格安SIM

格安simなら家族割を!お得でおすすめの3業者を紹介します

投稿日:

docomoなどの三大キャリアは、昔かから「家族割」というプランを提供していました。

要するに「利用者の家族には、割引サービスを提供しますよ」というものですね。

 

しかし最近は、格安SIM業者が注目されるようになりました。

そして格安SIM業者も、積極的に「家族割」を導入しています。

 

家族割を利用すれば、ただでさえお得な格安SIM業者が、もっとオトクなものになるでしょう。

本記事では、格安SIMでの家族割のメリットや、おすすめできる格安SIM業者について解説します。

乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にして下さい。

楽天モバイル公式ページ
UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
こちらも見てね
格安SIM17社
【2020年】格安SIM17社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM18社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

そもそも、格安SIMの家族割って何がいいの? メリットは何?

家族 自撮り

まずは格安SIMの家族割で得られるメリットを確認しておきましょう。

想像しているよりも、幅広いメリットがあります。

トータルの利用料金が安くなる

もっとも大切なのは、割引によってトータルの利用料金が低くなるということ。

そして多くの場合、加入する人数が多ければ多いほど、割引額も大きくなっていきます。

家族全体でひとつの格安SIM業者を利用すれば、相当安くなるでしょう。

契約が一本化される

また、契約が一本化されるのもメリットと言えます。

なぜなら一本化されていると、携帯料金が管理しやすくなるからです。

たとえば家族内で「SoftBank・au・LINEモバイル」というようにバラバラの格安SIM業者を使っていると、料金管理はとても面倒。

支払日や平均的な月額料金もバラバラなので、家計簿的にはとてもややこしくなってしまいます。

 

一方で同じSIM業者に家族全員で入れば、支払い日はみんな同じ。

さらに利用料金の計算や管理なども、とてもカンタンになります。

通話料金も安くなる

格安SIM業者やプランにもよりますが、通話料金が安くなるケースもあります。

家族間で電話することが多い場合、とても大きなメリットと言えるでしょう。

 

ただし、「家族間で長電話はしない」という家庭も多いはず。

家庭内の事情次第では、無理に「通話料の割引」を追いかけないほうがよかったりもします。

データ通信量が共有できる

データ通信量が共有できるというのも、見逃せないポイントです。

親回線に振り分けられた通信量を、その他回線へ移したりできます。

 

たとえば「あまりインターネットを見ない父親の通信量」を、「Huluが大好きな子供のスマートフォンに移す」というようなことが可能です。

余ったり、使いすぎたりということが減るというわけですね。

というようにデータ通信量の共有をうまく利用すれば、より効率的にインターネットが楽しめるでしょう。

フィルタリングサービスがあるので、安心して使える

また、フィルタリングサービスというものがあるのも、ひとつのポイントです。

フィルタリングサービスとは、要するに「教育上よくないコンテンツが表示されないようにしてくれる」というもの。

家族に小さな子供がいても、フィルタリングサービスがあるなら安心して利用できます。

家族割でおすすめできる格安SIM業者3選を比較!

比較イメージ

というように家族割を利用すれば、格安SIMはさらにオトクなサービスとなるでしょう。

とはいえ、

 

「どの家族割がいいのかわからない」

「そもそも家族割がある格安SIM業者ってどこ?」

 

というような疑問を持っている人も多いでしょう。

下記では、家族割があって、なおかつおすすめできる格安SIM業者について紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル ロゴ

(引用:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)では、「家族二人目からは、利用料金が500円割引」という家族割が用意されています。

Y!mobileは、通信速度が速いぶん、少しだけ料金が高いのがネックでした。

しかし家族割を利用すれば、ずいぶんとオトクに利用できるようになります。

通信容量や音声通話の有無にもよりますが、3人家族で7,000円台、なんてことも。

 

ちなみに家族でなくても、「恋人同士」でも家族割の対象!

カップルなら、ぜひ仲良く一緒に加入したいところです。

Y!mobileはこちら->

iiJmio(みおふぉん)

IIJmio ロゴ

(引用:IIJmio

IIJmioでは、以下のような「ファミリーシェアプラン」という家族割を提供しています。

ファミリーシェアプランは、12GBの通信容量を、家族みんなでシェアするというものです。

たとえば3人家族なら、1人あたり4GBが使える、というわけですね。

もちろん「6GB・3GB・3GB」というように、自由に振り分けられることも可能です。

 

料金は、1人目が3,260円。

2人目から3人目までは、プラス700円で追加できます。

そして4人目からは、たったの400円で追加可能。

 

たとえば4人で分け合うなら、月額4,860円という安さになる、というわけですね!

ちなみに通信容量が足りなければ、「データオプション20GB」で、容量を追加することも可能。

このオプションは月額3,100円なので、4人家族なら月額7,960円の利用料金になるというわけですね。

それでも10,000円にはまったく届かないという、とてつもない安さです。

IIJmioはこちら->

UQモバイル

UQモバイル家族割

さらに、UQモバイルもおすすめです。

UQモバイルでは、以下のような家族割を用意しています。

UQモバイル割引1

(引用:UQモバイル

要するに、「家族の二人目からは、利用料金が500円割引」ということですね。

もし一番安いプランなら、画像のとおり家族3人で月額4,940円におさまってしまいます。

それはちょっと極端かもしれませんが、4人家族で10,000円すら超えない、ということもあるでしょう。

 

しかもUQモバイルは、格安SIM業者の中でも特に通信速度が速いことで有名。

ときには、三大キャリアと同じくらいのスピードを出すことも!

安さと使いやすさ両方を求める家族には、特におすすめです。

UQモバイルはこちら->

まとめ

スマホ 子供

三大キャリアと同じく、さまざまな格安SIM業者が「家族割」を導入するようになりました。

今ではすっかりプランが整備され、とても使いやすくなっています。

 

もし格安SIMを使うなら、「家族みんな」で乗り換えれば、とてもオトクになるはずです。

バラバラの三大キャリアを使っている、というようなケースと比較すれば、圧倒的に利用料金は安くなるでしょう。

楽天モバイル公式ページ
UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
こちらも見てね
格安SIM17社
【2020年】格安SIM17社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM18社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.