格安SIM

Android One S8を解説!ワイモバイル発の魅力とは?

投稿日:

2020年の末に発売される「Android One S8」は、ミドルレンジクラスの性能を持った新型Androidスマホです。

最新OSを搭載して販売されるこちらのスマホは、今後乗り換え等を行う際の候補のひとつになるでしょう。

以下ではAndroid One S8のスペックやその特徴をチェックし、購入した場合にどのような魅力を感じられるのかを紹介していきます。

ミドルレンジクラスのスマホに乗り換えたい、コストパフォーマンスを意識したいという方は、Android One S8についてチェックしてみてください。

 

花木
ワイモバイルから年末にAndroid One S8が出ましたね
他の出費が多い時期でも、買いやすそうな価格のスマホね!
お客様
スマホ戦士編集長
価格はもちろん内面も魅力的なので、今回はAndroid One S8の特徴を解説しましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

240view
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

 

Android One S8とは

Android One S8

画像引用元:ワイモバイル公式

Android One S8とは、2020年12月17日に発売した新作のAndroidスマホです。

ワイモバイルが取扱を行い、価格は税込で36,000円となっています。

他社からの乗り換えで「スマホベーシックプランS」にすることで、通話料金が月々に約2,100円程度の出費に抑えて利用することも可能です。

本体価格はもちろん、ワイモバイルのプランによってそのコストバランスは非常に良好となっているので、スマホへのコストが気になるときにはおすすめの1台になります。

Y!mobileはこちら->

Android One S8のスペック

Android One S8のスペックは、下記のような内容になっています。

それぞれの特徴から、Android One S8というスマホの魅力を紐解いていきましょう。

 

画面サイズ

6.26インチ TFT液晶

ディスプレイ解像度

2,280×1,080ドット(フルHD+

ROM

64GB

RAM

4GB

CPU

MT6768(オクタコア)2.0GHz+1.7GHz

バッテリー

4,100mAh

本体サイズ

76×162×8.7㎜(突起部を除く)

重量

169g

 

Android One S8はハイスペックスマホのような数値で圧倒するようなものはありませんが、コスト相応にまとまったバランスの良いスマホであると言えます。

突出した機能は必要ないけど、日常的に使う分には苦労しないスペックは欲しいというユーザーでも、扱いやすいタイプになるでしょう。

内臓のROM(ストレージ)は64GBとやや少なめですが、外部に最大1TBのmicroSDXCを利用できるため、ある程度の補完は可能です。

その他Googleドライブ等のクラウドサービスを活用すれば、容量の問題は解決できるでしょう。

上記の他、生体認証として顔認証を採用し、高いセキュリティを確保しています。

スムーズかつ安全に使えるという点は、Android One S8のシンプルさを示す特徴になるでしょう。

 

Android One S8の特徴・魅力

以下からは、Android One S8の中でも特に魅力に感じられる機能を紹介します。

Android One S8を利用することによってどのようなメリットが得られるのかを、それぞれの特徴から考えてみましょう。

 

約6.26インチフルHD+の高精細大画面

Android One S8

画像引用元:ワイモバイル公式

Android One S8は、「約6.26インチ」と「フルHD+の高精細大画面」を採用したAndroidスマホです。

動画、ゲーム、写真などを迫力ある大画面で堪能できるので、スマホを中心に映像・画像美を楽しむことができます。

スマホは基本的に毎日使うものなので、少しでも綺麗な映像、大きな画面を選んだ方が無難なケースが多いです。

スマホの映像や画像の綺麗さに特別なこだわりを持っていない人も、Android One S8レベルの画面クオリティにはメリットを感じられるでしょう。

Android One S8は画面分割も可能なので、アプリの同時利用なども行えます。

画面が大きい分それぞれのアプリを大きく表示できるので、スマホでのマルチタスクにも使いやすいでしょう。

 

4,100mAhの長時間対応バッテリー

Android One S8は4,100mAhという大容量バッテリーを使っているため、長時間の利用にも対応してくれます。

目安値では1週間以上の電池持ちが実現されるとしていて、かなりの期間充電を行わずに使い続けることが可能です。(使用状況によって異なります)

連続通話時間と連続待受時間はそれぞれ以下のようになっていて、ひとつの目安として参考にできます。

3Gの場合:連続通話時間は約2,030分、連続待受時間は約960時間

4Gの場合:連続待受時間は約860時間

4GLTEの場合:連続通話時間は約2,170分、連続待受時間は約930時間

GSMの場合:連続通話時間は約1,080分、連続待受時間は約1,020時間

充電が十分されていて、操作をしないなどの条件はありますが、このような数値が提供できるという自信はAndroid One S8の特徴です。

スマホの電池持ちを気にするときには、Android One S8の大容量バッテリーが魅力になるでしょう。

 

Googleアシスタント専用キーによるサポート

Android One S8は、本体にGoogleアシスタント専用キーを採用したことで素早いサポートにも対応できています。

知りたいこと、確認しておきたいことを声だけで検索できるので、よりスピーディに情報収集が可能です。

Googleアシスタント専用キーは、Android One S8の本体側面に設置されているため、ワンタッチで簡単に起動できます。

物理キーによる簡単な起動ができるという点は、Android One S8の特徴のひとつになるでしょう。

たとえば現在主流になりつつあるリモートワークをしているとき、パソコンでの作業を止めないように、Android One S8のGoogleアシスタント専用キーを使うといったことも考えられます。

使い方次第でスマホの利用シーンを広げられるので、Android One S8を使うときにはGoogleアシスタント専用キーを自分の生活の中でどう工夫するかを考えてみることもおすすめです。

 

安心して使える衛生面への配慮も

Android One S8

画像引用元:ワイモバイル公式

Android One S8は簡単に手入れができるスマホであるため、衛生面に配慮した形で使い続けることができます。

清掃にはアルコールや泡ハンドソープなどを使うことができるので、外出先でついた汚れなどもすぐに取り除くことができるでしょう。

コロナ禍の現在はスマホの衛生面が気になる人も多く、なるべくこまめに洗いたいという要望も聞かれます。

Android One S8はそういった声に応えた、現代風のスマホだという点も評価できるでしょう。

その他、Android One S8は高い防水・防塵機能も備えているため、雨や砂埃といったアクシデントでも壊れにくい設計になっています。

さらに耐衝撃性能もMIL-STD-810H準拠になっていて、万が一本体が落下してもある程度耐えられる構造になっているのです。

さまざまなシーンで安心して利用できるため、日常的に使いやすさを実感できるでしょう。

 

まとめ

Android One S8みたいなシンプルさって、実はすごく魅力的よね
お客様
スマホ戦士編集長
多くのシーンに対応しやすいコスパの良さがあるので、Android One S8への乗り換えもおすすめですよ

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

240view
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.