iphone

iPhone14は衝突事故を検出できるのか?検知機能の欠点は?

2022年秋に発売されたiPhone14シリーズには、「自動車の衝突事故を検知する」という機能が搭載されました。要するに命を守るための重要な役割まで与えられるようになっています。

しかし、「自動車の衝突事故をどの程度正確に検知できるのか」と、懐疑的に考える人もいるでしょう。

実際、エアバッグも事故の際には「出なかった」「正しく膨らまなかった」という話がしょっちゅう聞かれます。それよりもアバウトそうな衝突事故の検知を疑うのはむしろ自然なことでしょう。

本記事ではiPhone14が衝突事故をどのていど正確に検知できるのか解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone14は衝突事故を検知できる

iPhone14 カラバリ

(引用:Apple

結論から言うとiPhone14は衝突事故を検知することが可能です。少なくとも「お飾り」程度のものではありません。

実際に検知できるか実験した動画がある

iPhone14が本当に衝突事故を検知するのか、実験した動画があります。

海外のYouTuberが、なんと自動車同士をぶつけて確認しています。彼の名前はTechRax。モノを壊したり、解体したりする動画で人気を博している存在です。

実験のやり方はとてもフェア。

まず廃自動車にiPhone14Proを固定します。その後自動運転の自動車を低速・高速で1回ずつぶつけました。

そうすると2回中2回、iPhone14Proは衝突事故が起こったと判断。けたたましいアラートをかき鳴らしました。

その後、きちんと緊急ダイヤルへつなぐステップへと移っています。

高速でぶつかったときに反応できるならまだしも、低速でも正しく検知できるのはおどろきです。

iPhone14シリーズがあれば、大きな事故に巻き込まれても119へ速やかに通報してくれそうです。

iPhone14シリーズにおける衝突事故検知機能の仕様

ちなみにiPhone14シリーズの衝突事故検知機能は、以下のような動作を示します。

  1. 衝突事故だと判断したとき、「緊急電話」の選択肢を表示する
  2. スライダーをスワイプした場合、119につなぐ
  3. キャンセルを選択すれば、通常の状態に戻る
  4. スライダーに対して10秒間反応がなかったら、もう一度10秒間のカウントが始まる
  5. 10秒間の間、大音量のアラートと激しいバイブレーションを発する
  6. それでも操作が認められなかった場合、119に自動で通報される

なおApple Watchを所有しているなら、緊急電話のスライダーはApple Watchにのみ表示されます。

またiPhoneがアラートとバイブレーションを発している間、Apple Watchもハプティックでユーザーに反応を求める仕組みです。

多少の遅延があるのと、カウントダウンが厄介

iPhone14シリーズは、かなり正確に衝突事故を検知できそうなのですが、上記動画では弱点も見えています。

まず、衝突事故発生から反応を示すまで数秒の遅延があること。もしかしたらこの遅れが生死を分つかもしれません。

また検知された時点でユーザーが画面を操作できない場合は、自動通報されるまで20秒間のタイムラグがあります。

そうするとユーザーがiPhone14を操作できない状態にあるなら、トータルで通報まで20秒から30秒程度遅れるわけです

もし事故が重大だったなら、これが文字どおり命取りかもしれません。通行人の通報のほうが早い可能性もあります。

そして最大の欠点として、「端末自体が事故で故障する」という部分も。

衝突事故を検出するだけでも大した進歩です。しかし「事故があった瞬間即ダイヤルする」とか、そういったスピード感ではない点に注意しましょう。

ジェットコースターで誤作動を起こすケースもある

iPhone14シリーズは衝突事故を検知しますが、たまに勘違いする様子。ジェットコースターに乗っていると、「衝突事故があった」と誤った反応を示す様子です。

日本の119にあたる米国911通信センターは、「2022年9月以降、ジェットコースターの利用者のiPhone14から、6回も通報が入った」とのことです。

もちろん、日本でも同様のことは起こり得ます。もしジェットコースターに乗るなら、衝突検知機能が動作しないように設定するか、誰かに預けるか、対策する必要があるでしょう。

参考文献:ITMedia-Appleの衝突事故検出、ジェットコースターで911通報

iPhone14シリーズに搭載されたその他の魅力的な機能一覧

iPhone14シリーズには、衝突検知機能のほかにもさまざまな新技術が搭載されています

  • 現在のアプリの状態や進捗を画面上部で示す「Dynamic Island」
  • 衛星通信による緊急通報
  • 常時表示ディスプレイ
  • 光学ズームオプションにおける「×2」の追加etc.

また最新のA15 Bionicを搭載していたり、Pro以上なら広角カメラが4,800万画素に対応していたり、明らかに進化しています。

衝突事故検知機能は、正直なところそうそう出番があるものではありません。しかし「Dynamic Island」はしょっちゅう参照するし、カメラに至っては誰もが利用するでしょう。

こういった点はユーザーから高く評価されており、iPhone14シリーズを購入する大きな動機となっています。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhone14シリーズは衝突事故を起こしたとき、命を救うかもしれない

iPhone14 クリーム

(引用:Apple

本記事ではiPhone14シリーズの衝突事故の検知機能について解説しました。実験動画などを参照する限り、本当に事故があったら緊急電話をかけるように動作する模様です

もちろん衝突事故と言っても、規模や重大さというのがあります。ちょっとこすった程度では検知できないし、また検知できなくて正解です。ただし明らかに通報が必要そうな衝突事故では正常に機能すると期待してもよいでしょう。

それ以外にもiPhone14シリーズには多数の新機能が追加されました。さらに、カメラやチップなども順当もしくは期待以上に進化しています。

もしiPhone14シリーズが欲しいなら、オンラインショップや下取りサービスを活用しましょう。やや高価な端末ですが、これらを利用すれば相当安く入手することが可能です。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士