iphone

iOS14ベーター版配信開始!その機能や特徴と対応機種を紹介

投稿日:

AppleはWWDC 2020の中で、新OSの「iOS14」を発表しました。

デザイン面などで変化が見られるiOS14は、今現在iPhoneを使っている人はもちろん、これからApple製品に触れる人にも魅力となるでしょう。

今回は2020年にお披露目されたiOS14の特徴や魅力について、特に気になる点をいくつか確認していきます。

iOS 14が気になっているのなら、改めてその内容をチェックしてみましょう。

 

花木
ついにiOS14が発表されましたね!
どんな機能があるのか楽しみ!
お客様
スマホ戦士編集長
iPhoneの新しい魅力にもなり得るので、今わかっている機能をチェックしてみましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


166view
【2020年】格安SIM20社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM20社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

 

ウィジェットを活用した新しいホーム画面

ios14 ホーム画面

引用元:Apple公式サイト iOS14

 

iOS14では、ホーム画面がウィジェットを使った見やすい形になっているのが特徴です。

ホーム画面にマッチするように再設計されたウィジェットは、iPhoneによるさまざまなアクションをより簡単に引き出します。

設置できるウィジェットはサイズも自由に変更でき、自分の使いやすい形に整えられるとのこと。

よりカスタマイズ性の高まったiOS14は、使用時のストレスを低減してくれるでしょう。

最大10個のウィジェットをまとめて、スタックとして扱うことも可能です。

使用頻度ごとに使い分けるなど、自分なりの使い方を模索することもできますね。

「スマートスタック」という機能もあり、デバイス側からウィジェットを提案してくれるのも魅力。

時間ごとに適切なウィジェットを提示してくれるため、そのときに必要な情報を入手しやすくなるでしょう。

 

全体的にユーザーインターフェースはコンパクト化

ios14 着信

引用元:Apple公式サイト iOS14

 

iOS14のユーザーインターフェースは、全体的にコンパクトに設計されています。

たとえば通話画面は、従来のように画面全体を覆うものではなく、バナーで着信を知らせる形に変わります。

そのためiPhoneでの作業が中断されず、着信に出るかどうかを自由に選ぶことができるのです。

FaceTime通話も同様で、どちらもスワイプだけで応答することができます。

電話機能をコンパクトにしたことで、複合デバイスとしてのiPhoneがさらに使いやすくなることが想像できますね。

他にもiOS14では、検索機能、天気や地図などの情報、Siriとの会話などもコンパクトな画面で利用できるようになるとのこと。

ユーザーインターフェースの全体的なコンパクト化は、今後のiPhoneの魅力になるでしょう。

 

 

アプリのライブラリ表示も変わる

iPhoneといえば、Apple Storeからのアプリのインストールが魅力ですが、iOS14ではそのアプリのライブラリも変わってきます。

新しいアプリの表示形式はより全体が見やすくなり、シンプルにまとめられる形になるようです。

すべてのアプリがスマートにまとめられるため、操作性と探しやすさをさらにアップすることになるでしょう。

さらにiOS14では、利用時の傾向をチェックして、アプリの提案を行ってくれる機能もあります。

ユーザーの生活に役立つアプリを見つけてくれるので、まだ知らない便利さと出会えるかもしれません。

他にもアプリをカテゴリー別に自動で分類したり、検索フィールドから簡単にアプリを見つけられたりといった機能があります。

iPhoneとアプリの関係性が、iOS14によってまた深まると想像できそうです。

 

プライバシー面も安心

iOS14 プライバシー

引用元:Apple公式サイト iOS14

 

iOS14はプライバシー面でも新しい内容を取り入れ、より安心してユーザーが利用できるシステムを追加しています。

たとえばアプリのインストール時には、そのアプリのプライバシー方針の概要や、収集するデータなどについてデベロッパが自ら簡潔に説明するようになっています。

アプリの利用になぜその情報が必要なのかがわかりやすくなるため、納得して利用を進められるようになるでしょう。

また、アプリなどで必要とされる位置情報が、おおよその位置だけを共有する形を選べるようにもなりました。

あまりに正確な位置情報を共有するのは不安という場合でも、安心して位置情報サービスを活用できます。

他にも録音・録画時には、インジケーターが表示されるようにもなっています。

自分の意思に反した録音・録画はすぐにわかるようになっているので、万が一にも違法性のあるアプリがあってもすぐに気付くことが可能です。

コントロールセンターを確認すれば、最近使ったマイクやカメラの履歴が見られるので、後からでもプライバシーが守られていることをチェックできます。

もとよりiPhoneのプライバシー保護意識は高いですが、iOS14の機能によってより自発的にセキュリティを確認しやすくなっています。

プライバシーの重要性がしっかりと意識されているため、より安心してiPhoneを活用できるようになるでしょう。

 

 

背面タップによる新感覚の操作性

iOS14では、iPhoneの背中部分を活用した背面タップの操作も可能となるようです。

iPhone本体の背面をタップすることでさまざまなアクションを起こせるので、片手での操作性がまた高まることになるでしょう。

背面タップに設定できる機能は、たとえばスクリーンショットやSiriの呼び出し、コントロールセンターの利用や画面の読み上げ等さまざま。

あらゆる機能が背面タップから実行できることは、iPhoneの新しい魅力にもなり得ます。

目新しい機能として注目されることが予想できるので、iOS14を使うのならぜひ背面タップを使いこなしていきたいですね。

 

 

iOS 14の対応デバイスについて

iOS14の対応デバイスは、2020年7月現在で以下のようになっています。

これらの端末を所持している、もしくはこれからiPhoneを新規で購入する予定がある場合には、iOS14へのアップデートが行えるようになるでしょう。

・iPhone 11

・iPhone 11 Pro

・iPhone 11 Pro Max

・iPhone XS

・iPhone XS Max

・iPhone XR

・iPhone X

・iPhone 8

・iPhone 8 Plus

・iPhone 7

・iPhone 7 Plus

・iPhone 6s

・iPhone 6s Plus

・iPhone SE(第1世代)

・iPhone SE(第2世代)

・iPod touch(第7世代)

最新のiPhone11系列はもちろん、iPhone6sまで対応している点に注目されます。

かなり広い範囲が含まれているので、比較的気軽にiOS14を利用することができるでしょう。

 

2020年7月10日には、iOS14のパブリックベータ版が配信開始

Apple Beta Software Program

引用元:Apple Beta Software Program

 

Appleは「Apple Beta Software Program」において、iOS14のパブリックベータ版を配信しています。

インストールすることでiOS14の先行体験が可能となるので、今すぐにでも試してみたい人はパブリックベータ版をチェックしてみましょう。

パブリックベータ版は、Appleの公式サイトからApple Beta Software Programに登録することで利用が可能です。

データ容量が大きいため、パブリックベータ版のダウンロードはWi-Fi環境のもとで時間に余裕があるときに行うといいでしょう。

iOS14には今回紹介した機能以外にもたくさんの魅力があるので、自分自身の手で体験してみるのもおすすめです。

 

まとめ

 

iOS14を使えばiPhoneがもっと便利になりそう!
お客様
スマホ戦士編集長
待ちきれない方はパブリックベータ版を試してみるのもおすすめですよ

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


166view
【2020年】格安SIM20社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM20社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.