au docomo softbank 格安SIM

携帯ショップ モンスターカスタマーシリーズ【ポケモンGO 婆さんの襲撃】

今から5年前の2016年7月22日が、何の日だか覚えているだろうか?

街の至る所でスマホを片手に一喜一憂する ”トレーナー” が現れた日。

そう「ポケモンGOの配信がスタートした日」である。

 

知らない人のために紹介しておくと、ポケモンGOとは世界中で大ヒットした人気ゲーム「ポケットモンスター」のスマホ用アプリ。

画面越しの現実世界とリンクして出現するポケモンを捕獲・育成して、ライバル達と熾烈なバトルを楽しむことができる。

人気の影には、歩きスマホのみならず、車を運転中にポケモンGOをプレイしたことによる悲惨な事故が起きるなど、良くも悪くも物議を醸した。

 

とまあ、前置きが長くなったが‥

ポケモンGOのリリース日が近づくにつれ、当時携帯ショップ勤めしていた筆者は、いや~な予感がしていた。

そして、その予感はジャストミートするのであった。

芯に当たりすぎた特大ホームラン。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

はじまりは「一本の電話」から

38e9748e61b8a0f7e6f454bcb721f4ef.jpg

これは筆者の主観だが携帯ショップにかかってくる電話は、ロクな問い合わせではない割合が圧倒的。

話題のポケモンGOのダウンロード開始が、いよいよ明日と迫った7月21日。

昼休憩から戻ったタイミングで鳴った電話を取ったのが「ポケモン婆さん」との最初のコンタクトであった。

 

「婆さん」と聞いて、違和感を覚える読者も多いだろう。

なぜならポケモンGOのユーザーは、世代的にも若者中心のはず。

筆者も、電話越しの婆さんから「ポケモンGO」のワードが飛び出した時は、少し頭が混乱しかけたが、とりあえず話を聞くことした。

 

内容はこうだ。

婆:「ポケモンGOのやり方を教えてほしいんだけど!」

電話のファーストインパクトがこれである

ほーらやっぱりロクな電話じゃない。

 

筆者:「ど、どういったことでしょうか?」

婆:「だからスマホでポケモンができるんでしょ?ニュースでやってたじゃない!やり方教えてよ!」

突っ込みどころが満載すぎて、多少の混乱状態だった筆者の頭はとうとうバグり始めていた。

記事の冒頭で「リリース日が近ずくにつれ、嫌な予感はしていた」と語った理由は、日に日にポケモンGO絡みの問い合わせが増えたことが原因。

 

例えば次のように

  • 自分の機種はポケモンGOに対応している?
  • アプリをダウンロードに必要なGoogleパスワードが分からない…
  • ドコモはポケモンGOに対応しているの?(意味不明)

 

「そんなもん知らんがな…これってポケモンGOの操作方法聞きにくるヤツ絶対おるやん…」とある程度の覚悟はしていた。

まさにこの電話が ”それ” だった。

しかもリリース前日。

やり方はおろかダウンロードすらできない。

 

筆者は自らを鼓舞するかのように、拳に力を込めつつ次の3点を説明

  1. スタートは明日
  2. ダウンロードも明日
  3. 操作説明はドコモのアプリではないので対応はできない

 

電話越しの婆さんから返ってきた言葉が…

婆:「明日そっちにいきます」

 

うぜぇ、、誰かこの電話の婆さんモンスターボールで捕まえてくれないかな。

(シフト表をチラ見)

あ、明日出勤日だ…

リリース当日

orenocyokanwoshinjinayo0I9A2369_TP_V4.jpg

もともと嫌なことや面倒なことは、1日経つとキレイに忘れるタイプの筆者。

SDカードの容量に例えると512MBの保存レベルといったところか。

 

正直、昨日のポケモン婆さんから電話があり、そして今日の来店予告をされたことはスッカリ忘れていた。

だが、同僚の一言で24時間前の電話のやりとりがフラッシュバック

 

同僚:「○○君(筆者の名前)指名で、あのお婆さんが来店しているよー、順番来たら用件聞いてあげて」

婆さんは待合のソファーに腰をかけて、鋭い眼光でこちらの様子を伺っていた。

(マジで来た…)

用件は聞くまでもない。

なぜなら昨日聞いたから。

 

婆さんはポケモンGOがやりたいのだ。

  • 正気なのか?
  • ピカチュウとかリザードンとか分かるの?
  • え、そもそもスマホ持ってるの?

