格安SIM

格安SIMに変えたら、LINEの年齢確認やID検索はどうなるの?

最近では、格安SIMに乗り換えるのが当たり前になりました。

やはり、利用料金が大きく下がるのは魅力的なポイントです。

今まさに、「格安SIMへ乗り換えよう」と考えている人も多いでしょう。

 

そんなときに気がかりなのが、LINEはどうなるのか、というところ。

格安SIMへ乗り換えると、「LINEが使えなくなったり、ID検索できなくなったりするのではないか」と思っている人もいるでしょう。

本記事では、格安SIMへ乗り換えたとき、LINEで起こることについて解説します。

格安SIMへ乗り換える前に、ぜひ一度目を通しておいてください。

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

格安SIMにすると、LINEは使えなくなる?

スマホを見る

まず、格安SIMでもLINEを使うことは可能です。

LINEはあくまでもアプリケーションなので、対応している端末なのであれば、何も問題ありません。

逆に言えば、格安SIMでなかったとしても、ガラケーなどのLINEが使えない端末もあります。

格安SIMでのLINEの年齢確認、ID検索は?

LINE画面

(引用:LINE

 

ただし、格安SIMでのLINEの年齢確認やID検索は、原則使えなくなります。

なぜ使えなくなるかというと、「年齢認証システム」が利用できなくなるから。

 

LINEは、三大キャリアと年齢認証システムを連動させています。

LINEは、三大キャリアに対して、「あなたのお客さんから年齢認証をしているのですが、年齢はいくつですか?」問い合わせているのです。

そして三大キャリアは、「その人は○○歳だから、大丈夫ですよ」などと回答しているのです。

 

しかしLINEと格安SIM業者には、同様の連携が取られていません。

つまりLINEからしてみれば、格安SIM業者の利用者が未成年か否か、確かめようがないのです。

よって、格安SIM業者を利用していると、LINEでの年齢確認ができなくなってしまいます。

そしてID検索の利用は年齢確認の終了が条件になっているので、ID検索も使えないというわけです。

 

ちなみに、格安SIMへ乗り換える前に三大キャリアで年齢確認を済ませている場合は、何も問題ありません。

格安SIMに移行しても、年齢確認が完了した状態で、引き続きLINEを利用できます。

年齢確認ができない問題は、「格安SIMの状態で、新規におこなう」場合にしか起こらないのです。

 

もし、まだ三大キャリアを利用しているなら、格安SIMへ切り替える前に年齢確認は終えておきましょう。

格安SIMになったとたん、年齢確認ができなくなってしまいます。

LINEのID検索ができないなら、どうすればいい?

年齢確認が実施できず、ID検索を使えないのは、ちょっとした不便ではあります。

だからといって、LINEで友だちを追加できない、なんてことはありません。

下記では、LINEのにおけるID検索の代替えとなる方法を解説します。

QRコードを使う

もっとも手っ取り早いのは、QRコードを利用すること。

相手のQRコードをもらうか、自分のQRコードを読み取ってもらうかすれば、何の問題もなく利用できます。

また、第三者に自分の友達のQRコードを送る、なんてことも可能です。

 

QRコードを使う手順は、以下のとおりです。

  1. LINEのホームを開く
  2. 画面右上の人型アイコンをタップする
  3. 画面中央上部、QRコードをタップする
  4. QRコードリーダーが立ち上がるので、QRコードを読み取る
  5. 自分のQRコードを表示する場合は、画面中央の「マイQRコード」をタップする

専用URLを使う

ID検索が使えない場合、誰かに自分のIDを伝えるという方法も使えません。

しかし、専用URLを発行することは可能です。

専門URLを相手に教えれば、相手の操作によって「友だち同士」になれます。

もちろん、相手が専用URLを発行し、自分へ送ってもらうという方法でもかまいません。

ただし専用URLを発行するためには、自分のスマートフォンに相手の電話番号かメールアドレスが登録しておく必要があります。

 

<専用URLを発行する方法>

  1. LINEのホームを開く
  2. 画面左上、+マーク(招待)アイコンをタップする
  3. 画面下から「SMS」と「メールアドレス」の選択肢が出てくるので、いずれかをタップする
  4. 友だちにしたい人を選択する

 

専用URLを送ってもらう場合は、URLの指示どおりにリンクをタップするだけでOKです。

PC版のLINEを使用する

実のところPC版のLINEは、格安SIMを使っていてもID検索ができます。

PC版には、当然ながらSIMカードの違いなど、何も関係がないのです。

ただし、PC版でログインができるように、事前に設定しておく必要はあります。

ふるふるは?

LINEには、端末同士を近くでシェイクすることでIDが交換できる「ふるふる機能」がありました。

しかし現在、「ふるふる機能」は廃止されているので注意してください。

LINEモバイルを使う

また、LINEモバイルを使うという方法もあります。

LINEモバイルとは、LINEが運営している格安SIMのことですね。

LINEモバイルであれば、例外的に年齢確認とID検索を実施できます。

 

その点だけではなくても、LINEモバイルは非常に優秀な格安SIM業者です。

たとえば、

  • 最安なら月額1,100円で利用できる
  • LINE利用時のデータ通信量はノーカウント
  • データフリーオプションを使えば、TwitterやInstagramもデータ通信量を消費しない
  • SIMカードは、早ければ当日にも発送される

 

といった点が挙げられます。

まだ有力な格安SIM業者を見つけていないのであれば、LINEモバイルの利用も検討してみましょう。

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ

LINEを使う

三大キャリアから格安SIMへ乗り換えると、やはりLINEの使い勝手が心配です。

結論から言えばLINE自体は問題なく使えます。

ただし、ID検索と年齢確認は使えなくなってしまうわけです。

 

とはいえ、これらが使えなくなったからといって、ものすごく困るわけではありません。

ID検索と年齢確認が使えなくとも、QRコードなどが使えるならば何の問題もないのです。

また、格安SIMでありながら、年齢確認が可能なLINEモバイルを使うという方法も考えられます。

 

格安SIMに乗り替えたからといって、大きな問題は起こりません。

安心して、格安SIMへと乗り換えましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士