格安SIM

格安SIMの5Gサービス、mineo以外はいつから始まる?

いよいよ、5Gサービスへの移行が本格化してきました。

すでに三大キャリアは、5G主体の新プランを発表。

5G回線に対応しているスマートフォンも、次々と登場しています。

 

とはいえ、「いつから一般的に利用されるようになるのか?」という点については、明確な答えが出ていません。

三大キャリアでさえもはっきりとしたことは決まっておらず、格安SIMであればなおのこと不透明です。

本記事では、格安SIMにおいて5Gサービスが使えるようになるのはいつからか、可能な範囲で予測します。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

格安SIMで5Gサービス、いつから始まる?

5Gのはじまり

格安SIMにて5Gサービスが本格化するのは、2021年秋から2022年春ごろだと言われています。

つまり、来年には格安SIMで5G回線を使えるようになる可能性が高く、そう遠くない未来に起こる話なのです。(本記事の執筆は2020年12月30日)。

現時点では、三大キャリアと格安SIM業者各社、そして総務省が「格安SIMでの5Gサービス」について協議を図っている段階。

 

また、2021年秋とは言わず、もっと手前のタイミングでリリースされる可能性もあります。

基本的に総務省(あるいは政府)は、「早く5Gはサービスが広まって欲しい」と考えています。

よって、今までも、三大キャリアに対して「格安SIMの5Gについて進展があれば報告して欲しい」「できるだけ早く情報公開して欲しい」などと要請してきました。

2019年12月には、総務省からSoftBankに対して、「5Gが早く利用できるように、早くユーザーへ情報提供して欲しい」と通達しています。

 

要請

(引用:総務省

 

上記のように、今後も総務省から三大キャリアに対して、格安SIMでの迅速な5Gサービス提供を要請するかもしれません。

もし要請があって、なおかつ三大キャリアが受け入れるのなら、格安でのSIM5Gサービスのサービスインは前倒しになる可能性もあります。

 

ただし、総務省の出しているのは「要請」であり、強制力はありません。

三大キャリアが要請をどのようにとらえているかは不明ですが、少なくとも「言われたとおり」にできるわけではないのです。

結局は三大キャリアの方針が、5Gサービスがリリースされるタイミングを左右します。

 

また、基本的に順番としては「三大キャリア→格安SIM業者」という流れになるでしょう。

三大キャリアで試運転してからでないと、格安SIMへ移行するのは怖い、といった向きもあるようです。

もし、できるだけ早く5G回線を使いたいのなら、格安SIMではなく三大キャリアに戻す必要があるでしょう。

 

ちなみに三大キャリアは、まだ本格的ではないものの、5Gサービスを提供しています。

たとえばソフトバンクは、2020年3月27日の段階で「SoftBank 5G」をスタートさせました。

5G対応のスマートフォンがあればすぐにでも利用できます。

そして、5G対応のスマートフォンも、SoftBankで購入可能です。

 

そして、「楽天モバイル」も、2020年9月30日というかなり早い段階で、5G回線に対応しています。

料金は月額2,980円で、これは4Gにおける契約条件と同一です。

ちなみに楽天モバイルは、「2021年夏には、楽天モバイルのユーザーのうち90%を、5Gへ移行させる」という目標を立てています。

三大キャリアが立てている目標よりもはるかに高難度ですが、もしかしたら「5Gと言えば楽天モバイル」という未来が待っているのかもしれません。

 

なお、三大キャリアは、「おおむね2022年ごろには、ほとんどの人が5Gを利用している状態にする」というところを目標としている様子です。

4Gにそっくりそのまま入れ替わるまでは、やや時間がかかる様子。

格安SIMで同じことが起こるのは、2022年以降、まだ先の話になりそうです。

すでに格安SIMでは、5Gサービスを使える!

5G イメージ

実は、すでに格安SIMの中で、5Gに対応している業者が現れています。

 

まずは「mineo」。

mineoは2020年12月1日より5Gサービスの提供をスタートさせています。

まだオプションの扱いではありますが、月額200円を上乗せするだけで、5Gが使えるようになる仕組みです。

 

そして、docomo系列の「LinkMate」も5Gサービスをスタートしています。

現在、「5G回線オプション」を利用することで、5G回線への接続が可能。

利用料金は月額500円と、こちらもかなり低価格です。

 

現時点で無理に5G回線へ切り替える必要は薄いかもしれません。

しかし、いち早く5G回線を楽しみたいというなら、上記のような格安SIM業者への乗り換えを考えてもよいでしょう。

 

5Gサービスに対応しているスマートフォン

スマートフォン

各社が5Gサービスに対応しているからといって、それだけで5G回線を使えるわけではありません。

合わせて、5G回線に対応しているスマートフォンも必要となります。

 

現状だと、

  • iPhone12
  • Google Pixel
  • Galaxy Note20 Ultra 5G
  • Xperia 1 II

などが、5G回線に対応しているスマートフォンとしてリリースされています。

そして、同時に5Gサービスが本格化したとき、まずは(後継機も含めて)主要な端末として普及することが予測されているスマートフォンでもあります。

その他にも、すでに何十種類という5G回線対応のスマートフォンがリリース済み。

「5G回線を使いたいけれど、スマートフォンが手に入らない」という状況は、まず起こらないでしょう。

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
楽天モバイル公式ページ UQモバイル公式ページOCN モバイル ONE公式ページmineo公式ページ
格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

まとめ:今の段階で、5Gは必要なのか?

スマホ

格安SIMで5G回線が使えるようになるまで、おそらく2年はかかりません。

早ければ2021年秋前後には、本格的に使えるようになるでしょう。

そして、すでに一部キャリアで5Gを利用することは可能です。

 

となると、「もう5Gを使い始めてもいいのだろうか?」と考える人も多いでしょう。

結論から言うと、まだあわてて5G回線を使い始める必要はありません。

なぜなら、周辺の環境が5G回線に沿って整備されていないから。

スマートフォンや利用可能なエリアこそ、最近ではそれなりに拡大しました。

 

ただし、

  • 5GではアクセスできないWEBサイトが、まだまだ多く存在する
  • バッテリーの性能が、5Gについていけていない
  • 回線は存在するが、安定してつながりやすい状況にはなっていない

といった課題が、まだまだ根強く残っているから。

よって、今すぐ5Gを使い始めたとしても、使い勝手に満足できないかもしれません。

基本的には、5Gサービスが本格化するまで待つことをおすすめします。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士