docomo

ドコモのベーシックパックは変更できないってホント?従来プランと比べて見た

投稿日:

ベーシックパック変更できない?

家電量販店でドコモを担当している花木です。

 

2019年6月1日からの新料金プラン開始に伴い

通常閑散期のはずの売り場にひっきりなしにお客様がいらっしゃいます。

 

安くなったから早速変えよう!!
お客様

 

花木
ちょっと待ってください!

 

すぐにベーシックパックからギガライトに変更することはおススメしません!

 

というより変えることができない方が多いというのが現状です。

そこで今回は従来型のプランからベーシックパックへの価格改定時を参考に

なぜベーシックパックは変更できないと言われているのかを解説します!

 

ベーシックパックを変更できない一番の理由とは?

なぜせっかく安くなるのにギガライトに変えてはいけないの?
お客様

 

一度新料金プランに変更すると

二度と現行のベーシックパックや

データパックなどすでに受付終了しているプランには戻せません!

 

今後の端末値引きの仕組みなどがはっきりわかってからギガライトに変更するか

見極めても遅くはないと思いますよ!!

 

2view
arrows Be3商品バナー
arrows Be3(F-02L)の発売日や価格は?割れないスマホで小栗旬と山田孝之がCMに!

(画像引用:ドコモ公式サイト) ドコモから2019年夏モデルとして発売される機種の中からこの記事では「arrows Be3(F-02L)」という機種を紹介します。 arrows Be3(F-02L)は ...

 

機種代の分割がある人は月々サポートが無くなる

例えばXperiaiPhone8などの

人気のスマホを2年以内に購入した方は

機種代の分割が終わってからプラン変更することをおススメします。

 

参考として月々サポートの例をご覧ください

月々サポート例

ドコモ料金シュミレーターより抜粋

人気機種のXperia XZ3(SO-01L)です。

 

この機種は普通に買うと4101円×24回の機種代金がかかりますが

月々サポートにより△1728円×24回の値引きがあります。

 

これにより機種代金の実質負担金は2373円×24回となり

最上位の人気モデルにも手が届くようになっているのです。

 

この状態でもしギガライトに変更した場合

月々サポートは翌月利用料金から終了します。

 

いきなり負担が増えてしまうとせっかく利用料金が安くなっても意味がありません

 

月々サポートを受けている方は終了してからのプラン変更をご検討ください。

 

参考

ドコモ料金シュミレーションはこちらから

 

端末購入サポートを利用して購入した方は解除料がかかる

端末購入サポートは

12か月以上の指定プランの利用を条件に本体代金が大幅に値引きされる仕組みです。

 

ギガライトに変更した場合はこの

指定プラン外となり所定の解除料金が請求されます。

 

参考

契約解除料はこちらの公公式サイトよりご確認ください

 

一例として

iPhoneXを乗換で端末購入サポート適用の人は…

 

ギガライトに変更した翌月に52,164円

の解除料が発生します…恐ろしい!!

 

ポイント

端末購入サポートは13か月目以降は縛りがなくなります。

しかし解除料が高額なのでギガライトに変更する場合には間違いなく13か月経っていることを

マイドコモや151で確認してから変更しましょう。

 

ベーシックパック以前のデータパックを変更していない人が多い理由

プラン変更はゆっくり考えるとして

 

そもそもベーシックパックより前のプランを使っている人も多いです。

 

今回の新プランギガライト・ギガホとは違い月々サポートなどは継続だったにも関わらず

プラン変更をしない人が多かったのはなぜでしょうか。

 

データパックは良くも悪くも料金が固定のプラン

旧プラン データパック

まるでマックのコーヒーのようにデータ使用料をあらかじめ選んで契約するものです。

データSパック

データMパックなど…

 

実は現在もご利用中の方結構いらっしゃいます。

 

なんでベーシックパックに変えなかったのかな?
お客様

 

実は現行プランであるベーシックパックはおトクに使えるプランです。

 

データSパック ベーシックパック
1ギガ未満利用時・5分かけ放題 5500円 4900円

 

従来のデータSパックと比べると600円も安くなっています。

 

しかし上の表のような使い方をする人は多くはありません。

安くなると聞いてプラン変更したら高くなった
お客様

 

こういったご指摘もかなりあります。

 

理由はベーシックパックの仕組みにありました。

ベーシックパックは実際の使用状況が価格に反映されるプラン

日本人の標準のデータ使用料は2~5ギガと言われています。

 

実は私も2ギガあれば十分なんですが

毎月1ギガ以上は必ず使います。

 

つまりベーシックパックの最安になる人はほとんどいないということです。

 

私のように2ギガ使う人は下記のようになります

データS ベーシックパック
データ2ギガ利用時・5分かけ放題 5500円 6000円

 

花木
普通に使っていたら高くなってしまいました

 

 

データ使用量に気を配れば安くなる

 

 

ベーシックパックの特徴は、裏を返せば

 

 

よほどデータ使用を抑えなければ高くなってしまう

 

プランなのです。

 

ベーシックパックが誕生した理由とは?

