおかえしプログラムはプランの性質上そのまま適用できるかは微妙と言わざるを得ません。

dポイントは利用可能?

キャリアメールは利用できないものの、dアカウントやdポイントについては、所定の手続きを経ることでそのまま引き継ぐことが可能です。

また、d払いの携帯電話料金との一括支払いにも対応しています。

ただ、その他サービスについては不明点が多く、サービス開始時までには明らかになると見られています。

MNPによる移行は不要となった

サービスが発表された当初、ドコモの既存プランでMNP転出の手続きを行って手続き時に発行されるMNP予約番号使用して、ahamoの新規契約を行う必要があることが明らかになっていました。

これは、ドコモ内のシステム変更が必要であるための措置であったのですが、システム改修に目処がついたために3月のサービス開始直後からMNP手続きが不要になったのです。

余計な手間がかかることがなくなった点は評価できます。

ギガホプレミア/5Gギガホプレミアで気になることや懸念点

ギガホプレミアと5Gギガホプレミアは、基本的に今のプランを踏襲している内容になりますが、気になることや懸念されている事項があります。

新料金プランには自動変更にならない

既存プランの値引きという位置づけに見られがちですが、あくまで新プランですのでユーザー自身で新プランに移行する必要があります。

手続きは店頭や電話の窓口、またオンラインでも可能ですが、既存プランとの違いや各種利用規約への同意といった諸手続きが必要であるために、自分自身で申し込みしなければなりません。

乗り換える予定の方は、忘れずに乗り換えて続きを行ってください。

2台目プランの制限速度が1Mbpsになる

従来プランにおいては、5Gデータプラスと呼ばれる、パソコンやタブレットなどのデバイスの2台目利用のデータ端末向けプランがあります。

5Gギガホでは、5Gデータプラスの回線での利用可能データ容量としては月間30GBですが、それを超過した場合は上下最大3Mbpsで通信できました。

一方で、5Gギガホプレミアにおいては超過後の速度は上下最大1Mbpsに低下することになるのです。

容量はアップしていますので早々オーバーすることはない可能性がありますが、それでも考慮すべき項目となっています。

ギガホよりも割高になるケースがある

ギガホでは6カ月間限定ですが月額1,000円も引きとなるギガホ割が適用可能です。

ただ、ギガホ プレミアにはギガホ割は用意されていないので、新プランに移行してしまうと値上げになるケースもあるのです。

長期的に使用する分にはトータルでお得感がありますが、一時的に割高になることは考慮したいですね。

魅力的だかまだまだ不明点は多い

ahamoはとても魅力的なプランでありますが、まだまだ不明点が多いのは事実です。

正式サービス開始は2021年3月からとなりますので、他のキャリアが打ち出すプランもにらみつつ、最適なプランを選びましょう。

また、ギガホプレミア/5Gギガホプレミアも十分検討の余地があるプランであると言えます。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-

© 2021 スマホ戦士