スマホ戦士達が、スマホに関する情報を集めるサイトです。

スマホ戦士

このエントリーをはてなブックマークに追加

docomo

ドコモの機種変更で頭金を取られない方法はありますか?

投稿日:

みなさんは、ドコモで機種変更するときどういう場所で機種変更していますか?

大体の人は、ドコモショップで機種変更すると思います。

しかし、街のアンテナショップや家電量販店でも機種変更は可能です。

でも、ドコモショップや家電量販店で機種変更すると余計なお金がかかるの知っていますか?

お金持ちならいいですけど、普通余計なお金がかかってしまうのなんて嫌ですよね。

その余計なお金の代表格が頭金です。

では、一体その頭金とはなんなのか、また、頭金を取られなくて良くなる方法はあるのか見ていきたいと思います。

ではでは、早速いってみましょう。

頭金とは一体何?

そもそも、頭金とは一体何なのでしょか。

頭金は機種によって設定金額が違いますし、なんと店舗によっても金額が違います。

そもそも頭金というとみなさん、どんなものを想像しますか?

一般的な感覚で「頭金」と言えば、商品代金の一部を先払い(この部分が頭金)し、その残債分を分割払いにしたり後払いにしたりする支払い方法のことを言います。

ちなみにWikipediaでは、

頭金(あたまきん)とは分割払いなどで最初に支払うある程度のまとまった金銭。 一般では消費者が住宅や自動車などの高額な購入をする際に、ローンでの支払いを選択した場合に最初に支払うこととなるまとまった額の金銭

と記されています。

しかし、ドコモショップの頭金は一般的な頭金とは違います。

ドコモショップにおける頭金とは、簡単に言うならば、店舗で契約するための契約料金という感じです。

本来の意味での「頭金」と2重取りをしているわけではなく、店の利益を確保するための手数料として設定しているはずです。

つまり、頭金を設定しているドコモショップでは「頭金+機種本体代金+契約事務手数」が発生していて、「ドコモの頭金」と「端末価格」は全くの別物であることを認識しなければなりません。

だから、この頭金は機種別に、店舗毎に違ってきているということです。

ドコモショップが言うには、一般的な意味での「頭金」とは違うけれど、商品購入時に最初に支払う料金・手数料として便宜上、「頭金」と言っているだけで、この料金を課すること自体は法律にもドコモの運営方針にも反していないと話しています。

確かにそうかもしれませんが、かなり紛らわしいと思います。

頭金の料金はいくら?

では、一体その頭金はいくらぐらいなのでしょうか。

各ドコモショップで価格設定は違っていますが、大体5,000円から10,000円程で設定されている場合がほとんどです。

この頭金は、店舗や代理店ごとに決められていて、ドコモは全く関与はしていません。

また、頭金も値上がり傾向にあります。

理由としては、総務省の値引き規制が厳しくなり、売上が減ってきたという背景があります。

また、前まではiPhoneなどのApple製品には頭金を課すことは出来なかったのですが、最近になり、代理店での頭金徴収が解禁されたことにより、Apple製品購入時にも頭金を徴収する店舗が出てきました。

頭金0円の店舗はあるのか?

ドコモショップが設定している頭金ですが、上記で話したように、各店舗でその価格設定は自由に行えます。

つまり0円にすることも出来るということです。

しかし、条件なしに0円でやっているショップはなかなかありません。

投げ売りしている携帯や、スマートフォンなどは頭金0円になっていることもありますが、人気の機種、最新機種はかなり難しいです。

ただ、よくあるパターンで頭金を0円にしますということがあります。

それは、特定の料金プランへの加入や、有料コンテンツの加入、オプション品などの購入です。

これらの加入条件を満たせば、頭金を0円にしますということです。

しかし、気を付けてほしいのが、今まで以上に高い料金プランを進められたりすることもあるということです。

また、有料コンテンツは1ヶ月無料という場合もあるのですが、解約は自分で行わないといけません。

解約を忘れて、知らない間にコンテンツ料金が引かれているというパターンも数多くあります。

結果、頭金を支払うより高い金額を支払ったという場合もあるということです。

頭金が0円になる加入条件は注意深く確認しましょう。

頭金を0円にするにはどうするのか?

