iphone

iPhoneのガラスコーティングとは?やったあとは下取りできない?

iPhoneには、ガラスコーティングという加工方法があります。

しかしこの加工によって、「もう下取りができないのでは?」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では以下について解説します。

  • iPhoneのガラスコーティングをかけても下取りできる理由
  • ガラスコーティングの意味や実施するメリット

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのガラスコーティングしても下取りできないわけではない

かっこいいiPhone

結論から言えばiPhoneのガラスコーティングをかけたからといって下取りできないわけではありません。

よって、これから下取りしようとしている人は安心してください。

 

ガラスコーティングをかけていれば、つまり画面や背面がキレイに保護されているわけです。

となると、本体自体はキレイなままで、むしろ高価買取すら期待できます。

 

ただし「ガラスコーティング加工が邪魔だから」といって、査定が厳しくなるケースも。

しかしコーティングしていることポジティブに評価してくれる業者であれば、高く購入してもらうことが可能です。

とにかくガラスーコティングした時点で下取りできないわけではないので安心してください。

【補足】下取りで大切なのはiPhoneの状態とナンバリング

iPhoneの下取りで大切なのは、状態とナンバリングです。

ガラスコーティングがかかっていることは、さほど重要視されません。

たとえば(コーティングする前の段階で)画面にキズが入っていたり、カメラが故障したりしていれば、いくらガラスコーティングがかかっていても下取り価格は安くなります。

またナンバリングが古いものだと、なかなか下取り価格は高くなりません。

むしろ状態とナンバリングのほうを、よく確認する必要があると言えるでしょう。

そもそもiPhoneのガラスコーティングとは?

そもそもiPhoneのガラスコーティングとはなんなのか、知らない人も多いでしょう。

これはつまり、画面割れを防止するための加工の一種です。

iPhone全体に液状のガラスを塗ります。これは非常に頑丈なもので、少々高いところから落とす程度ではキズひとつつきません。

 

iPhoneを保護する方法として、強化フィルムやスマホリングが挙げられます。

しかしこれではスキがあるので、iPhoneのガラスコーティングにも注目が集まっているわけです。

iPhoneのガラスコーティングのメリットとは?デメリットもいっしょにおさえておこう

光沢のあるiPhone

iPhoneのガラスコーティングについて、ひとまず「下取りできない」という不安は解消されました。

続いて、コーティングを実施するメリットについて見ていきましょう。

  • 画面割れがほとんど起こらなくなる
  • ガラスコーティングは劣化しづらい
  • 汚れにも強くなる

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

画面割れがほとんど起こらなくなる

まずiPhoneのガラスコーティング加工をかければ、画面割れはほとんど起こらなくなります。

多少落としたりする程度では、ヒビひとつ入りません。

ガラスコーティングは非常に強度が高く、画面割れになやされるケースはほとんどなくなるでしょう。

ガラスコーティングは劣化しづらい

また劣化しづらいのもポイントです。

ガラスコーティングはガラスの一種であり、そう簡単には劣化しません。

少なくとも2,3年で効果が薄れる、ということはないでしょう。

劣化しづらいガラスコーティングなら、長い間しっかりとiPhoneを守ることが可能です。

汚れにも強くなる

iPhoneのガラスコーティングの強みとして、「汚れに強くなる」という点も挙げられます。

ガラスコーティングは汚れが染み込みづらく、また凹凸もないので、ゴミや皮脂などが溜まったりしません。

サッと拭き掃除するだけで、カンタンにキレイにすることが可能です。

画面割れ以前に汚れるのがイヤだという人は、iPhoneのガラスコーティングをやってみるのもよいでしょう。

デメリット①やり直しが効かない点にも注意しよう

ガラスコーティングはやり直しが効かない点に注意しましょう。

一度つけてしまうと、もう元には戻せません。

もちろんガラスコーティングが失敗しても、上塗りして調整するくらいしか方法がないわけです。

 

強化フィルムやスマホリングであれば、いくらでも後戻りできます。

どうしても気に入らなければ何も装着していない状態に戻すことも可能です。

 

しかし、ことガラスコーティングについては一度塗ってしまうとやり直しは効きません。

他の方法とは決断の重みが異なることに注意しましょう。

デメリット②光沢が気に入らない!というケースも多い

iPhoneをガラスコーティングすると、当然ながらきらきらした光沢が出てきます。

これは一般的に「キレイ」と評価されるものではありますが、全員がそう感じるわけではありません。

 

中には「きらきらしているのがイヤだ」「マットな感じがよい」と考えるひともいるはずです。

鈍くてずっしりとした印象が好きな人は、ガラスコーティングするとまったく満足できなくなります。

かならず仕上がりの状態を確認して、問題がないことを確認してからガラスコーティングを実施しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのガラスコーティングで下取りできないわけではない

艶のあるiPhone

本記事ではiPhoneのガラスコーティングについて詳しく解説しました。

結論から言えば、ガラスコーティング加工ひとつで下取りできないわけではありません。

まずはこの点について安心してください。

 

ガラスコーティングがかけられているというのはつまり、iPhone本体は大切に守られていた、という意味です。

つまり、むしろ本体状態のよさが評価され、高価買取につながるかもしれません。

ただし中にはガラスコーティングをネガティブに評価する業者もいるので注意してください。

 

もしiPhoneを新しく購入するなら、オンラインショップを利用するのがおすすめ。

オンライン限定の特典として、たとえばプラン料金が一定期間安くなったり、事務手数料がかからなくなったりします。

さらに端末料金が数万円単位で安くなることも。

ぜひ一度、オンラインショップをのぞいてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士