さまざまなクエスチョンが頭を駆け巡ったが…やるしかない、聞くしかない、いざとなったら逆に捕まえてやればいい。

 

筆者:「ご来店ありがとうございます、昨日お問い合わせいただいたお客様でしょうか?」

心のにもないことを笑顔で言う自分にも腹が立った。

だがそこは社会人。

ネクタイをキュッと締め直し、カウンターというなのフィールドへ。

 

「あっ!やせいのばあさんがとびだしてきた!」

婆さん先制攻撃~すばやさ120

pokepoke02_TP_V4

婆:「昨日電話したんだけど、ポケモンのやり方教えてくれないってどういうこと?」

筆者:「そ、それはですね、ドコモのアプリでは、、」

婆:「あんたのとこで買ったスマホだよ!おかしいでしょ!」

 

こちらにスキを与えない攻撃スピードは、ポケモンのなかでも最高クラスのすばやさを誇る ”サンダース” に匹敵するほど。

この時点で筆者は焦りまくっていた。

 

(ヤベェ、この婆さんが持ってるスマホ…らくらくスマホだ…)

 

説明しよう!

らくらくスマホとは、シニア向けに発売されたスマートフォンの総称。

形はスマホだが高齢者向けに特化しているため、一般的なスマホとは異なり操作範囲は限りなくシンプルなもの。

というより、ほぼガラケーに近い。

婆さんの所有する「らくらくスマートフォン F-12D」は通信規格も3Gでネットの速度は遅く、GooglePlay ストアに非対応の為、ポケモンはおろかアプリのダウンロードはできない。

無論、ポケモンGOをプレイすることは不可能。

 

そんならくらくスマホとポケモンGOである。

まさに、激戦必至

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

ギャラドスのはかいこうせん

pokepoke02_TP_V4

とにかく、筆者は「らくらくスマホで、ポケモンGOがプレイ出来ない理由」を丁寧に説明する必要があった。

 

令和3年のトピックスに置き換えるなら「全集中・説明の呼吸」である。

まだまだ未熟ながらも、習いたての呼吸法を駆使して、事実を伝える筆者。

 

次の瞬間、婆さんの眼(まなこ)が「カッ!!」と見開いた。

その様態は、あのきょうあくポケモン ”ギャラドス” を彷彿とさせるほど。

 

婆:「なんで使えないんだ!そういう大事なことは最初に言ってよ!アプリが使えないってどういうこと!」

その破壊力・衝撃音は、ギャラドスの得意技「はかいこうせん」さながら。

 

本来、ポケモン世界のはかいこうせんは、反動のあまり次のターンは攻撃ができないのだが…

婆さんは違った。

婆:「ならアプリが使えるように中身を変えろ!」

 

(へ?中身?変える?なんで?)

この時点で、残りHPが4分の1を下回る筆者。

あいにく”かいふくのくすり” といった便利アイテムは持ち合わせていない。

 

その後も不毛なやり取りが続くが、気が付いたら店内が異様な雰囲気に…

今でこそ面白おかしく回想しているが、当時の現場はあまりの婆さんのヒステリックさから「ちょっとやばいかも…」とお客さんスタッフともども逼迫(ひっぱく)していた。

 

店内には他のお客さんも全員こちらを見ており、筆者と婆さんのやり取りを注視するバックヤードのスタッフ達もチラチラ…

婆さんの様子が笑えないくらいヒートアップしてきたところで、ポケモン研究者のオーキド博士…じゃなかった店長の登場である。

 

その後は、店長が婆さんを店外へ誘導

説得のもとお帰りいただいたところで、本ストーリーは終了である。

 

その日の勤務終了後に自宅へ帰った筆者を待っていたのは、楽しそうにポケモンGOをプレイする妹の姿。

どうやら風呂場に”ポッポ”が出現したらしい。

~完~

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank, 格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士