高くなるプランをわざわざ作ったの?ひどい!
お客様

 

これには深~いワケがあります。

 

ベーシックプラン誕生以前の標準的なスマホの料金は

1万円前後と言われていました。 

 

理由はデータパックという制度そのものにあります。

 

その当時は初めてスマホを持つ人がたくさんいた時代です。

ですからみなさん自分がどのくらいデータを使うかなんてわからなかったのです。

 

そしてそれは店員さんたちも同じでした。

 

データパック提案例

せっかくスマートフォンにするならを気にせず使いたいですよね?

標準データパックはⅯですし5ギガデータがあれば余裕をもって使えますよ!

 

店員さんたちはデータSで容量を超えて速度制限がかかるよりも

よりたっぷり使えるデータⅯの方が魅力があると伝えたのです。

 

旧プラン・データパックの利用料金は以下となります

データパック利用料金一覧

ドコモ公式より引用

 

こうしてドコモユーザーは標準

 

データⅯ+5分かけ放題=7000円+機種代金

 

という高額な利用料金が出来上がり

スマホは高いというイメージが定着してしまったのです。

 

段階性の料金プランで無駄なく使った分だけ支払えるようになった

全然使わないのに毎月1万も払ってる!
お客様
お客様
店員から標準と言われたから決めたのに全然自分に合ってない!

 

過去の利用者からの指摘

そして競合他社の格安プラン誕生などを機に

ドコモとしてもプランを見直しました。

 

そして誕生したのが

2018年5月から継続中のベーシックパックです。

ベーシックパック画像

ドコモ公式より引用

 

 

ベーシックパックの新規受付は5/31で終了します

スマホが登場して10年

一般普及が始まって5年以上経ちます。

 

2019年現在のスマホ利用者は

  • 自分がどの程度のデータ量を必要なのか
  • どのような使い方をすればデータを使用するのか
  • データ消費しないためにどうすればよいか

個人差はあるにせよ、各々スマホとの付き合い方を知っています。

全くの無知だったベーシックパック発表当初とは違い

今は売る側も買う側も

 

スマホをどう使えばおトクになるか

 

を考えることができる時代になっています。

 

ベーシックパックの受付は2019年5/31で終了となりますので

新料金プランギガライトに変更するかどうかはじっくり考えてから

後悔の無いプラン選びを行いましょう!

 

まとめ

今回はドコモの従来型プラン、データパックまでさかのぼり

ドコモの料金プラン変遷の歴史と

新料金プランへ変更する際の注意点をまとめてご紹介しました。

 

ギガホ・ギガライトの新料金プランが受付されるのは6月1日からとなっています。

 

データ2ギガ・5分カケホーダイ利用時 データSパック ベーシックパック ギガライト
5500円 6000円 4680円

 

従来型データパックと現行のベーシックパック、そして新料金プランギガライトを

同じ条件で比べた月額料金です。

 

こうやって比較するとドコモが自信をもって「一番安い」と発表したのは間違っていないと思います。

 

ただし今回の記事でまとめたように

度変更したプランは二度と旧プランへは戻せません!

 

月々サポートや端末購入サポートの解除時期なども大変重要なので

ぜひこの記事を参考に失敗のないプラン選びをされてください!

 

本体代の値引きがある今のうちに買い替えた方がいいかも!
お客様

 

と思ったあなたに朗報です!

ショップは現在問い合わせで混雑していますので

ドコモのオンラインショップをのぞいてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら↓

 

手続きも簡単で、待ち時間も不要ですよ♪

さらにおトクになるスペシャルキャンペーンも開催中なのでよかったらこちらの記事で確認してください。

 

 

ドコモオンラインショップは非常にオトク!

この記事を読んでいる方は近々、機種変更を予定されているかと思います。

そんなあなたにとてもオススメな機種変更方法があります。

それは便利でお安く機種変更ができるドコモのオンラインサービス、ドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するオンラインショップです。

2018年でちょうど10年を迎え、すでに多くの人にご利用いただいております。

ドコモオンラインショップを使うとスマホをドコモショップや家電量販店より

安く購入する事ができるという経済的なメリットと

ネットに繋がっていれば24時間日本全国どこからでも利用できるという時間的なメリットもあります。

まとめると以下の通りです。

経済的メリット
・頭金3,000~10,000円が不要
・新規・機種変更にかかる事務手数料無料
・送料無料
・dカード特約店なのでポイント2倍

時間的メリット
・24時間日本全国どこからでも利用可能
・来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了
・選べる受取場所

では、1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金3,000~10,000円が不要

ドコモショップや家電量販店でスマホを買うと3,000~10,000円の頭金ってかかりますよね?

