iphone

iPhoneのガラスが割れた!自力でガラス交換することは可能?

  • iPhoneの液晶ガラスは自分で交換できるのか
  • 割れてしまった画面を自力でなんとかしたい

上記のように考えている人は多いでしょう。iPhoneは修理費が非常に高いので、自力で安く修理できるなら儲け物です。

しかし結論から言うと、自力で液晶ガラスを交換するのはかなり危険。本記事ではこの点について詳しく解説するので参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの液晶ガラスは自分で交換するのはむずかしい

割れたiPhone

iPhoneの液晶ガラスを自分で交換するのは、技術的な面も含めてあらゆる意味でむずかしいといえます。

まずはらの点について詳しく解説するので参考にしてください。

iPhoneの液晶ガラスを交換するのは高難度

液晶ガラスを交換するにはそもそも技術的まハードルがあることを認識しましょう。

成功するまでに、以下のような点をクリアしなければいけません。

  • まずiPhoneそのものを分解するのがたいへん
  • 液晶ガラスを過不足なく設置するのが困難
  • 交換過程で別な部品を傷つける可能性が高い
  • 仮に液晶ガラスを設置しても、正しく画面表示されないケースもある

機械にうとい人にとっては、iPhoneを分解する段階でまずハードです。

そのあとも二次故障の危険があったり、うまく設置できなかったりする可能性も。

とにかくリスクが高いことは、理解しておかなければいけません。

自分で交換したらAppleの修理サポートから見放される

自分で交換したらAppleの修理サポートから見放される点についても注意しなければいけません。

AppleCare +というサービスによって、iPhoneを修理することが本来的には可能です。しかし自力交換などの経緯があった場合、このサービスの対象外となります。

そして液晶ガラスを自分で交換したとなると、まず間違いなく自力修理の痕跡は残ります。おそらく正規修理店に持ち込めば、「自分で修理しようとしましたね?」と、すぐに看破されるでしょう。

iPhoneを修理するなら、とにかくAppleの修理サポートから外されることを覚悟しなければいけません。

自力での修理に失敗した場合のアフターケア

自力での修理に失敗した場合にできるアフターケアはほとんどありません。

基本的には新品を購入するなどの方法しか残されていないでしょう。

一度失敗したあとで、さらに何かの手を加えるのはおすすめできません。残念ながら修理に失敗した時点で、iPhoneの基板を触れるほどの技術力はないといえるでしょう。

それ以上タッチしても余計に状況を悪くするだけなので、失敗したと思ったならタッチしないことが重要です。

かといってiPhoneを使い続けるのはNG

ガラスが割れたiPhoneを利用し続けるのはおすすめできません。以下のような不具合と危険があるからです。

  • タッチの精度が落ちてしまう
  • さらなる画面割れにつながる
  • 破片が内部に入り込んでさらなる破損につながる
  • 破片によってケガをする可能性がある
  • 見た目がよくない

画面割れしたiPhoneを無理やり使っている人もいますが、かなり無茶な行為です。画面が割れてしまったら正しく対処しましょう。

特に注意したいのは破片です。内部に入り込んで二次故障したり、自分自身がケガをしたりとにかく危険です。

ガラスが割れた
大きなひび割れ
わざとやってる? iPhoneの画面が割れやすい理由

iPhoneの画面は非常に割れやすいもので、思わぬところでひび割れすることがあります。
しかし、なぜiPhoneの画面は割れやすいのか、理由が気になりますね。
本記事では、iPhoneの画面が割れやすい理由について解説します。

液晶ガラスが割れてしまった場合の正しい対処法

iPhoneの液晶ガラスが割れてしまった場合の正しい対処法は、大きく分けて3つ挙げられます。

  • 新しいiPhoneを購入する
  • 正規代理店で修理する
  • 非正規修理店で修理する

もっともおすすめなのは新しいiPhoneを購入することです。iPhoneの修理費は非常に高額なので修理はコスパが悪いのですが、新品を購入すればまだマシだといえるでしょう。

修理費用を端末代に充当することで新品が手に入ります。また基本的に新しいナンバリングが手に入るので、利便性も向上するでしょう。

 

次に取るべきなのは正規代理店での修理。しかしこれには数週間の修理期間がかかり、さらには相当な修理費用もかかります。

iPhoneのナンバリングにもよりますが、50,000円ほどかかるケースも少なくありません。

 

非正規修理店で修理するという方法もありますが、これもかなり高いリスクがあるといえるでしょう。まずここで修理した場合は、Appleのサポートは今後いっさい受けられなくなります。

また非正規修理店の場合「お金を払っても直るかわからない」という点が何よりも危険です。つまり修理費だけ支払って状況は何も進展しない、というのが往々にしてあり得ます。

 

正規修理、非正規修理ともに費用面をはじめさまざまな面でデメリットがあります。その点を踏まえれば、やはり新しいiPhoneを購入するのがもっともおすすめです。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの液晶ガラスは自分で交換せず買い替え検討がおすすめ

iPhone 白黒 割れ

本記事ではiPhoneの液晶ガラスを自分で交換する場合について解説しました。残念ながら自力でこれを実施するのはおすすめできません。

そもそもiPhoneを分解して開けるのがたいへんだし、更には液晶ガラスをうまく設置できるかも微妙なラインです。

さらにiPhoneを自力で修理した場合、iPhoneの修理サポートから見放される点にも注意しましょう。

 

もしiPhoneの液晶ガラスが割れてしまったなら、自分で交換せず買い替えを検討しましょう。修理をする方法もありますが、iPhoneの修理費は非常に高いことで有名です。

50,000円くらいは平気でかかると考えておきましょう。

その点を踏まえるなら、iPhoneの液晶ガラスが割れてしまったとき、新品への買い替えをおすすめします。これなら修理するよりもはるかにコスパがよいでしょう。

新しいiPhoneを購入するときは、オンラインショップから購入するのがおすすめです。ここから買えば事務手数料が無料になったり、端末料金が数万円単位で安くなったりします。

さらには新しいプランの利用料金が一定期間半額になったり、とにかくよいことばかりです。

新しいiPhoneを購入するときは、ぜひオンラインショップを開いてオトクに手に入れられるかチェックしましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士