au

auが小型Wi-Fiルータを発売!気になる使用感は?

投稿日:2021年2月18日 更新日:

テレワークの普及によって、自宅においてWi-Fi環境を整える事が重要になっています。

自宅でもポケットWiFiの利用をする方が増えていますが、いまいちつながらないという不満を持つ方がいます。

そのような方に向けて、おすすめしたいサービスがauが新たに販売開始した小型Wi-Fiルータです。

では、一体どのようなサービスなのでしょうか?

この記事では、auの小型Wi-Fiルータについて解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

サービス名は無線LAN STICK

スティック

引用:au

auが2021年1月21日に販売した小型Wi-Fiルータは、無線LAN STICKと言います。

自宅に自宅にインターネット回線が無くても大丈夫!をコンセプトとして、誰でも簡単に無線LAN環境を構築できるサービスとなっています。

具体的な特徴としては、以下のような点があります。

超小型で持ち運びやすい

通常、ポケットWi-Fi等の場合はまずはポケットルーターをレンタルしたり購入して、そこにSIMカードを挿入して使用するのが一般的です。

ポケットサイズではありますが、比較的重量があって意外と持ち歩いていると重みを感じがちです。

その点で、無線LAN STICKはUSBメモリのような超小型なサイズ感ですので、設置場所に困りません

また、スタイリッシュなデザインなので、おしゃれに使いこなすことができます。

簡単にWi-Fi環境を構築できる

無線LAN STICKでは、電源アダプタに挿すだけで無線LAN環境を構築することができます。

Wi-Fiの設定は特殊なケースが多く、利用できるようになるのに一苦労することが多いです。

その点で、無線LAN STICKでは専門的な知識がなくても誰でもすぐに利用できます。

機械に疎いという方にも優しい点が良いですね。

最大150Mbpsのスピードを確保

無線LAN STICKでは、auのLTE回線を使用しています。

スマートフォンの拡張アンテナのようなイメージで受信しているのですが、比較的通信範囲も広く使用できるシーンが多いです。

外出先でも使用できますが、基本的に自宅内の無線環境を容易に整えることができるデバイスとなります。

受信最大150Mbpsのパフォーマンスを発揮するので、Pocket WiFiよりは若干劣りますが十分使える範囲内です。

また、送信スピードも最大50Mbpsとなっているのも魅力的です。

auの4G LTE対応によって、人口カバー率99%を超えている点も評価できます。

最大10台のデバイスまで同時接続可能

最近では、家電でも普通にWi-Fiによってインターネット接続できるようになりました。

その中で、ルーターの処理能力も重視されています。

無線LAN STICKは、コンパクトなサイズ感ながらもとてもパワフルで、最大10台までのデバイスを同時接続可能です。

これによって、自宅内にあるスマートデバイスを簡単に接続できます。

auのデータ容量をシェアできるプランがある

無線LAN STICKは、auのスマートフォンの月間データ容量をシェアできる専用料金プランである、無線LAN STICKプラン dsを用いて利用可能です。

逆に言えば、auのスマートフォンに契約していなければ利用できません。

4Gだけでなく5Gプランにも対応できるので、大容量プランを契約していて容量が余るというケースでは、有効活用することで無駄なく容量を使い切る事もできます。

無線LAN STICKプラン dsは、月額500円の料金が必要ですが、当月利用分から37カ月間は250円の割引サービスがあります。

利用する際に注意したい点もある

IoT

引用:au

無線LAN STICKは、今までになかったような魅力的なサービスとなっている反面、中位すべき点もあります。

主な注意点としては、以下があります。

接続することができるデバイスが限られる

無線LAN STICKは最大10台まで接続できると解説しましたが、接続できるデバイスには実は制限があります。

実際に接続可能なデバイスは、以下のとおりです。

  • Amazonデバイス
  • au HOME デバイス( 無線通信アダプタ(A)・ 赤外線リモコン02・ スマートプラグ03・ ネットワークカメラ03)
  • TCL TAB 10s

Amazon Echoのようなスマートスピーカーがメインとなりますが、例えばノートパソコンやタブレットなどは接続できません

小型デバイスなので、自宅以外に持ち出して使用したくなりますが、実質的に使用できるシーンがないのが難点です。

IEEE802.11acなどに対応していない

無線LAN STICKは、IEEE802.11b/g/n規格に対応しています。

ただ、IEEE802.11acやaxなどの高速通信には対応していません

スマートデバイスを想定しているのでさほどスピードに拘る必要がないかもしれませんが、注意が必要です。

無線LAN STICKはこんな人におすすめ!

Wi-Fi

引用:au

無線LAN STICKは、主に次のような方に向いたサービスです。

ホームIoTデバイスを多く使用している方

無線LAN STICKは、主にホームIoTデバイスを意識したサービスです。

まだ対応サービスが少ないのですが、自動製品アップデートによって、今後利用できるデバイスが増加する予定です。

例えば、GoogleネストやApple系のデバイスにも対応すると、より便利なサービスに成長することは間違いありません。

auスマートフォンで容量を余らせている方

auスマートフォンで容量を余らせている方も、無線LAN STICKを利用する価値が高いです。

月500円の負担が増えますが、新たにインターネット環境を整える必要はありません。

契約しているスマートフォンを持ち歩いていても利用できるのも魅力的で、余った容量を通行活用したい方におすすめです。

すぐにでもWi-Fi環境を整えたい方

無線LAN STICKは、とにかく簡単にWi-Fi環境を整えることが可能です。

また、コンセントに指すだけですぐに利用できるという点も魅力的です。

すぐにWi-Fi環境を整えたい方に向いたデバイスです。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

これからの発展に期待!

無線LAN STICKは、まだこれから発展が見込まれるサービスです。

デメリットも意識しつつ、ぜひ有効活用したいですね。

役に立ったら
いいね ! してね

-au
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.