iphone

【詰み?】iPhoneが故障した上にバックアップしてない時の対処法

  • 「iPhoneが故障した!」
  • 「しかも、バックアップを取っていなかった」
  • 「もう終わりだ...」

バックアップを取っていないのにiPhoneが故障したら、絶望的な気持ちになります。

ですが、まだ諦める必要はありません。

いくつかの方法で、iPhoneのデータを完璧ではないにせよ復旧できる可能性はあります。

故障したiPhoneはどうしようもなく、買い替えなどが必要ですが、データは割となんとかなるケースが多いのです。

 

本記事では以下の点を解説します。

  • iPhone故障時、バックアップしていないときのデータ復旧方法
  • iPhoneが故障したときに取るべきではない手段
各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneが故障した!バックアップしていない!データ復旧方法

チップ

iPhoneが故障して、バックアップがなかったとしても、以下の手段が残されています。

  • キャリアで復旧を依頼する
  • フリーソフトでの復旧を試してみる
  • iTunesからの復旧にトライする

どれかひとつでもハマれば、完璧ではないにしても、データを復旧させることが可能です。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

キャリアで復旧を依頼する

iPhoneが故障して、バックアップがなかったとしても、キャリアに相談すれば復旧できるかもしれません。

たとえばソフトバンクであれば、「メモリデータ復旧サポート」を実施しています。

水濡れなどがあっても、90%くらいの確率でデータを復旧してくれるのです。

ただし費用として5,500円かかってしまうので、これがデメリットとなります。

フリーソフトでの復旧を試してみる

iPhoneが故障して、しかもバックアップが残っていないなら、フリーソフトでの復旧も試してみましょう。

WEB上には、Appleが関係していない非正規のデータ復旧フリーソフトが存在します。

たとえば、

などが、これに該当します。

もしかしたらフリーソフトでデータを復旧できるかもしれません。

ただしいずれの場合もやや操作が高度なので、時間がかかる点には注意してください。

iTunesからの復旧にトライする

iPhoneが故障したとき、iTunesからバックアップできないか試してみましょう。

最近はバックアップを取るならたいていiCloudであり、iTunesのことは忘れ去られています。

しかしiTunesがまだパソコンの中に残っているなら、そこからバックアップを取得できるかもしれません。

iPhoneをパソコンに接続して、iTunesと同期してみましょう。

iCloudに切り替える前のデータはバックアップできる可能性があります。

iPhoneが故障したときに取るべきではない方法

割れたiPhone

iPhoneが故障して、バックアップも残っていない場合は、ある意味でパニックになります。

しかしその中でも、以下の方法だけはおすすめできません。

  • データ復旧業者を利用する
  • AppleStore(ジーニアスバー)に相談する

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

データ復旧業者を利用する

iPhoneが故障してバックアップが残っていないとき、データ復旧業者を利用するケースがあります。

これは、Appleや三大キャリアとはまったく関係ない、非正規でのデータ復旧を受ける、という意味です。

データ復旧業者に依頼すれば、バックアップがなくてもデータを取り出せる可能性はあります。

利用料金は数万円ほどかかるでしょうが、どうしてもデータを復旧させていなら、選択肢には入ってくるでしょう。

 

ただし注意したいのは、「もう二度とAppleや三大キャリアでの修理サービスなどが受けられない」ということ。

Appleなどは、自らが許可した業者以外での修理を認めていません。

ほとんどのデータ復旧業者はApple非公認なので、修理自体もまた非公式、ということになります。

したがってデータ復旧業者を利用したあとで、公式の修理サービスは受けられないわけです。

 

データ復旧業者を使ってはいけない、というわけではありません。

しかし、今後Appleからは見放されるという点については相当な覚悟が必要です。

AppleStore(ジーニアスバー)に相談する

ではAppleの対応が頼りになるかと言われれば、そうではありません。

iPhoneが故障して、バックアップが取れないとき、AppleStore(ジーニアスバー)を利用するのはやめておきましょう。

なぜなら、データ復旧をサービスとして用意していないからです。

iPhoneの購入や故障修理目的では役立つスポットですが、データ復旧という意味ではほとんど役に立ちません。

【もう限界】iPhoneが故障したなら、バックアップを探しつつ新しい機種を探そう

iPhone表

本記事ではiPhone故障時、バックアップがないときの対処法について解説しました。

いくつかの方法を解説しましたが、基本的に何らかの形でバックアップはできるはずです。

 

データの問題が解決したなら、iPhone本体について考えてみましょう。

iPhoneが故障したというのなら、おそらく修理に出すこととなります。

しかしAppleの修理代金は異常に高く、「新品のiPhoneが買える」ほどの価格設定になっています。

たとえばiPhone12Pro Maxの修理代金は、最大で77,480円と、相当な金額です。

 

保証が効いているケースなどを除いて、iPhoneをAppleで修理するのはおすすめできません。

修理に出すくらいなら、新しいiPhoneを購入するほうが、よほどコスパが良くなります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneが故障してバックアップがなかったとしても諦めない

iPhoneとスパナ

iPhoneが故障したときは、バックアップがあるかないか、非常に重要です。

もしバックアップが見つからなかったとしても、まだ諦めてはいけません。

 

  • キャリアでデータ復旧してもらう
  • フリーソフトでの復旧にチャレンジする
  • iTunesにつなぐ

 

いずれかの方法で、iPhoneのバックアップデータを確保できるでしょう。

ただし問題として残るのは、故障してしまったiPhoneです。

これは修理に出すこととなるでしょうが、Appleの修理費は非常に高くなっています。

これであれば、素直に格安SIMなどで新しい端末を契約したほうがよいでしょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士