格安SIM

格安SIMは使い物にならない? 後悔しないための選び方

最近では、三大キャリアから格安SIMへ乗り換えるのが当たり前になりました。

多くのユーザーが格安SIMのお得感に魅せられて、次々と三大キャリアから移動しています。

 

とはいえ、格安SIMに大しては、

「格安SIMは安いけれど、使い物にならない」

「格安SIMはやめたほうがいいのかも」

「ネットで”やめとけ”と言っている人がいたから心配」

 

といった疑問や不安を持っている人もいます。

いくら安くても、使い物にならなければ使う気にはなれないですよね。

たとえば「通信速度が遅くて毎回イライラする」なんてことがあれば、最悪です。

 

本記事では、格安SIMが使い物にならないのか、真剣に分析します。

その他、格安SIMのメリットや注意点などについていも解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

格安SIMは使い物にならない?

iPhone 操作

結論から言うと、使い物にならない、なんてことはありません。

たしかに三大キャリアとして、多少できないこともあります。

だからといってものすごく不便なわけでもなく、まして「使い物にならない」といったことは、まずあり得ません。

 

最近の格安SIMは、数年前と比較して恐ろしい勢いで成長しています。

たしかに格安SIMが登場したころは、たとえば「速度が遅い」「さほど安くもない」といった部分もありました。

 

しかし、今は三大キャリアと大して変わらないほど、格安SIMの性能は向上しています。

たとえば速度面で言えば、混雑時を除けばほとんど遜色ありません。

それどころか、たまに三大キャリアより速くなることも。

 

料金も、月3,000円くらいまでは簡単に落とせます。

またキャンペーンなどを利用すれば、初期費用がおさえられるケースも。

 

上記のような点から、「格安SIMは使い物に”なる”」と言えるでしょう。

三大キャリアの利用料金がネックになっている人は、格安SIMへの乗り換えを検討するべきだと言えます。

格安SIMのメリット

メリット

上記でも簡単に触れていますが、もう一度格安SIMのメリットをおさらいしておきましょう。

下記のメリットは、ほとんどすべての利用者に当てはまるはずです。

とにかく安い

最大のメリットは、やはり「とにかく安い」点が挙げられるでしょう。

三大キャリアの場合、月額利用料金はおおよそ9,000円弱。

ここにキャリア決済などの利用料金が乗れば、だいたい月10,000円くらいにはなるでしょう。

 

しかし、最近の格安SIMは3,000円程度でも利用できます。

三大キャリアと比較すると、年間で80,000円くらいは節約できますね。

もっとプランを厳選していけば、月1,000円台でおさえられるケースも。

料金プランがシンプル

また、料金プランがシンプルなのもポイントです。

三大キャリアで提示されるプランは何かとややこしくて、時には「だまし」のように感じられるケースもあります。

2020年12月にauが5Gプランを発表しましたが、その時も「プランがわかりづらい、不誠実だ」と非難されたりもしました。

しかし、格安SIM業者が提示するプランは、とてもわかりやすいものです。

 

だいたいの格安SIM業者は、月々の通信量に応じて「松・竹・梅」にあたるプランを提示しています。

そこからひとつ選び、あとはいくつかオプションをつけるというシンプルな仕組みになっています。

契約の縛りがゆるい

格安SIM業者は、基本的に三大キャリアよりもゆるい契約を提案します。

携帯電話といえば、たいていの場合2年契約でした。

しかし格安SIMでは1、年契約が主流です。

よって、別なキャリアや格安SIM業者へ乗り換えることも、かなり実施しやすくなります。

格安SIMの注意点を解説

ポイント

上記を参考にしてもらえれば、格安SIMがすぐれた存在だと理解してもらえるでしょう。

少なくとも、「使い物にならない」といった誤解は解けているはずです。

とはいえ、まったくデメリットがないわけではありません。

特に、以下のような点については理解しておく必要があります。

多少速度は遅くなる

まず、三大キャリアと比較して多少なりとも速度は遅くなるでしょう。

といっても、普段からものすごく遅くなるわけではありません。

 

しかし、

  • 会社のお昼休み時間
  • 通勤・帰宅ラッシュ
  • そもそも人通りの多い場所

 

などでは、三大キャリアと比較してやや通信速度が遅くなりがち。

この点については、きちんと理解しておきましょう。

 

通信速度は、格安SIM業者によって少しずつ異なります。

特に通信速度が速いと評判なのは、UQモバイルで、このあたりから詳しくチェックするとよいかもしれません。

LINEでの年齢確認ができなくなる

おそらく、スマートフォン利用者でLINEを使わない人はいないでしょう。

そして格安SIMでも、LINEにある基本的な機能はすべて利用することが可能です。

もちろん、メッセージだって好きなだけ送受信できます。

 

ただし、「年齢確認ができなくなる」という点には注意。

LINEでは、「ID検索でのともだち検索・追加」などを利用するときには、かならず年齢確認が実施されています。

年齢確認ができなければ、青少年保護の観点から一部機能が使えないわけです。

 

つまり格安SIMでは年齢確認をクリアできず、ID検索などの一部機能が使えなくなってしまいます。

代替えの方法はいくらでもありますが、年齢確認ができないのは少し不便かもしれません。

端末のバリエーションが少ない

さらに、格安SIM業者が取り扱っているスマートフォン端末は、バリエーションが弱い点に注意しましょう。

たいていの格安SIM業者は、三大キャリアと比較して半分にも満たない種類の端末しかラインナップしています。

また、最新機種などが取り扱われているケースも多く、たいていは型落ち品です。

 

どうしても使いたい機種があれば、スマートフォンを持ち込んで格安SIM業者と契約するようにしましょう。

中古ショップで売りに出されている機種を購入して持ち込む、といった方法もあります。

楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ:格安SIMなら、UQモバイルがおすすめ!

いまだに疑われることが多い格安SIMですが、決して「使い物にならない」なんてことはありません。

むしろ、三大キャリアよりも安くて快適に使える場合もあります。

 

格安SIMへ乗り換えるなら、まずはUQモバイルをチェックするのがおすすめ。

(引用:UQモバイル

UQモバイルはとにかく通信速度が速く、なんと最大で150mbpsを記録します。

これは、三大キャリアと大して変わらないほどの速度ですね。

 

uqプラン

(引用:UQモバイル

 

さらに利用料金も安く、画像のように月額2,000円台でおさえられる場合もあります。

通話機能を使わないなら、基本料金980円程度という破格の値段で利用できることも。

 

そんな背景もあってか、UQモバイルは「最強の格安SIM業者」と言われることも珍しくありません。

ぜひ一度、UQモバイルをチェックしてみてください。

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士