iphone

iPhoneを買い換えるのはいつ?テンションが上がるタイミング?

  • 「iPhoneを買い替えるとしたら、いつがよいのだろう?」
  • 「そもそも何年周期で買い替えるべきなのか?」
  • 「iPhoneを機種変更する前に何をすればよいのだろう?」

上記の疑問を持っている人は多いでしょう。

iPhoneを買い替えるとしたら、ある程度タイミングは合わせていく必要があります。

変なタイミングで購入すると、かなり損をするので注意が必要です。

本記事では以下について解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneを買い換えるとしたら、タイミングはいつがいい?

かっこいいiPhone

iPhoneを買い替えるとしたら、そのタイミングは大きく分けて4つ挙げられるでしょう。

  • 新品のiPhone購入後2年経過したとき
  • iOSアップデートから見放されたとき
  • 新しいiPhoneが発売されたとき
  • 新生活シーズンがきたら

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

新品のiPhone購入後2年経過したとき

新品のiPhone購入後、2年経過したなら買い替えのタイミングだといえるでしょう。

実はiPhoneには寿命というものがあり、それはおおむね2年、長くても3年です。

2年も経つとあちこちのパーツが故障、劣化します。

動作が遅くなったりバッテリーの消耗がはげしくなったり、とにかく使い勝手は悪くなるでしょう。

 

iPhoneを買い替えるとしたら、ここがベストタイミング。

そしてひとつかふたつ先のナンバリングを購入すれば、新しいiPhoneの性能を楽しめます。

iOSアップデートから見放されたとき

iOSアップデートから見放されたとき、買い替えどきだといえるでしょう。

古いiPhoneは、いつまで経ってもiOSアップデートしてもらえるわけではありません。

一定期間が経つとAppleの中で「レガシー」というジャンルに分類されます。

レガシーに入るとあらゆるサポートが打ち切られ、もちろんiOSアップデートも実施されません。

 

一応iOSアップデートがなくても、端末としてまったく使えなくなるわけでありません。

Wi-Fiはつながるし、音楽を聴くことも可能です。

しかし多くのアプリが開けなくなるし、そもそもiOSアップデートが切られているならもう10年くらい前の端末でしょう。

そう考えれば、ここがタイミングだといえるでしょう。

新しいiPhoneが発売されたとき

新しいiPhoneが発売されたときも、買い替えどきだといえるでしょう。

iPhoneは毎年9月ごろに新ナンバリングが発表されます。

このタイミングで購入すれば、最新のiPhoneを手に入れられるわけです。

 

新しいiPhoneを購入するメリットとして、とにかくハイスペックな使用感を得られること。

カメラもプロセッサも、ディスプレイも処理速度も抜群です。

iPhoneを買い替えるとするなら、新ナンバリングが出てくるタイミングはかなりおすすめ。

ただし新しいiPhoneに買い替えるには当然ながら高額の費用がかかるので、その点は注意してください。

新生活シーズンがきたら

新生活シーズンがきたら、iPhoneを買い替えるひとつのタイミングとなるでしょう。

三大キャリアおよび格安SIM業者は、毎年3月ないし9月ごろになると「新生活キャンペーン」など言い出します。

キャンペーンでは端末料金が割引になったり、何万円単位で利用料金が免除されたりと何かとオトクなタイミングです。

新生活シーズンには、ぜひiPhoneの購入を検討しましょう。

iPhoneを機種変更する前にやるべきこと

iPhone 格好いい

iPhoneを機種変更する前にやるべきこととして、以下4点が挙げられます。

  • Wi-Fiの環境をチェックする
  • Apple IDとパスワードを確認しておく
  • iOSをアップデートしておく
  • アカウント情報をチェックしておく

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

Wi-Fiの環境をチェックする

iPhoneの機種変更する前にWi-Fiの環境を確認しておきましょう。

なぜならバックアップデータを新しい端末へ移すとき、Wi-Fi回線が必要だから。

大量のデータを移す必要があり、とてもではないですが4G回線ではなんともなりません。

かならずバックアップデータを取得し、それをWi-Fiで戻せることを確認して利用しましょう。

 

もし自宅にWi-Fi環境がない場合、フリースポットWi-Fi利用するのもおすすめです。

これがあれば、自宅にWi-Fi環境がなくてもバックアップデータを高速でインストールすることが可能です。

Apple IDとパスワードを確認しておく

続いてApple IDとパスワードを確認しておきましょう。

これはiCloudやAppを使うとき、あるいはサブスクリプションを購入するとき、あらゆる場面で入力を求められます。

機種変更したあとでも調べられるのですが、その手続きが面倒なので、今のうちにメモしておきましょう。

Apple IDとパスワードは「設定」を開けば一番上に記載されています。

iOSをアップデートしておく

忘れたくないのが、iOSをアップデート。

iOSが最新の状態でなければ、機種変更の際にバックアップデータ引き継ぎに失敗するケースがあります。

以下の手順で、iOSをアップデートしておきましょう。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を開く
  4. 「自動アップデート」をタップする
  5. 「iOSアップデートをダウンロードする」をオンに切り替える
  6. 「iOSアップデートをインストール」をオンに切り替える

アカウント情報をチェックしておく

iPhoneを買い替えるとしたら外部サービスのアカウント情報はチェックしておきましょう。

つまりTwitterやInstagramのログイン情報を控えておこう、ということです。

これをやっていないとパスワードがわからなくなったりして、再発行手続きで手間をとられるので注意してください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを買い替えるとしたらタイミングが重要

iPhone 買い替え

iPhoneを買い替えるとしたら、やはりそのタイミングが重要です。

寿命が来たり、新しいiPhoneが発売されたりしたタイミングで購入するのがよいでしょう。

 

iPhoneを買い替えるなら、オンラインショップでの購入がおすすめ。

ここで機種変更すると、端末代金が半額程度に割引されたり、基本料金が年単位で無料になったりします。

ぜひ買い替えどきにはオンラインショップを利用しましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士