iphone

iPhoneの充電が100%にならないのはなぜ?原因と対処法を解説

  • 「iPhoneの充電がいつまで経っても100%にならない」
  • 「なぜか80%で止まってしまう」

こういった問題悩まされている人は多いのではないでしょうか?

 

iPhoneではときどき100%充電できない現象が起こります。

本記事ではその原因と対処法について解説するので、充電の問題を解決したい人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの充電が100%にならないのはどうして?

充電中

iPhoneの充電が100%にならないなら、原因は以下が挙げられます。

  • iPhoneが熱くなっている
  • 一時的な不具合
  • 最適化されたバッテリー充電が起動している

技術的なバグが原因と考えがちですが、意外にもiPhoneが熱くなっているのが理由であることも。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

iPhoneが熱くなっている

iPhoneが熱くなっている場合、充電が100%まで至らないケースがあります。

特に真夏の日には、この現象が起こりやすい様子。

どうもiPhoneは温度が高いとフル充電を避けるような傾向がある様子です。

逆に冬場にはこういった現象は起こらない傾向にあります。

一時的な不具合

あまり考えられないことですが、iOSやハードウェアの一時的な不具合であることも。

これについてはかなり予測、特定しづらく、なかなか解決に至らないケースもあります。

もし一時的な不具合があれば、再起動やiOSの再アップデートやリカバリーといった処理が必要になることも。

最適化されたバッテリー充電が起動している

フル充電できないなら「最適化されたバッテリー充電」という比較的新しい機能が起動しているかもしれません。

これはiOSから採用された、「充電を80%止める」というはたらきを示します。

「なんのためにやってるんだ」というと、バッテリーの摩耗を減らすためです。

iPhoneは100%まで充電すると、バッテリーに負担がかかってしまいます。

それを防ぐために、充電容量80%でとどめている、というわけです。

iPhoneの充電が100%にならない場合の対処法

iPhone 充電をする

iPhoneの充電が100%にならないときは、以下の方法を試してください。

  • 「最適化されたバッテリー充電」の設定を確認する
  • オンなのに80%以上にならないなら再起動する
  • どうしても80%以下で止まるなら冷却する
  • 充電器を交換する
  • iOSをアップデートする
  • 初期化する

基本的に上から順で試していけば、効率的に解決できます。

変な順番で進めると無駄な時間をかけることになるので、注意してください。

「最適化されたバッテリー充電」の設定を確認する

最初に「最適化されたバッテリー充電」の設定を確認しましょう。

確認する方法は以下のとおりです。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「バッテリー」を開く
  3. 「バッテリーの状態」をタップする
  4. 「バッテリー充電の最適化」をタップする
  5. スライダを動かしてオフする

これでiPhoneが100%まで充電されるようになりました。

オフなのに80%以上にならないなら再起動する

「最適化されたバッテリー充電」の設定をオフにたら、100%まで充電されるはずです。

しかしそれでも80%で止まってしまうなら、再起動してみましょう。

ほとんどの場合再起動するだけで、正常に充電されるはずです。

どうしても80%以下で止まるなら冷却する

どうしても80%以下の充電で止まってしまうなら、いったん冷却してみましょう。

先ほども触れたとおり、iPhoneは暑すぎるとフル充電できない傾向があります。

 

といっても、冷蔵庫に突っ込んだり、雑なやり方はおすすめできません。

涼しい場所に置いたりして、少しずつ冷やしていくことが大切です。

じゅうぶんに冷却されたら、もう一度iPhoneを充電してみましょう。

充電器を交換する

それでもiPhoneが100%まで充電できないなら、充電器側かケーブルに問題があるかもしれません。

この場合はそれらをまったく新しいものに変えてみましょう。

もしMacBookなどを持っているのであれば、左側のポートに差し込むことが可能です。

別ルートで充電できたのであれば、iPhoneにはなんら問題なかったわけです。

iOSをアップデートする

充電器にも問題がないとすれば、そろそろiPhone側での不具合が疑われるでしょう。

最初に試して欲しいのはiOSアップデート。

iOSには不具合がつきもので、古いままだといろんなバグが起きるようになります。

もちろん充電が100%にならないという現象が起きても、まったくおかしくありません。

それほどにiPhoneはiOSのアップデート放置によって問題を起こしやすいわけです。

アップデートの手順は以下のとおり。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を開く
  4. 「自動アップデート」をタップする
  5. 「iOSアップデートをダウンロードする」をオンに切り替える
  6. 「iOSアップデートをインストール」をオンに切り替える

これでiOSが新しくなり、正常に充電できるようになります。

初期化する

iOSアップデートでも改善されないとなると、初期化まで試す必要があります。

要するにデータをバックアップしたうえで、iPhoneを購入時の状態へ戻すわけです。

この方法なら、ほとんどの不具合を解決することが可能です。

手順は以下のとおり。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「転送または”デバイス”のリセット」をタップする
  4. 「すべてのコンテンツと設定の消去」を選択する

このあと画面の指示にしたがってアクティベーションを進め、バックアップデータを引き戻せば元の状態に戻ります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

充電 カラ

iPhoneが100%まで充電できないトラブルは、さほど厄介なものではありません。

たいていの場合、少し操作したり設定を見直したりすれば解決するはずです。

 

ただし初期化しても直らないなら、iPhoneそのものが買い替えの時期を迎えているのかもしれません。

もしそう判断したなら、安く買えるオンラインショップを利用しましょう。

オンライン限定割引として事務手数料が0円になったり、端末料金が半額になったり、強力なキャンペーンが多々開催されています。

ぜひ一度オンラインショップをのぞいてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士