au docomo softbank

5Gスマホで1万円台~買える!?「AQUOS sense5G」販売開始!

「お手頃な価格」、「多機能」、「大容量バッテリー」など抜群のコストパフォーマンスで人気となっている「AQUOS sense」シリーズに、待望の5G対応モデル「AQUOS sense5G」が販売開始されます。

「AQUOS sense5G」はどんな特徴があって、端末価格はいくらなのか?「AQUOS sense5G」について徹底解剖していきます。

 

AQUOS sense5G 発売日

AQUOS sense5G1

 

引用:シャープ

コストパフォーマンス抜群の5GTスマホ「AQUOS sense5G」、販売元は「NTTドコモ」、「au」、「ソフトバンク」(各キャリアで販売開始時期は異なります。)で、現在のところ、楽天モバイルや格安SIM各社、SIMフリーモデルの販売はありません。

・NTTドコモ=2021年2月12日 ※オンラインショップ限定カラーのみ2021年2月5日発売
・au=2021年春発売予定
・ソフトバンク=2021年2月10日発売

となっています。
auのみまだ具体的な発売日の発表はありません(2月4日現在)。また、NTTドコモオンラインショップのみ発売される限定カラーがあり、発売日も早くなっています。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

AQUOS sense5G 主なスペック

AQUOS sense5G2

引用:NTTドコモ

ディスプレイ約5.8インチ
Full HD+IGZOディスプレイ
OSAndroid 11
内蔵メモリRAM 4GB/ROM 64GB
サイズ約W71×H148×D8.9mm
重量約178g
バッテリー容量4570mAh
カメラアウトカメラ:標準約1200万画素/広角約1200万画素/望遠約800万画素
インカメラ:800万画素
防水/防塵IPX5/8 /IP6X
おサイフケータイあり
(Felica)
ワンセグ/フルセグなし
セキュリティ認証顔認証/指紋認証

AQUOS sense5G 主な特徴

AQUOS sense5G3

引用:NTTドコモ

「レスポンス」「電池持ち」「使いやすさ」を追求し、開発したとされる「AQUOS sense5G」。

では、具体的にどんな特徴がAQUOS sense5Gにはあるのでしょうか?見ていきましょう。

ライトユーザーなら充電なしで1週間持つ?大容量バッテリー

 

 

AQUOS sense5G4

引用:NTTドコモ

AQUOS独自の省エネ性能に優れたIGZOディスプレイ搭載に加えて、4,570mAhの大容量バッテリーで、ライトユーザーであれば、充電なしでも1週間はもつタフネスさを実現しています。

消費電力が食う5G通信を利用した動画再生であっても12時間連続視聴が可能で、充電を気にすることなく長時間スマホライフを満喫できます。

家に帰ったときに自動的にテザリングを有効化する「テザリングオート」搭載

家に帰ったときに自動的にテザリングを有効化する「テザリングオート」を搭載しています。(キャリアにより、別途テザリングオプションに加入が必要な場合あり)

自宅に帰ると、そのままネット接続が必要なIoT機器が稼働なので、特にデータ無制限プランに加入している人にとっては、自宅でも外でもスマホひとつでネット生活を送ることができます。

スマホ決済もワンタッチでできる「Payトリガー」

指紋センサーを長押しすることで決済など任意のアプリを起動できる「Payトリガー」を搭載。

これにより、PayPay、d払いなどのアプリを設定しておくことで、ワンタッチで立ち上げることが可能。

レジ前で慌ててアプリを起動させることなく、スマートなキャッシュレス決済ができるようになります。

最新OS「Android 11」を搭載

OSには、Googleが発表したばかりの最新Android OS「Android 11」を搭載。

企業利用を想定した「Android Enterprise Recommended」にも対応しています。

使いたいアプリが2つ同時に使える

使いたい2つのアプリを同時に使うことができる機能を搭載。

例えば、YouTubeを見ながら、TwitterやLINEで友人と語り合ったり、動画サブスクを見ながら最新ニュースを確認したりなど、スマホの使い方が2倍楽しめるようになります。

 

AQUOS sense5G5

引用:シャープ

豊富なカラーバリエーション(NTTドコモオンラインショップ限定カラーあり)

引用:シャープ

カラーバリエーションが豊富な点もAQUOS sense5Gの大きな魅力。

  • NTTドコモ=ライトカッパー、オリーブシルバー、ニュアンスブラック、ライラック+ドコモオンラインショップ限定でコーラルレッド、スカイブルー、イエローゴールド(計7色展開)
  • au=ライトカッパー、オリーブシルバー、ニュアンスブラック、ライラック(計4色展開)
  • ソフトバンク=ライトカッパー、オリーブシルバー、ニュアンスブラック、ライラック(計4色展開)

特にNTTドコモでは、ドコモオンラインショップ限定の3色(コーラルレッド、スカイブルー、イエローゴールド)が加わり、計7色と多彩なカラーラインナップ。

自分なりの個性を端末カラーからも出すことができるでしょう。

AQUOS sense5G 各キャリアでの販売価格

上記のとおり、AQUOS sense5Gの販売キャリアは「NTTドコモ」、「au」、「ソフトバンク」のキャリア3社となっています。

キャリア各社のAQUOS sense5G販売価格、および現在の該当するキャンペーンを見て、実質価格を確認してみましょう。

NTTドコモ

docomoロゴ

引用:NTTドコモ

39,600円(月額1,100円×36回)
「AQUOS sense5G SH-53A 購入キャンペーン」=専用Webページ)にて応募した人全員にもれなくdポイント3,000円相当がプレゼント
他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELLCOME割」によって22,000円割り引かれて17,600円(分割なら488円/月×36回)
つまり、機種変更、新規契約の方は実質36,600円、他社からのMNPの人は14,600円

au

auロゴ

引用:au

現在(2021年2月4日現在)のところ、価格は未定です。

ソフトバンク

引用:ソフトバンク

43,200円(月額900円×48回)

「トクするサポート+」(48回払いで購入し、25ヵ月目にソフトバンクで回収・買い替える場合)=21,600円

他社からのMNPで21,600円割引で21,600円。更に「トクするサポート+」適用で実質無料。

 

AQUOS sense5G デメリットはある?

ここまで述べてきたようにコスパ抜群でメリット満載に見える「AQUOS sense5G」。

では、デメリットはあるのでしょうか?

ワンセグ/フルセグに未対応

Androidスマホで日本製のものには多く搭載されているテレビを見ることができるワンセグ/フルセグ機能。

AQUOS sense5Gには、このワンセグ/フルセグ機能は非搭載です。

ワンセグ/フルセグを見るためには、別途テレビチューナーが必要になります。

メモリ容量が多少物足りない

内蔵メモリが、RAM 4GB/ROM 64GBと端末内にすべてを保存するにはちょっと物足りない印象があります。

クラウド上や外部メモリを活用しましょう。

タッチ反応に不安アリ

まだAQUOS sense5Gのレビューはありませんが、前モデル「AQUOS senseシリーズ」は口コミでも、タッチ反応がちょっと遅いと評判が悪く、それがAQUOS sense5Gではどこまで改善されているのか不安があります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「5Gスマホで1万円台~買える!?「AQUOS sense5G」販売開始!」についてお送りしました。
花木
他社の5Gスマホでは10万円オーバーもあるのに、この価格はかなり注目ですね。
まさに5Gスマホエントリーモデルとしてかなり売れそうな予感がします。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank
-

© 2021 スマホ戦士