店舗での頭金を0円にする方法はわかったと思います。

しかし、最新機種などは頭金0円の対象外ということも多々あります。

でも安心してください、頭金を完全に0円にする方法があります。

それは、ドコモオンラインショップを利用するということです。

ドコモオンラインショップはこちら↓

ドコモオンラインショップを利用すると頭金が0円になるだけでなく、他にもいいことがたくさんあります。

では、どういったメリット、デメリットがあるのか、見ていきましょう。

メリット1 頭金が0円


ドコモオンラインショップはドコモが運営する公式サイトです。

ドコモショップなどの実店舗と違い、頭金が全くかかってきません。

機種変更、新規契約、乗り換えなどどのような場合でも頭金は0円です。

手数料が安い


ドコモショップで機種変更などを行うと、頭金の他に、手数料が取られます。

この手数料ですが、ドコモオンラインショップでも取られてしまいますが、その金額が安く設定されています。

  新規・MNP 機種変更
(xi→xi)(FOMA→FOMA)
機種変更
(FOMA→xi)
ドコモオンラインショップ 3,000円 無料 2,000円
ドコモショップ・家電量販店 3,000円 2,000円 3,000円

詳細は、表の通りですが、機種変更に関しては、無料もしくは、安く設定されています。

頭金と合わせると3,000円以上の開きが出てくると思います。

この金額差はかなり大きいと思います。

メリット2 待ち時間がない

ドコモオンラインショップはインターネットさえ繋がっていれば、24時間365日受付可能です。

もちろん待ち時間などありません。

お金とは直接関係ないと思いますが、タイムイズマネーというぐらいです。

無駄な時間はない方がいいに決まっていますよね。

メリット3 受け取り方法が選べる


ドコモオンラインショップでは、商品の受け取り方法を選択できます。

●自宅受け取り
●コンビニ受け取り
●ドコモショップ受け取り

の3つから選択可能です。

基本的に自宅受け取りにしておけば届けてくれます。

もし、不在の場合が多いのであればコンビニ受け取りを選択しておくといいと思います。

メリット4 無駄な勧誘がない

ドコモショップなどで機種変更しようとすると、「現在一緒にタブレットを契約するとお得です」、「このオプションに入れば機種代金を少し割り引けます」などと、無駄なオプションや、無駄な機種などを勧誘してきます。

もちろんいらないと言っておけばいいだけの話ですが、ドコモオンラインショップでは、そんなことは一切ありません。

自分の意思で必要なサービスだけ選択すればいいのです。

デメリット1 相談できない

ドコモオンラインショップの一番のデメリットと言っていいのが、相談できないということです。

店舗ならば、目の前の店員さんがわからないことを教えてくれます。

しかし、ドコモオンラインショップはわからなければ自分で調べないといけません。

プランやオプションは年々複雑になってきています。

普段からキャリアを研究している人ならば大丈夫でしょうが、普通の人だとかなり難しく感じることがあると思います。

しかし、インターネットで調べれば大抵のことはわかると思います。

また、ドコモオンラインショップでチャットサポートというサービスを行っています。

下記のバナーをクリックするとチャットが始まります。

基本的なことは回答が返ってきますのでぜひ活用しましょう。

また、店舗に聞きに行くという選択肢もあります。

時間はかかりますが、お金には変えられないと思います。

ドコモオンラインショップはこちら↓

まとめ

どうだったでしょうか。

頭期のこと少しはわかってくれたでしょうか?

確かに、店舗にとっては頭金は大事な収入源の1つだと思います。

しかし、ユーザーからすればいらないお金でしかないと思います。

そこで活用してほしいのがドコモオンラインショップです。

頭金が0円になるだけでなく、他にもお得なことが数多くあります。

ぜひ、ドコモオンラインショップを活用して、安くお目当ての機種をゲットして楽しいスマートフォンライフを送りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

役に立ったと思ったらクリックして応援してね。それがやる気となって更新頻度が上がります。
霊夢
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
応援してね


こっちもね!

-docomo
-, ,

Copyright© スマホ戦士 , 2018 All Rights Reserved.