iphone

iphone14は高すぎる?販売金額についておさらいしよう

  • 「iPhone14って結局いくらなんだろう?」
  • 「なんか、信じられないくらい高くない?」

上記のように感じている人は多いでしょう。結論から言うとiPhone14は、パソコン並みに高い端末です。

何も知らずに購入すると、高いお金を出したあとで後悔するかもしれません。そこで本記事ではiPhone14の販売金額や、それでも購入する価値がある理由を解説。

また最大半額も見えてくるiPhone14の安い買い方についても解説します。購入を検討している人はぜひご参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone14の販売金額一覧

price

まず、iPhone14の販売金額をもう一度おさらいしておきましょう。

iPhone14iPhone14PlusiPhone14ProiPhone14ProMax
128GB119,800円134,800円149,800円164,800円
256GB134,800円149,800円164,800円179,800円
512GB164,800円179,800円194,800円209,800円

(税込表記)

というようにiPhone14は、最低でも100,000円をゆうに超える高価な端末です。

iPhone14ProMaxの512GBになると、なんと200,000円超え。前々からiPhoneの価格高騰は指摘されていましたが、今回もとどまるところを知りません。

ちなみに164,800円という金額が度々登場しますが、これは最新モデルのMacbBookAirとまったく同じ価格です。パソコンと同じ金額、というのは相当強気なプライスだと言えるでしょう。

まともに購入すると相当な出費になります。よってのちほど解説するように、少しでも安い金額で買えるように、あの手この手で工夫するのが大切です。

iPhone14の販売金額はなぜここまで高いのか?

iPhone14の販売金額が異常に高い理由はふたつあります。

ひとつは、Appleが基本的には「シリーズが刷新されるたびに価格を上げている」点。これは技術進歩やマーケティングのことを考えれば、ある意味当然かもしれません。

もうひとつはここ数年の世界経済の不安定さです。コロナ禍と、ロシアによるウクライナ侵攻が絡み、歴史的な円安を記録。

10月20日には32年ぶりの150円台に到達しています。そのためAppleもiPhone14の金額を高めに設定したので、上記のような価格帯となりました。

これでAppleは善処したほうで、日本のシェアを損なわないように利益を削って安くしようとは努力しています。

それでもiPhone14は購入する価値がある

異様に高いiPhone14シリーズですが、それでも購入する価値があります。その理由として以下のような点が挙げられるでしょう。

  • A16Bronicチップ搭載
  • カメラの機能の底上げ、特にPro/ProMaxは4800万画素に到達
  • Dynamic Island導入で操作性アップ
  • バッテリー性能の向上、無印でもオーディオ再生時間がiPhone13と比較して5時間ほど長くなった
  • クラシカルなデザインへの回帰
  • 衛星経由の緊急SOS機能
  • Pro/ProMaxはリフレッシュレートが120Hzまで進化

かつてのワイヤレス充電やTouch IDのように時代を動かすような発表こそありませんでした。しかしCPUやカメラ、バッテリー、ディスプレイなどは順当に進化。

特にPro/ProMaxが4800万画素まで伸びたのは大きな魅力です。

そのほか初期の角ばったデザインを取り戻した点はおおむね好評。さらにDynamic Islandなどの新しい機能も搭載され、端末としてハイレベルなのは問題ありません。

もちろん予算との兼ね合いはありますが、これだけ進化しているなら、多少高い金額に目をつむって購入するのも大いにアリでしょう。

できるだけ安く購入する方法はオンラインショップ

価格が気になるiPhone14ですが、これを安く購入するなら、三大キャリアや格安SIM業社のオンラインショップを使うのがおすすめ。

なぜならオンラインというだけで大きな割引が入るからです。たとえばプランの利用料金が1年単位で半額になったり、事務手数料が安くなったりします。

これでiPhone14の高価な販売価格もある程度やわらぎます。

楽天モバイルならiPhoneアップグレードプログラムで50%OFFも

オンラインショップから申し込んだ場合の割引内容の一例として、楽天モバイルのサービスが挙げられます。

「iPhoneアップグレードプログラム」というものをが用意されていて、簡単に言えばiPhone14の販売価格が最大50%OFFになります。

楽天モバイルアップグレード

(引用:楽天モバイル

具体的には48回払いが組まれるうち24回は支払い免除される仕組み。ただし条件として、2年後にiPhone14本体を返却する必要があります。

最終的に手元を離れるとはいえ、iPhone14を60,000円程度で手にすることが可能。また2年後に端末を乗り換えるつもりがあれば、特にデメリットはありません。

こういったキャンペーンを利用すれば、iPhone14もリーズナブルです。

下取りでもっと安くする方法も

オンラインショップを利用する以外に、下取りサービスを使う方法もあります。

Appleおよび三大キャリア、および一部の三大キャリアは、「古いiPhoneを買い取り、その価格を新しい端末価格の支払いに充当する」というサービスを提供。

これを利用すれば、iPhone14も現実的な価格で購入できます。具体的な価格はApple公式サイトを参照にしてください。状態によって多少変動しますが、たとえばiPhone13なら状態次第では最大63,000円で買取されます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone14 シルバー

(引用:Apple

本記事ではiPhone14の価格について解説しました。一言でいうと運悪く円安の時代で、かなり高額になっています。

ただしオンラインショップや各社のキャンペーン、さらに下取りを利用すれば、ある程度安く購入することが可能です。

何も対策せずに買うととんでもない金額になるので、本記事で紹介した何かしらの工夫は取り組むようにしましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士