こんなのです。

こんな高いのもあります。

え、頭金って店舗によって違うの?と思った方は中々鋭いです。

普通、頭金というと高額商品を購入する際の一部の代金というイメージがありますが

スマホの場合は、機種代金ではなく「店舗の販売手数料」なんです。

ですので、店舗によって3,000円~10,000円まで差があります。

この頭金がドコモオンラインショップだとなんと無料、つまり0円です。

これでまずは3,000円~10,000円程、お得になります。

実際に手続きを途中まで進めてみると思っている以上に簡単でわかりやすいです。

無駄な頭金を店頭で支払いたくないという人や

少しでもお得に機種変更したい人の多くが

便利でお得なオンラインショップの手続きに移行している傾向があります。

機種変更にかかる事務手数料無料

次に機種変更にかかる事務手数料が無料な点についてです。

ドコモで新規・機種変更する場合は、ドコモショップや家電量販店だと

通常2,000円の機種変更事務手数料がかかるのですが

ドコモオンラインショップだとなんとこれが無料です。

FOMAからクロッシーへの契約変更を含む場合は1,000円引きの2,000円ですが

もうFOMAを使っている人はあまりいないのでこちらはほぼ無料と思っていいでしょう。

これで頭金と合わせて5,000円~12,000円ほどドコモショップや家電量販店で購入するよりお安く購入できます。

送料無料

オンラインショップで多くの人が不安に思うのは送料じゃないでしょうか?

オンラインショップは確かに安いんだけど、送料がかかって結局高くなるんじゃないの?と心配している人もいるでしょう。

その点もご安心下さい。ドコモオンラインショップは2,500円以上の買い物で送料無料です。

この2,500円は各種割引後の実質の負担額ではなく端末の価格なので2,500円以下のスマホはありません。

ですので、実際は機種変更は送料無料といって間違えないんです。

オンラインショップだから送料が高いんじゃない?なんて心配はありませんのでご安心下さい!

dカード特約店なのでポイント2倍

ドコモといえばdポイント!

今やdポイントはドコモの支払いだけではなく

ローソンやマクドナルドなどでも利用できる非常に使いやすいポイントです。

ドコモユーザーならそんなdポイントを効率よく利用しているかと思います。

*もしまだdポイントを使ってなかったらおすすめです。

ドコモオンラインショップはdポイント特約店なので通常の店舗で購入するよりも

2倍多く貯まるのです。

スマホって機種によっては10万円を超える高額商品です。

通常の店舗だと1%、つまり1,000円分しかつきませんが

ドコモオンラインショップだと2%、2,000円分貰えちゃうんです。

これもなかなか見逃せないポイントではないでしょうか?

24時間日本全国どこからでも利用可能

オンラインショップのメリットとしてどこからでも利用できる事です。

場所によっては、ドコモショップへ行くだけでも車で30分以上かかるなんてところもあるでしょう。

しかしもうドコモのスマホをお使いの方なら、そのスマホを使ってどこからでも機種変更ができちゃうんです。

また昼間はお仕事で忙しくなかなかドコモショップや家電量販店へ行けない方にも

24時間利用できるのでおすすめです。

来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了

ドコモショップって待ち時間長いと思いませんか?

土日の混んでる時期だと受付に呼ばれるまでに2時間、手続きに1時間、設定や説明に1時間なんて事もあり

半日がつぶれちゃいますね、、、、。

ドコモオンラインショップだと待ち時間はありません。

操作も簡単でわずか15分あれば受付完了となります。

選べる受取場所

ドコモオンラインショップで購入した商品の受取方法は「自宅」「ドコモショップ」からお選び頂けます。

ドコモショップへ行く暇がない方は「自宅」へ

スマホの設定や操作が不安な人は「ドコモショップ」へ

あなたの状況に合わせて受取場所を変更する事ができるんです。

オンラインショップで商品が受け取りづらい煩わしさもないですね。

新機種も発売日に入手可能

オンラインショップだから、最新機種は買えない、

もしくは届くのが遅いと思ってませんか?

オンラインショップでも機種変更しても発売日に最新機種が届きます。

大人気で品薄になりやすいiPhoneなども大量に入荷されるので発売日当日に手にできるかもしれません。

またドコモが直営しているので在庫量が豊富なのも特徴でしょう。

ここでドコモオンラインショップのメリットが分かる漫画を用意したのでご覧ください。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップのメリットが分かって頂けたでしょうか?

また不安点として色々相談したいという人もいるでしょう。

ご安心下さい。ドコモオンラインショップにはオペーレートチャット機能というのがあり、

ドコモの事はなんでも相談できます。

ドコモオンラインショップへ行くとこんなアイコンがありますのでクリックしてみて下さい。

ドコモオンラインショップなら

時間をかなり節約できて

5,000円~12,000円ほどお安く買う事ができ

大人気新作iPhoneなども発売日に入手可能。

ドコモで機種変更するならドコモオンラインショップを使わないと勿体ないです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

 

 

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-, ,

Copyright© スマホ戦士 , 2019 All Rights Reserved.