iphone

iOS15アップデートで更に便利に!airpods proの便利な使い方

iPhoneでワイヤレスイヤホンを使うと言ったら、やはり同じApple社から出ている「AirPods(エアーポッツ)」が第一選択の人も多いのではないでしょうか。

iPhoneとの親和性も高く、直感的に使えるので、AirPodsを使い始めたら他は使えないくらい便利と感じているiPhoneユーザーも少なくありません。

2016年に、iPhone 7とともに発表された初代「AirPods」。それから世代替えを繰り返し、2021年10月には「AirPods(第3世代)」が発売されました!

もちろん最新AirPodsもバッテリーの持ちが向上するなど欲しいところですが、AirPods(第3世代)販売に伴い、いわゆる型落ちモデルが値下げされており、まさに今買い時なのです。

そこで、今回は、AirPods(第3世代)にはないアクティブノイズキャンセリング機能も付いた「AirPods Pro」をおすすめする、便利な使い方について紹介していきたいと思います。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

AirPods Proも値下げ!

AirPods Pro Apple

引用:Apple

2021年10月26日現在、Apple公式でのAirPods Pro料金は「30,580円」。

30,580円?価格は変わっていないじゃん?と思うところですが、実は、ケースがMagSafe対応充電ケースになっています。「MagSafe充電器」を単体で購入する場合、4,950円なので、実質、5,000円程度の値引きといえます。

※MagSafeとは…iPhone 12シリーズ以降のiPhoneの本体背面に埋め込まれたマグネットを使った新しい規格のことで、磁石の力でワイヤレス充電等が可能です。

また、ビックカメラなどの家電量販店では、MagSafeに非対応の旧型充電ケース付きのAirPods Proが「27,800円(プラス1,390ポイント)」のため、実質、26,410円で購入できます。

引用:ビックカメラ

AirPods Proの便利な使い方

iPhoneは、たとえ旧型を持っていても、OS(iOS)をアップデートすることで最新機能が使えたりしますが、実はAirPods Proも最新のiOS15にアップデートすることで、AirPods(第3世代)に搭載されているような新機能も使えるようになります。

そこで、ここではAirPods Proの便利な使い方を紹介していきます。

まず、AirPods Proを最新OSにアップデートしよう

もともと、AirPods Proを持っている方は、まず最新OS(iOS15)にアップデートをしましょう。

AirPods Proのアップデート方法は、

  1. iPhoneとAirPods ProをBluetoothで接続させる
  2. (iPhoneの)【設定】→【一般】→【情報】→【AirPods Pro】と進み、アップデートを行います。
    ※接続中に自動的にアップデートで来ている場合があります。ファームウェアバージョンが「4A400」になっていれば最新(2021年10月26日現在)です。

AirPods Proシリアル番号

空間オーディオに対応

空間オーディオとは、Appleが提唱しているもので、AirPods(Pro)を動かすことで、聴覚に立体的な感覚をもたらす技術で、当初はApple Musicのみ対応作品が出ていましたが、202年8月からNetfilxもサポートが始まり、音楽だけでなく、映画やドラマでも臨場感満点の包み込むような音を楽しめるようになっており、今後ますますサポートするコンテンツも増えるでしょう。

そんな空間オーディオにiOS15にアップデートすることで、AirPods Proでも体感できます。

設定方法は、

  1. iPhoneとAirPods ProをBluetoothで接続させる
  2. (iPhoneで)【設定】→【Bluetooth】と進みます
  3. 自身のAorpods Proをタップします
  4. 横にある「i」ボタン(詳細情報ボタン)をタップします
  5. 【空間オーディオ】を選択します
    空間オーディオ

会話を強調させる

AirPods Proの「外部音取り込みモード」を利用して、会話を強調して聴けるようにできます。

  1. 【設定】→【アクセシビリティ】→【オーディオ/ビジュアル】と進みます
  2. 【ヘッドホン調整】→【外部音取り込みモード】と進みます
  3. (下までスクロールして)【会話を強調】をオンにします

「会話を強調」以外にも、外の物音を自然な聴こえ方よりも大きくする「増幅」や、音の高さを調整する「トーン」、ザーッという背景音を抑える「環境雑音除去」などのカスタマイズも可能です。

2組のAirPods(Pro)で同時に聴く

  1. iPhoneとAirPods ProをBluetoothで接続させ、音楽を再生します
  2. 再生画面の下(もしくは右上)にある、▲と三重丸が組み合わさったマークをタップします
  3. 【オーディオを共有】をタップします
  4. 他のAirPods (Pro)を近づけると、検出され、2人で同時に音声を聴くことができます。(ボリュームは個別に調整できます。)
    オーディオを共有

AirPods Proを片方ずつ装着する

片耳は明けておきたい、バッテリーを節約して長く使用したいときなどにAirPods Proを片方ずつ装着することもできます。

  1. AirPods Proを片方だけ取り出し、耳に装着する
  2. バッテリー残量低下を知らせるアラーム音が鳴る
  3. もう片方のAirPods Proと交換する
  4. ステレオ音声がモノラルに変換されてしまうため、音質は落ちますが、長く使用できます

iPhoneを集音機として使用する

  1. コントロールセンターに【聴覚】を加える
    (iPhoneで)【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールをカスタマイズ】→【聴覚】を+から-にする
  2. コントロールセンターを開き、【耳のマーク(聴覚ボタン)】をタップします
  3. iPhoneで集音した音をAirPodsで聴くことができます
    聴覚

AirPods Proはキャリアのオンラインショップがおすすめ

AirPods ProのようなApple製品は、Apple Store(公式店)以外では、AmazonやApple公認の家電量販店などを考えますが、実はドコモオンラインショップなどキャリアのオンラインショップでも購入が可能なのです。

基本、Apple製品はどこで購入をしても値引きはまずないのですが、例えばドコモオンラインショップでAirPods Proを購入の場合、本体代30,580円と変わりませんが、278dポイントが付与され、更にdカード(ゴールド含む)払いでは611dポイントが付与されるため、(dカードユーザーなら)実質、889円分お得に入手ができるというわけです。

もちろんスマホ等の契約がなく単体購入も可能で、24時間364日自分の好きな時に購入手続きができるのもポイントです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「iOS15アップデートで更に便利に!airpods proの便利な使い方」についてお送りしました。
花木
彼氏や友だちと一緒に音楽を聴きたいときに便利に使えそう!
新型AirPods(第3世代)はノイズキャンセリングが非搭載なので、読書に集中したいときに使いたいから、やはりAIrPods Proですね。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士